Home > [ほ] > 方針を

2006年
01月22日
(日曜日)

方針を

※この記事の読了時間は:約 5分21秒です。

このキーワードを使おうと思った前置きは追記:それぞれの思惑(前置き)の方を読んでくださいな。

例によって例のごとく、長い!ので、そのあたりをお覚悟の上(笑)

ネットワークエンジニアに成る:ネットワーク試験勉強の方針を決める – livedoor Blog(ブログ) ネットワークエンジニアに成る:ネットワーク試験勉強の方針を決める - livedoor Blog(ブログ)

ネットワーク試験、っていうのがあるんですね。茅須は無知にして蒙昧なので情報処理技術者の試験が存在することくらいしか知りませんでした(自爆)

その試験勉強を進めるに当たっての方針をブログ上にて宣言されています。

これはステキなブログの活用方法ですね。

同じ試験を受ける人たち・資格を得ようとしている人たちとのネットワークを築けるわけで。当該ブログにもたくさんの志を同じくする人たちのコメントが寄せられていました。

残念ながらここで宣言していた試験は不合格だったようですが、他の試験などを着実にこなして資格を取得されている様子、きっとネットワーク試験にもいずれ合格されることと思います。そちらのブログを拝見したのも何かのご縁、陰ながら応援させていただきますね!(^人^)

働きながらの試験勉強は本当に大変だと思いますが、いつかきっとネットワークエンジニアになれますよ!(願掛け☆)

秋田ブログ : 基本方針を決めましょう! 秋田ブログ : 基本方針を決めましょう!
「秋田わか杉ヲフ会」の連絡用ブログ

だそうで、オフ会の基本方針を決めようという呼びかけとそれに付随する提案でした。

まさにコミュニティ的ブログ活用方法ですね。

この手のサイトやブログは基本的にクローズドなものと思っていたのですが、クローズドにしていないのは、茅須みたいに何かのきっかけでこのブログを訪れた人に「「秋田わか杉ヲフ会」ってなんだ?!」と興味を持ってもらいたいからじゃないかと推察してみたり。

はじめての方へ ~「秋田わか杉ヲフ会」と「秋田ブログ」についてを読むと、秋田のブロガーで集まってオフ会をしようという、それだけの趣旨のようです。「わか杉」に何か意味があるのかと思っちゃったよ(笑)

秋田在住の方、ブロガー同士がオフラインで知り合えるチャンスがここにありますね!気が向いた方は参加してみてはいかがでしょう。きっと輪が広がりますよ。

兵庫にもブロガー交流会みたいなのあるんかな……探してみるかな(ぼそっ)

見本付き!はじめてのアフィリエイト入門ブログ(blog): 運営方針を悩む 見本付き!はじめてのアフィリエイト入門ブログ(blog): 運営方針を悩む

えーと。ここ、シーサーブログなんですけど。Firefoxだとかなり表示が崩れてます(涙)IEでは問題なく表示されてますが。IE以外の人は面倒でしょうがIEで閲覧してくださいまし。

茅須はFirefoxのIE Viewで見ました。

流行ってますねー、アフィリエイト。

かくいう茅須もアドセンスやアマゾンアソシエイトを取り入れているわけですが(^^;

そんでもってアフィリエイト指南サイトも確かに星の数ほどありますねぇ。

その中にあってわざわざこのエントリを取り上げようと思ったのは

サイトについてはすごく悩んでるんですが,
アフィリエイト総合掲示板は非常にうまく稼動しています.
この掲示板は当サイトの宝です.
これは皆さんが上手に掲示板を利用して下さるお陰です.
特にナイスな常連さんに感謝しております.

この一行にいたく感激したから。

この記述に感激したのでアフィリエイト総合掲示板を見に行ったら確かに静かに、しかし熱く、アフィリエイトについて語り合っている様子が。

情報を提供していると、情報だけを求めて人がやってくる。そうすると、情報を得た人はすぐに去ってしまう。

人柄を提供していると、人柄の良さに集まってきた人は一つのコミュニティを形成してくれる。そういう人はすぐに去ることがないので、つながりが強固になる。

いい連鎖反応ですよね。……うっとり。

閲覧者の皆様ととてもステキな関係を築いているブログを見つけてなんだか嬉しくなってしまいました。

「いんちき」心理学研究所 | 『正しい統計データ』を使ってウソをつく方法 「いんちき」心理学研究所 | 『正しい統計データ』を使ってウソをつく方法

これはまたすばらしいところに目をつけたなぁ……(ホレボレ)

・朝日新聞は負ける戦いはしません。
・読売新聞はテクニシャンです。
・少年の強盗件数が増えたのは、警察庁が方針を変えたからです。
・しかし、統計グラフから判断するとやはり少年は凶悪でした。
・統計でいくらでもウソをつけます。

これがこのエントリのまとめの言葉なのですが、このまとめにいたるまでの、微に入り細に入り考察されたそれまでの新聞各社のテクニック解剖に恐れ入りました。

単純に「賛成」と「反対」という立場がはっきりした選択肢を使わず「積極的」「慎重に」という曖昧な選択肢を使ったところに朝日新聞の独創的知性が感じられます。

とか、

1割しかいない「当然」と思っている人間を大多数に見せかける読売新聞のテクニックには惚れ惚れします

とか、毒を含みつつユーモアたっぷりに展開される理論が小気味良いです。

このエントリはちょっと長いですが、ぜひ、一読をオススメします。

そのあと各新聞社をどう捉えるか、それはきちんと自分のスタンスを明確にして振り回されないようにねd(^-^)! 笑


Comments (Close):2

ume3_ 06-01-23 (月) 0:46

トラバありがとうございます。

トラックバックって記事(コンテンツ)に対してリンクすることだと思います。
だから、例えブログそのものの方針が違っていても
重なるコンテンツがあればトラバをする。
これがトラックバックの魅力だと思っています。

茅須さんはトラバについて熱い考えをお持ちですね。
私は相互トラバの感覚が全体的に
増えてくるといいのになって思います。

茅須さんが昔のネットサーフィン時代のリンクとはまた違った形で
トラバという新しい文化を伝えることを期待しています。

茅須まいる 06-01-24 (火) 1:13

>ume3_さん
ご来店(?)ありがとうございます(^^)

トラバに関する意見を読んでくださったんですね。ありがとうございます///(照)
トラックバックって本当に人によって捉え方が違うんですよね。面白いです。

ume3_さんはあえて分類すれば「関連仲間文化圏」に属されることになるのかな?
試験勉強をしている人たち同士がつながるという意味で、それは貴重なリソースを提供しあうことになるので、とても有意義なことだと思います。

相手先の貴重な意見をよく吟味し、どうぞ広めあう形で、トラックバックを活用してくださいね。

Home > [ほ] > 方針を

Search
Feeds
Meta

Return to page top