Home > [か] > 感覚的に

2006年
04月25日
(火曜日)

感覚的に

※この記事の読了時間は:約 5分16秒です。

検索でネットサーフィン(死語)なんてことを趣味にしていると、逆に、閲覧を通して自分の感覚がどこにあるのかがよく分かるようになってくるから不思議だ。

同じようにテキストによって成り立っているはずなのに、自分の感覚に合う場所と合わない場所というのは歴然と存在するのだ。たとえば一つのニュースをたくさんのサイトが取り上げていたりするんだけど、同じニュースを取り扱っていてもその取り上げ方でまったく印象が変わってしまったり。

まぁ読む数をこなして自分の好みや感覚がどの辺にマッチするのかを自分なりに見つけていかないと、ネットサーフィン(繰り返すが死語)は人によってはつまらないものになってしまうのかもしれない。

そんなことをつらつらと考えたので、本日のキーワードは「感覚的に」です。

Ecrits II? Blog Archive ? 筋を通す Ecrits II? Blog Archive ? 筋を通す

ああ、これはすごくわかるなぁ……。分かってても上手く言葉にできなかったことを言葉に変換してもらえたような気分です。これは儲けた!(違)

感覚を自分に定着させるためにこそ論理的思考が必要なんだよね。茅須の場合はこんなブログやってるんで感覚的に面白そうだと思う言葉とかテキストとかを拾ってくるわけだけど、自分が面白いと感覚的に思ったものをじゃぁどう紹介するかって部分で今度は感覚以外の力が必要になるわけで。

それがいま上手くいっているかというと決して上手くいっていると思えないんだけど(苦笑)それでもほぼ毎日(あくまでもほぼ……ι )更新し続けることで、ちょっとは伝わる文章になってくるんじゃないかと思っていたりするのです。

感覚を殺さず、しかし論理的であること。これを身につけると確かに鬼に金棒ですよねvv 茅須ももうちょっと精進しよう(^^;

創造的開発は芸術である:ITpro 創造的開発は芸術である:ITpro

すげぇ……!

信念ですね、信念。ここまでの信念を持ち合わせていないと究極の創造的な仕事って成し遂げられないのかも。

こういうすごい人を雲の上の人だと思ってしまう自分はまだまだヘタレだなぁ_| ̄|○ つまり自分には信念が足りないってことだな(涙)

同じアイディアを,「世界中で3人くらいしか思いつかないだろう」と思って実行に移すか,「自分でもできたから世の中にはもっと良いアイディアがあるだろう」と思ってあきらめてしまうかの違いである。

つまりこれが凡人とそうでない人とを分ける境界線ってことですね。

派手ではないけど何となく感覚的に訴える – なぜろーぐ 派手ではないけど何となく感覚的に訴える - なぜろーぐ

地図の検索 – goo 地図を使った感想を書いてるんですけど、

こういう、派手ではないけど何となく感覚的に訴える要素というのはボディブローのように効いてくるような気がします。

という最後のまとめにいたく共感しました。

いままではGoogleの地図かYahoo!の地図しか使ってなかったんですけど、このエントリのせい(せいって ι )でgoo地図に興味がわいたんでこれからしばらくはgoo地図をメインに使ってみようと思います。

しばらく使ってみないと良さってなかなか分からないしね。

シドニー生活...今日も脳天気の オーストラリア: – livedoor Blog(ブログ) シドニー生活...今日も脳天気の オーストラリア: - livedoor Blog(ブログ)

海外生活を送ると正しさっていったい何なのかってジレンマに陥ることが多いらしいですね。茅須の友人にも文字通り世界中を飛び跳ねているツワモノが二人ほどいますんで、話はよく聞きます。

ここに書かれているような話は、やはり日本在住・外の世界をまったく知らない茅須のような人間にとっては「えええーーーっっっ」って声を上げたくなるようなものですが、オーストラリアの人にとっては当たり前のことで、そうなると感覚的に正しいとか正しくないとかってことに何の意味があるんだろうと思えてきますね。

自分がしょせんは井の中の蛙で大海を知らないということを肝に銘じておこうと常日頃から思ってはいますが、それでもまだまだだなーと「自分の知らない常識」に触れる機会があると思わずくらくらしちゃいますね(^^;

さらに強く肝に銘じることにします(笑)

右脳・左脳のおもしろ診断-診断結果 右脳・左脳のおもしろ診断-診断結果

診断結果のページを拾っちゃったよ(^^; インプットとアウトプットの傾向を知ることができるそうな。これではつまらないので右脳・左脳のおもしろ診断-TOPに飛んで茅須を判定してもらいました。

左脳・右脳タイプでした。

論理的にとらえて感覚で伝えるので、本人は的確に理解できていることでも人には理解してもらいにくいかも。。。 でもいったん理解したことが右脳によって表現する際に天才的な発明にいたることもあったりして!?

天才的発明はどうだかよく分かりませんが。論理的に捕らえて感覚で伝える、というのはすごく言い当てられてます(涙)だから感覚で伝える部分を何とかしようとした結果、茅須の文章は長く長く長く長ーーーーーーくなっていったわけですから(号泣)

本当に合理的に伝えられる人ならこのような長文を書く必要はないんだろうな(爆涙)

いーんだ、これが茅須の持ち味なんだから(開き直り)


Home > [か] > 感覚的に

Search
Feeds
Meta

Return to page top