Home > [い] > インスパイアされる

2006年
04月28日
(金曜日)

インスパイアされる

※この記事の読了時間は:約 3分19秒です。

一人では生きていけない以上、生きているだけで誰かの影響を受けているものですよね。好むと好まざるとにかかわらず。

それがいやなら山にこもるしかない。いやいや、山にこもったところで人間には会わないかもしれないけど動植物とは触れ合わなくてはならないわけだし、結局のところ何かに影響を受けざるをえないのですよ。

そして、どうせ影響を受けなくてはならないなら、自分にとってそれが役立つ形で影響されたいですよね。影響を受けることに対して自覚的になるとでも言いますか。そうすればそれを自分なりの形に還元できるんじゃないかなーと思ったりするわけです。

そんなわけで本日のキーワードは「インスパイアされる」です。

経営理念 浸透ツール::インスパイアされる空間 経営理念 浸透ツール::インスパイアされる空間

ああ、確かにそういう場所ってありますね。これこそ前向きな影響を受けるために意識的に「場」の力を使う方法といえますね。

刺激を受けてインスパイアされたものが上手くアウトプットに結びついて成果に直結するのが理想的な形かもしれません。

内田樹の研究室: 2ちゃんねると子育て 内田樹の研究室: 2ちゃんねると子育て

有名ブログを拾ってしまったー(笑)

ここで書かれている趣旨の内容とはちょっと外れるかもしれないけど、

親の仕事の目的は、子どもが「親を必要としなくなる」ことである。
自分の存在理由を消去するために全力を尽くす。
そのような仕事だけが真に人間的な仕事である。

という部分を読んで、逆のことを考えてしまいましたよ。

つまり一億総ブロガー時代が到来しつつあるいま、自己主張や自己表現がこれだけ流行り始めていることを考えると、ここで書かれているところの「真に人間的」な状態から人はどんどん離れつつあるのかもしれない、ってなことです。

逆に茅須は作家森博嗣が著作すべてがFになるの中で主人公である犀川創平に語らせたことこそが真に人間的な生き方ではないのかと思ったりもするのですが。それはおそらく引用した部分とは逆の方向を向いているのかもしれない、と。あるいはベクトルが違うだけで実は同じ方向なのかもしれないとも思うのですが、こればかりはそういう世界が実際にやってきてみないと分かりません。

というわけで「どういう世界なんだ?」と思う人はすべてがFになるを読んでください(笑)

1999年11月 パラノイアの部屋 1999年11月 パラノイアの部屋

「11/4 インスパイア。」という日記部分でキーワードが引っかかったわけですが。

書いてる本人も多分途中でわけが分からなくなってるんだろうけど(笑)それだけに臨場感というか迫力が伝わってきますね。

迫力負けしたわけじゃないけど、文中に書かれている

人の流行に影響されるのはしゃくなのでイヤなのだが、俺は俺にインスパイアされて、大元の俺は、俺にインスパイアされている。つまり、切っても切れない関係。

はなんとなくわかるなぁ。

あれですよ、自分ちの過去エントリをちょっと読み返すだけで新しいひらめきが湧いたりすることもある、そういう感覚。

他人からも影響を受ける。自分からも自分自身影響を受ける。それが新たなひらめきに直結する。またそれを他人に、自分に還元する。つまりそうやって世界は回っているんですよ、きっと。たぶん(笑)


Comments (Close):2

soup 06-04-29 (土) 8:13

「インスパイア」にインスパイアされた結果出力されたのはエイベックスvs2ちゃんねらーの象徴「のま猫」でした、イェイイェイオゥ♪(^^;)

「すべてがFになる」持ってるんですがね、読んだんですがね・・・私の中にはあまり残ってないんで・・・やっぱ文系の頭では理解しづらいか?(頭が悪い証明)

もいっかい読も。

スパムコメントお見舞いもうしあげます。いや、見えるようになって安心しました。ひょっとして「またブックマーク変更?」って思っちゃったもんで(爆)

茅須まいる 06-04-29 (土) 14:06

>soupさん
そうなんですよ! 自分も「インスパイア」を検索したときに出てくるのがほとんど
「2ちゃんねらののま猫vsエイベックス」
か、もしくは
「livedoorPics、Flickrにインスパイアされまくる」

「livedoorKnowledge、米Yahoo!Answersにインスパイアされまくる」
のいわゆるパクリ事件(苦笑)しか引っかかってこなくて検索中にくじけそうになった覚えが……(爆笑)

いやでもその中にきっと良質なテキストが混じっているに違いない!と自分を励ましたんですけどね(笑)

「すべてがFになる」すでにお持ちなんですね!
茅須も実は5回くらい読み返してやっと理解できたんで(トリックというよりも世界観の方)たぶん、同じ文系頭ですよ(^^;

でも5回も読み直したら今度は病み付きになりました。あの世界観は森博嗣にしか構築できないなぁと。本当に犀川先生や真賀田四季が言っているような世界がくるかどうかは文系な茅須にはよく分かりませんけどねーι

コメントスパム……今このコメントを書いている間にも飛んできてます……(ー ー;)
マジでいい加減にしてくれーっっっ
お手数おかけしますm(_ _;)m

Home > [い] > インスパイアされる

Search
Feeds
Meta

Return to page top