Home > 【雑記】 > 追記:それぞれの思惑(前置き)

2006年
01月22日
(日曜日)

追記:それぞれの思惑(前置き)

※この記事の読了時間は:約 7分43秒です。

それぞれの思惑(前置き)というエントリにて、茅須は現在ブログ界を席巻している「トラックバック論争」に首を突っ込んでみた。

トラックバック論争を詳しく知りたい人はトラックバック論争のリンクまとめというページを見て欲しい。とても細かく分かりやすく分類されている。それぞれのエントリへのリンクもしっかり張られているので、更に詳しく知りたい人にもうってつけだ。

ちなみに茅須の前段の記述は「空気読んでくれよ派」に分類されている。

昨日の時点では分類されず「新着・未整理記事」に置かれていたので、どこに分類されるか興味があった(笑)確かに一言で言えば「空気読んでくれよ派」かもしれない。

が、自分としては違うスタンスを取っている。

前回のエントリにそのあたりのことを書いていなかったので、無用の誤解を招いたようだ。このエントリでそのあたりを追記しておこう。

ありていに言えば茅須自身、というよりも「たのしい検索・ゆかいな検索」というブログに関しては、今回の論争にて絵文録ことのはの松永さんが提唱されたどの文化圏にも属していないと本人は思っている。あるいはspam以外の文化圏のすべてをまたいでいると思っている。

当ブログはよそ様のブログやサイトを紹介することで成り立っている。相手側にトラックバックURLが書かれていれば当ブログからトラックバックpingを飛ばす。普通のサイトにはリンクしましたよーなんていちいち報告していない。

普通のサイトにはリンク報告していないのにブログにはトラックバックを打つのかと思われるかもしれない。

自分が些細ながらも言及したブログがあって、そこにトラックバックURLがある。つまり茅須風に言うとトラックバックという道具が転がっている。故に茅須はその道具を使う。

普通のサイトには道具が転がっていない。だから使わない(使えない)。それだけの差だ。

言及リンク、などといちいち考えているわけではない。道具を使うたびにこの道具の由来はこうで使い方はこうで……とマニュアルをその度に広げるやつなどいないように。

そしてこのブログではよそ様のサイトやブログを取り上げているので、言及リンクはその気がなくても作られる。作らないと紹介にならない。

ただし、空気は読む。

空気を読むので、このブログには実は多大なる労力が注がれている(爆)

取り上げているエントリやページ以外の部分も読むので、それらを読んだ上で取り上げるかどうかを決めるわけだから、普通にブログの内容を書く3倍以上の時間がかかっている。それでもやりたいからやっているだけだ。

リンクされることを拒否しているサイトもある。そういう場所は、リンクしたいほど面白い場所の場合もあって後ろ髪を引かれるのだが、断念する。相手を不快にする気はないからだ。言及リンク文化圏に完全に属すると自負するなら、普通のサイトのリンクはフリーであって然るべきという理念にのっとるべきだが、別にそこに属しているとも思っていないのであっさりスルーする。

逆の立場を考えてみる。

トラックバックされる側の立場だ。

言及リンクのないトラックバックが送られてきたとしよう。同じサイトやブログを自分も取り上げたから、という理由でこちらにもトラックバックが送られてきたなら、そしてそのブログが有意義なものだと感じたなら、茅須はたとえ言及リンクがなくてもそのままにしておく。しかし関連性がまったくなければ即刻削除する。

これは「関連仲間文化圏」的考え方だ。

更に言えば、こちらから送ったトラックバックに対して「トラックバックありがとう」とコメント欄に残していき、トラックバック返しをしてくるブロガーがいる。茅須は普通に「足を運んでくれてありがとう」とコメント返しするし、返されたトラックバックもそのままにしておく。これは「ごあいさつ文化圏」的な考え方だろう。

このように茅須は、というか「たのしい検索・ゆかいな検索」は、spam以外の3つの文化圏すべての方法を使っている。故にどの文化圏にも属しないと自分は思っている。どの文化圏にも属しないと思っているから、「自分はこの文化圏」と自分なりに主張しているそれぞれの文章を面白いと感じる。自分とは違う道具の使い方をしているんだな、と思う。

あえて言えば、というか文化圏を新たに提唱するなら、「ブログ=道具」という文化圏に属することになるだろう。

つまり、「ブログ」という「道具」を自分なりに便利に使って、自分のやりたいことを上手に実現させたいだけだ。今のところ「たのしい検索・ゆかいな検索」というブログ(道具)を使って「一つの言葉のいろいろな使われ方」を多方面から取り上げることを上手に実現させたい。そう思っている。

関連仲間文化圏について一つだけ補記しておきたいことがある。

前回も書いたが、相手のブログを読め、その雰囲気を読めということだ。

言及リンクを作る作らないは個人的趣味でブログという道具をそのように使いたいだけだろうからどうこう言うつもりはないが、やはり相手先のエントリを読みもせずに関連していると言い張るのはそれだけで「人としてどーよ」と思うのだ。

大体、読んでないのに関連していると言い切れるのか?

ひとこと取り上げただけかもしれない。10行も20行も熱を込めてかたっているのかもしれない。それらは相手先ブログを読まないことには分からないことではないか。

茅須ほど徹底して相手先を眺めて、一つのエントリをあげるのに2時間も3時間もかける必要は確かにない(自爆)とは思うが、どう考えても60たら100たらのブログにトラックバックを送るとしてそれらのエントリを読んで回っていたら2時間や3時間はゆうに経ってしまうんじゃないか?( ̄ー ̄)ニヤリッ

そして、単にトラックバックだけ送って相手先ブログを読みもしないやつは、自分の労力を惜しんでいるくせに相手には自分のブログを読ませたいという労力を要求しているわけだ。トラックバックを送るとはそういうことだ。これは断じて許せない。

前回、関連仲間文化圏の人たちを揶揄した一言があったが、それはあくまでも「相手先ブログを読みもせずトラックバックを60も100も送っている」人に対してであって、そうでない人を揶揄するつもりはまったくない。

相手に労力を要求するなら、自分もそれなりの労力を割いて欲しい。

トラックバックに対する自分の見解はこれだけだ。

トラックバックというよりも、ブログというものに対する考え方というべきか。

ブログは道具であり、大事なのはその中に書かれるテキストだ(その大事さに自分の文章が見合っているかどうかは横においておいて……苦笑)。トラックバックやコメントなどの周辺事情はあくまでもブログという道具を便利に使うための(道具箱の中の)一つの部品である。

その根本部分の考え方を変えるつもりはない。

…………というわけで、これらのきっかけを持って、本日のキーワードは「方針を」を使うことにしまいした!(笑)

茅須みたいなやつが、長々とエントリをあげといて、雑記だけで済ませるはずがないじゃないですかー♪

数時間後(爆笑……また最低2~3時間かけて面白サイトを探す旅に出るわけですわ…… _| ̄|○ 毎回4つか5つしかサイト・ブログ紹介してないのにねっ!ふふふ……壊)に「方針を」の本題でお会いしませう(o_ _)o))

似合わない真面目な話を続けてたら肩がこっちゃったよ……(爆笑)

まーたまにはそういう部分も見せとかないとね(^^;


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
追記:それぞれの思惑(前置き) from たのしい検索 ゆかいな検索

Home > 【雑記】 > 追記:それぞれの思惑(前置き)

Search
Feeds
Meta

Return to page top