Home > [ま] > 真下正義

2005年
05月26日
(木曜日)

真下正義

※この記事の読了時間は:約 5分55秒です。

うへへへへ(不気味)今日は趣味に走りますよ~~~……っていつものことか(自爆)

やっと3回目を鑑賞してきました交渉人真下正義

踊る~に関してはオタクを自認する茅須としては、まだ3回目ってことがたいへん不本意なのですが(苦笑)

初日の感想にはこんなこと書いてますが、3回も見るとだんだん違った見方もできるようになるようで。

オタクとしては旧シリーズとの間のリンク探しももちろん大事ですが(爆笑)それよりも最初はいろんな意味で腑に落ちなかったストーリー運びがだんだんそういうコトかと自分なりに納得できるようになって来たことが何回か見たことの収穫ですね。

……そうですよ、茅須の脳みその回転がとろいだけのハナシです。それが何か?(開き直り)

つーわけで今日は徹底的に趣味に走って交渉人真下正義のいい感想だけを拾ってきますVv(これに関してだけは盲目なのでいやな感想をとりあえず読むことまでは我慢できるけどブログでピックアップまでしたくありませんw)

ちょこっとっ/映画 ちょこっとっ/映画
踊る大捜査線ヲタクのの手にかかれば、ユースケサンタマリアが「真下さん」って呼ばれて芝居しているだけで、面白くないはずがない!柳葉さんが「室井さん」と呼ばれて・・・(以下略)

えへへへへ~(壊)

激しく同意!(爆)

あなた方はただそこにそのままでいてくれるだけでいいんです。

ちなみに茅須もあのラストでありだと思ってます~~~何でもかんでもきれいに決着をつけないと「話が破綻している」とか言う連中がいますが、実際の世の中でそんなふうにきれいに話がまとまることなんて滅多にないと思ってるしね。

書き物:交渉人 真下正義 – livedoor Blog(ブログ) 書き物:交渉人 真下正義 - livedoor Blog(ブログ)

そうそう、オヤジたちがいい味出してるんだよねぇこの映画は。うっとり。熊沢さんなんか姿拝んだ瞬間おもわず「オヤジ、一生ついていきます!」って言いたくなっちゃうし(笑)

余談だけどマエストロがタクト降り始めたとたん観客みんな笑うんだよねぇ……なんでだろう?(本気悩)……茅須は西村さんのマエストロ姿カッコイイと思ったんだけどなぁ……ってやっぱり単なるオヤジ好きだから???(自爆)

ところでそのパロ映画、見てみたいですっ!(笑)

あと、茅須と同じく室井さん好きな同士ですね?(ニヤリ+)

Cynicalアキ奇妙ナ日記/「交渉人」鑑賞 Cynicalアキ奇妙ナ日記/「交渉人」鑑賞

だよね~~~(笑)この映画見ると思わず「ユースケってもしかして、カッコイイ???」ってカン違いしちゃいますよね~(爆……ってカン違いかよをいっ!w)

いや、でもマジでかっこよかったよユースケ・サンタマリア。つかあの事なかれ主義の真下くんが本店に移動してロスで揉まれただけでココまで成長しちゃうなんて……我輩感動っ(c.ハガレン……ってヲマエ誰やねん ι )

PukuPukuPuku/『交渉人 真下正義』 (映画館)  PukuPukuPuku/『交渉人 真下正義』 (映画館) 

白状しよう。茅須も○ダ氏は苦手だ(滝汗)○バ氏も実は苦手だったが室井さんになってから好きになった。あのキャラクターには神が降臨していると本気で思っていたり~(爆笑)

なので茅須にはあなたの気持ちが大変によく分かる(^-^)

こういう人にこそ交渉人真下正義は見て欲しい作品だと思うし。

ユースケは無色透明だから(本人も存在感のないことを悩んでいたってパンフに書いてあったぞ)逆にそこがいいんだよね。脚本や監督の腕次第でどんなキャラにも仕立て上げられるような気がするな♪……ってこれはある意味ひどい発言だろうか?(滝汗)

夜空の月に口づけを: レジェンド 夜空の月に口づけを: レジェンド

木島刑事はべらんめぇ口調のクセに褒められると照れちゃうところがよかったですよねぇ。

せっかくのスピンオフ企画なんだから、こういう風に従来にできあがっちゃった踊る世界観にびしっと亀裂を入れてくれると逆にすごく新鮮で嬉しいんだよねd(^-^)! 茅須も「寺島さんありがとう!」って思いましたよ(笑)

けっこう人気あるんですよね、寺島さん。特に女性に(笑)

母性本能をくすぐるみたいです(みたいですってなんだよ他人事かよ ι いちおうオンナだろ、茅須っ!!自爆)

Love Of My Life: おひたちぶりでs Love Of My Life: おひたちぶりでs

爆発物処理班が(画面上では)8年ぶりに復活したのは確かに嬉しかったぁ(*^o^*)班長は8年間画面には映らない隅のほうでこっそり爆発物を処理し続けてきたのね……ほろり。

そういや木島さんて確かに改札という改札(某所の階段含む)すべてで係員に止められてましたよね(堪笑)刑事に見えないもんねぇ(^^;

Wings of Freedom:外伝だが新たな魅力満載の「交渉人 真下正義」 – livedoor Blog(ブログ) Wings of Freedom:外伝だが新たな魅力満載の「交渉人 真下正義」 - livedoor Blog(ブログ)
今作を楽しむキーワードは、
ずばり「仕事」と「カン」。

おお、嬉しい一言が出ましたっ(≧▽≦)

叩いてる記事で交渉人なのに「勘です」ってのはどうよってけっこう書かれていたのに閉口していたので(苦笑)まさしく我が意を得たり!!!って気持ちです。

茅須はプロフェッショナルほど手順をしっかり守った上で勘もきちんと大事にしていると思うんだよねぇ。というか、プロフェッショナルとして仕事をしているうちに磨かれる勘ってぜったいに存在して、その勘すら磨かれないならそいつはプロフェッショナルとはいえないと思うんだよ。

そういう細かいニュアンスをきちんと拾ってくれていたから(主役の真下だけじゃなく他の脇キャラからもそういった勘を大切にするプロフェッショナルな力がちゃんと垣間見えたから)、交渉人真下正義はできのいい映画だったと茅須は思っているわけです。

嬉しいレビューでした(*^-^*)


Comments (Close):6

ゴールデンウルフ 05-05-26 (木) 0:51

はじめまして
我流の叫びの管理人のゴールデンウルフというものです。
私の拙いブログに反応して頂き恐縮です。
みんな「この野郎!」ってうつらなかったのかな?私は今かなりツボに入っています。
個人的に木島丈一郎があの作品の中で一番輝いていたと思いました。

茅須まいる 05-05-26 (木) 0:59

>ゴールデンウルフさん
コメント早っ!∑(゚o゚ びっくり☆
お越しくださってありがとうございます(^o^)ノ

木島さんは確かに輝いてましたよね!
茅須的には片岡さんも熊沢さんも捨てがたく、この三人にすっかり骨抜きにされちゃいましたから(笑)

ほら、自分、いちおうオンナなので「バカ野郎てめこのやろう」とはやっぱり口にしにくいわけですよぅ(^^;
白状するとうつりそうにはなりましたが(自爆)

自分が移った口調は片岡さんの「お母様」です(爆)あのきびきびしていた片岡さんが電話の相手が誰だかわかったとたん呆けた口調で言う「お母様」には完全にやられました_| ̄|○

やっぱおじさんたちが輝いていた映画だったんだなぁ……しみじみ(笑)
いつまで上映しているだろう……あと3回は最低見に行きたいんだけどなぁ……(最低3回って……オタク……_| ̄|○ )

プック 05-05-26 (木) 14:57

おぉう!ビックリ!!
TBのみならず、記事中にまで登場させて頂いてありがとうございます

この映画のおかげで踊るシリーズもう一度ちゃん全部観たくなりました♪
見終わる頃には、、、きっと私も室井ファン(笑)

茅須まいる 05-05-27 (金) 3:31

>プックさん
コメントありがとうございます♪

>この映画のおかげで踊るシリーズもう一度ちゃん全部観たくなりました♪

ぜひ見てくださいっっっ(≧▽≦)
真面目にちゃんとみればはまりますよぅ。交渉人を楽しめたプックさんなら大丈夫(⌒▽⌒)b
そしてぜひ室井さんLoveのお仲間になりましょう(笑)

そうなった暁には、ぜひ、報告にいらしてください(笑)お待ちしております(^人^)

ちょこ 05-05-27 (金) 13:33

TBありがとうございます。
一度観たらもう一度みたくなる「踊る~」ワールド。テレビシリーズから見直したくなりました。

茅須まいる 05-05-28 (土) 3:39

>ちょこさん
コメントありがとうございます(⌒▽⌒)

でしょ、でしょ、交渉人見るとつい踊るシリーズを最初から堪能したくなるでしょ?(笑)

それもこれも「踊る~」でありながら「踊る~」じゃない微妙な世界をきっちり構築してくれたスタッフの力の賜物と茅須は思っております♪

ぜひ、最初から見直して、がっつり踊るワールドにはまっちゃってください☆その暁にはぜひ報告にいらしてくださいね(笑)

Home > [ま] > 真下正義

Search
Feeds
Meta

Return to page top