Home > [あ] > 嵐のような

2005年
04月10日
(日曜日)

嵐のような

※この記事の読了時間は:約 3分11秒です。

昔、手相占い師に「普通の人生はあきらめなさい」と言われたことがある。

「普通の人生ってなんだよ」とツッコみたい気持ちもあるにはあるが(笑)振り返れば確かに自分の人生は怒涛の嵐のような人生だなぁ、と思わざるを得ない(苦笑)

占い師はある意味、的を得ていたのだなぁ(爆笑)

そんな連想から本日の語句には『嵐のような』を採用します。

そうそう、本日の検索にはブログ検索ココログルを初採用してみます。つまり検索結果にはココログのブログしか反映されません~(笑)

たまにはこういうのもいいだろう……うんうん(一人納得~~~)

今日のtimtam: 土合駅にビバーク 今日のtimtam: 土合駅にビバーク

登山ブログだー!

土合駅っていうのがどういうつくりかよく分からないのですが、他の駅と大差ないですよね???で、ホームの中でシュラフにくるまって眠ってるわけですよね?なんかそれを想像すると、すごくカワイイです(*^-^*)

時期的に寒かったでしょうからカワイイどころの話じゃないかもだけど(^^;

男の隠れ話: ハードロック&ブルースナイト 男の隠れ話: ハードロック&ブルースナイト

なんか楽しそうな雰囲気が伝わってくるなぁ…………じーん。

なんか、音楽好きがギター持ち寄って、カラダ一つで歌声を披露する人もいたりして、そういう雰囲気ってそれだけで弱いです~~~(><<)

懐かしいからかもしれません~。昔はよくギター一本持って公園とかに皆で集まっていきなりセッション始めたりとかやりましたもん。音楽はすべてを越えるってその瞬間だけは思えるんですよね。あの妙な一体感は今でもとても不思議です(笑)

ぼちぼち、いきましょう。/辛い季節の始まり(T_T) ぼちぼち、いきましょう。/辛い季節の始まり(T_T)

嵐のようなくしゃみ!!!うおぉ~~~っ、なんて的確な表現!!!(感涙)

花粉症って本当に嵐のようなくしゃみと滝のような鼻水にやられるんですよねぇ(; ;)うるうる。友人が一人、あまりの辛さに耐えかねて耳鼻科にて抜本的治療をしてもらったそうです……が!!!それが想像を絶するほどの痛みを伴うとか!!!(叫)

一日、想像を絶する診療室全体に響き渡るような絶叫を伴う痛みに耐えて後を快適に乗り切るか(痛みの模様を語ってくれた友人はいまは快適と笑ってたんで…… ι )、そんな痛みはゴメンだからと嵐のようなくしゃみと鼻水とともに春を何とか乗り切るか…………。ううむ、究極の選択だな(滝汗)

aspirar: 恋のしかた aspirar: 恋のしかた

嵐のような恋。ううむ、いろいろ思い出してしまうな~(苦笑)

あ”~、でもどっちが先に告白したかってのはあんまり関係ないかも。やっぱりお互いの人間性だよなぁ。などとけっこういいトシ(自爆)の茅須は目線を上に上げながらつれづれと思ってみるのでした~(苦笑)

ま、一言で片付けるなら『縁がなかった』ってことになるのではないでしょーか。ちなみに茅須も縁がなかったようでせっかく結婚までこぎつけた相手と最終的には離婚したのでした(爆々)

…………しばらく恋愛とかそういうのはいいよ(ぼそっ……)

自分的には今は恋愛より面白いことが世の中にいっぱい転がっていることに気付いちゃった感じなんで~~~(笑)

七色満点星/流石!な名言。 七色満点星/流石!な名言。

わははははっ、いるいる、親戚の中には絶対一人くらいこういうのがいる!!!(爆笑)

茅須んとこは父が5人兄弟で、4番目だった。長男伯父さんとこや次男伯父さんとこの従兄弟は年が離れすぎてとっつきにくかったんだけど、三男伯父さんとこの従兄弟たちは同じ年くらいだったからある時までかなり仲が良かった。ある時までっつーのはその三男伯父さんが仙台に越してしまったからだ。茅須が10歳くらいの年だったか…………関西から仙台は遠すぎます~~~(^^;

で、この三男伯父さんとこも茅須んちと同じで4人兄弟だったんだけど、茅須んちと違うのは一番下の二人が男・女の二卵性双子だったこと。この双子の女の子の方が!まさに!”こんな感じ”だったんですよ~~~(前置き長っっっ ι )

なんかものすごく共感できます~~~(笑)


Home > [あ] > 嵐のような

Search
Feeds
Meta

Return to page top