Home > [か] > 感動

2004年
10月20日
(水曜日)

感動

※この記事の読了時間は:約 2分23秒です。

昨日初体験というエントリをあげました。

初体験には概ね、感動がつき物ですよね。今日のキーワードは素直(笑)に「感動」で行くことにします。

Genxx.blog* : 写真家・故星野道夫さんの名言 Genxx.blog* : 写真家・故星野道夫さんの名言

茅須も星野道夫さんの写真、好きですー

この名言のことは知らなかったけど、まさしく至言です。

感動と言う言葉を安っぽく使ってしまうきらいもあるけど(自戒もこめて言ってみる)、本当に感動したなら自分自身が変わるはず。変わらないならそれは本当の感動じゃないのかもしれない。ああ、なんて耳にイタイ言葉。そしてなんて真実をついた言葉。つきささります。

GAFFLING TOKYO/優れた作品にふれること GAFFLING TOKYO/優れた作品にふれること

上記で取り上げたエントリと近いことが語られています。

感動することは自分を創造することに他ならない。

これもまた至言です。

吉田耕介の熱風ちゃんねる: 虹を見た 吉田耕介の熱風ちゃんねる: 虹を見た

このエントリは虹を見た瞬間に書き込まれたようですね。本物はいいという言葉に同感です。いくら言葉を尽くして語っても、やっぱり本物を体験することには適わないのかもしれない。

そういえば茅須も長いこと本物の虹は見てないなぁ。見たいなぁ……

cafe de rerere-nu/惣領冬実 cafe de rerere-nu/惣領冬実

エントリタイトルにつられて飛びました(^^;

茅須も惣領冬実さんの漫画、好きです♪

いちばん好きなのはやっぱり3 -THREE-!!

一言でいってしまえば「音楽漫画」なんだけど、主人公の相手役はいわゆる「天才ギタリスト」。その天才性ゆえに周囲から浮いてしまって、そこにさまざまな葛藤があるわけです。

この漫画の何がすごいって、天才少年の弾くギターの音が画面を通して聞こえてきそうなところ!!

尖ってて、テク優先で、あったかみはないけど疾走するような音が、紙面を見ていると脳内で勝手に生成されてしまう。これは音楽漫画の最大の強みだと思うのです。

私はむかし趣味でバンドを組んでいたからこういう感想を抱くのかもしれないケド。当然ギタリストでしたよ(なぜ当然 ι )勝手に自分で才能を見切って早々にやめちゃったけどね(爆)

好きな漫画を語ったら気がすんじゃったから今日はこの辺で(笑)

(2005.09.14改稿)


Home > [か] > 感動

Search
Feeds
Meta

Return to page top