Home > [記号] > ~の本音

2006年
07月18日
(火曜日)

~の本音

※この記事の読了時間は:約 3分53秒です。

ウェブというのはとても不思議な場所だ。リアルの世界では言葉にできないこと(説明できないのではなく、言葉に発してしまうといろいろ不都合が生じそうで飲み込んでしまうこと)を、なぜかウェブでは素直に表現できてしまったりするのだから。

そしてその本音が閲覧者という大衆にウケるのは、みんな実は本音を飲み込んで毎日暮らしているし、本音を吐き出す場所を欲しているからではないかと思ってみたり。それを疑似体験させてくれる(ような気がする)本音告白サイトに、妙に感動してしまったりエールを送りたくなってしまったりする。

そんなわけで本日のキーワードは「~の本音」として、いろんな本音を拾っていこうかと。

☆ドラちゃんの本音☆ ☆ドラちゃんの本音☆
コミック版「ドラえもん」から、ブラックなコマを集めてみました。みんな見てってね!!

という前書きに恥じない、すばらしく充実したコンテンツ。とりあえずここは行っとけ!(笑)

個人的には「シリアス・ドラ編」が一押し確かにこのペーソスは大人にならないと理解できないだろうなぁ……(^^; 子供向け漫画なのになんて深いの、ドラえもんよ……!!

家電 電器屋さんの本音 家電 電器屋さんの本音

なんも言わんからここもとりあえず行っとけって!(笑)

特に「お客様との愉快な毎日」コーナーは爆笑必至!!自分もお客様商売なのでしこたま笑ったあと、ほろりと苦い涙が頬を伝いましたよ……(ノд-。)くすん

お客様は確かに神様だよ。接客する側にとってはね。でも接客される側が、勝手に自分を神だと勘違いして無理難題・暴言を吐き捨てていくのはやっぱり我慢なりません(怒)

最低限、人としての節度とかモラルとか、弁えてほしいよね……( = =) トオイメ

高校教師の本音と建前 高校教師の本音と建前

だよねー、教師だって人間だもんねぇ。あんまり酷い同僚がいるとこういう風に本音をどこかに吐き出したくなるよねえ(>_<;)

これを読むと職員室が熾烈な教師同士の戦いの場だということがよく分かります(涙)

つーか3つ目の項目なんて立派なセクハラじゃないですか(怒)

同じサイト内の学校の外での本音と建前も必見です。

「誰も教えない上司の本音を教えよう」 「誰も教えない上司の本音を教えよう」

……すいません、かなり思い当たることが多々(>_<;) じょ、上司だって人間ですから ι

でもこのページに書かれていることはすべて真理ですよ。いや、マジで。仕事をしにきている以上、仕事がきちんとできることは最低限のことだし、従順云々って話は単に媚びへつらえってことじゃなく報告をきちっとしてほしいってことだし。勝手に苦手意識を抱いてすべき報告をすっ飛ばすから余計に溝が深まるんです(本音)

三つ目の項目だけはね、えこひいきはイカン!と思いつつ、やっぱ人間ですから(滝汗)す、すいません、これだけは謝っておきますー。人間みな平等。うんうん。肝に銘じねば。

上司とのかかわりに悩んでいるすべての社会人必読ページですよ。ぜひ一読を。

男の本音 男の本音

恋愛成就のためのTIPSというサイト内の一ページでした。こういう書き方をされるとなんとなく思い当たる人が一人や二人いるから不思議だ(笑)

モテル・モテナイ以前に、(相手が男性に限らず)自分の敷居を自分で高くしてしまっているかどうかってことを自己分析することも必要かもしれませんね。同性の友人が多くてとっつきやすい人はやっぱりもててますから。美人とかかわいいとか、あまり関係ないなぁと思うこともしばしばです。あ、もちろん、最低限の基準点はクリアしてないとって思うけど(汗)

茅須ですか? 敷居、高いですよ( ̄+ー ̄)ニヤリ⇒大きく出たぞっと(あ、もちろんジョークですから ι )


Trackbacks (Close):1

trackback from 本音の部分で 09-03-03 (火) 20:10

本日は「本音の部分で」をキーワードに検索、隠された心のうちを吐露している、あるいはそのことを深く追求している、そういったテキストを、探してみようかと思います。

Home > [記号] > ~の本音

Search
Feeds
Meta

Return to page top