Home > [ら] > ラッキー

2006年
03月28日
(火曜日)

ラッキー

※この記事の読了時間は:約 3分31秒です。

棚から牡丹餅。渡りに船。人生何が起こるかわかりません。自分でも信じられないようなラッキーにめぐり合うことだってあるもんです。

ちなみに茅須はApple iPod shuffleを懸賞で当てたことが人生最大の棚ぼたかなぁ(スケールちいせぇな ι )

そんなわけで本日のキーワードは「ラッキー」です。

平松亜由子プチプチセレブ日記 :ヴァンピックル 銀座 平松亜由子プチプチセレブ日記 :ヴァンピックル 銀座

旦那さん、怪我の功名ですね(ちょっと違う ι )奥さん(ブログ主)にこんなに喜んでもらえるんですから、最初にホワイトデーの存在を忘れていたのは逆に旦那さんにとってこそラッキーかも(笑)

そして責めた当人よりも責められた人のほうが物事をよーく覚えているというのは、割合よくある話ですよね。茅須にも身に覚えがあるなぁ(^^;

そして今年もホワイトデーにたくさんの写真に象徴されるウマいものをたらふく食って奥さんは幸せ、と。ひとりモンには眩しいテキストでした(>_<;)苦笑

嗚呼、素晴らしき音楽の世界: ただいま~。 嗚呼、素晴らしき音楽の世界: ただいま~。

これが音楽のすごいところだよね。久々に読んでジーンとした文章だった。そう思うのはブランク十年とはいえ自分もバンド組んでギター弾いていたからだろうなぁ。

しょせん人は自分の体験に照らしてしか感動も興奮も味わえない、と(ペシミスト気取り/違)

言葉なんてなくても(いや、本当はあったんだろうけど ι )互いに音を重ねるだけでなんとなく分かり合える、それが音楽をかじった者のひとつの特権かもしれない。それはプログラムで会話するプログラマーにもあるだろうし、スポーツの団体競技とかでアイコンタクトが成立したときの感覚にも似ているかもしれない。ヘンなたとえだけど。

言葉以外で通じ合う、というのは、いつの時代もどんなときでもものすごく強烈な誘惑でもって人を惹きつけるなぁ、などということを思ったのでした。

久しぶりの動物園 – マイガーデン 秘密の花園  久しぶりの動物園 - マイガーデン 秘密の花園 

そうそう、動物園って、大人になっても十分楽しめるんですよ!(握拳)むしろ大人になってからのほうが楽しめると思う。細かい動物たちの動きとか珍しい行動とかに、大人になってからのほうがよく気づくようになりましたし。

ブログ主さんは今回サイのケンカを目撃できたんですね!それはそれで貴重な体験だと思います。茅須もサイのケンカ、見てみたいなぁ……(物見遊山ですか ι )

茅須は無料で利用できるたつの市の動物公園にたまに行きます。ちょっと遠いんで本当にたまにだけど。居住市内の動物園の方が近いんだけど、無料動物公園にいるサルがすっごく可愛くてお気に入りなので、それが目当てでわざわざ遠い方に(苦笑)

で、一度、そのサルたちの兄弟げんかを目撃したことがあります。子サルたちは食べ物を取り合ってとっくみあってんのに、親サルはのぺーっと寝転んでその様子を観察してるの。親っつーのはアレくらい剛毅じゃなくちゃ駄目だなーとか思ったのでした。もちろん取っ組み合う子サルたちはなんだか愛嬌があって可愛かったですよ

苫小牧から夕張へ – 国家公務員DASH氏の日記 – Yahoo!ブログ 苫小牧から夕張へ - 国家公務員DASH氏の日記 - Yahoo!ブログ

夕景の写真と虹の写真の対比が素敵なのでつい取り上げちゃいました(^^ゞ

確かに旅先で虹を見るとすごくラッキーな気がしますよね。思わず車を止めて写真に収めたくなる気持ち、分かります(^^)


Home > [ら] > ラッキー

Search
Feeds
Meta

Return to page top