Home > [こ] > 好みの問題

2006年
07月19日
(水曜日)

好みの問題

※この記事の読了時間は:約 5分24秒です。

過去にこだわりを持っているなどというエントリをあげたこともあるが、人にはいろんなこだわりがある。

でもってそのこだわりの出所を考えてみた場合、結局のところ「好みの問題」に行き着くのではないかと思った。同じアコギインストでも押尾コータローよりDEPAPEPEが好き!とかね♪(本当に好み”だけ”の問題だな、ヲイ ι )

てなわけで本日のキーワードは「好みの問題」です。

ぬぬぬ? 日本って、ニッポン? ニホン? @どうやら”好みの問題”のようです(笑) ぬぬぬ? 日本って、ニッポン? ニホン? @どうやら

うわーしょっぱなから面白いエントリを拾っちゃったなー(笑)

茅須は……どうだろう。ふだんは「ニホン」って言ってるような気がする。でも改めて意識したことなかったなぁ。

でもって「ニッポン」の方が歴史が古いんですねΣ(゚Α゚)おおおっ 一つ勉強になりました。

ほかにも「日本」の読みにおける豆知識満載です。みなさんも、ぜひどうぞ(^^)

ラオスー: 私は作品としてブログを扱っている人の書くものが好きです ラオスー: 私は作品としてブログを扱っている人の書くものが好きです

あああ、痛い。痛いよママン・゚・(ノД`)・゚・。 (自爆)

茅須も長文書きです。そのくせまとめ能力ゼロです。だらだらの垂れ流しです。自覚しつつもやめられないのはそんな文章でもたまになんかの間違い(自爆)で誰かの心をつかんでしまうことがあるからです。あと、「そのときの自分の状態」を切り取っているという意味でなら、長文の方があとから自分の思考過程をたどりやすいんですね。

でもって間違いで誰かの心をつかんでしまうような文章を書いたときというのは、自分自身それが悪文だという自覚がありまくりつつも、書いている間じゅう何かの熱病に冒されたように取り付かれたように思いの丈を吐き出しているんですよね。ぎゅっとキモチが濃縮されているというか。ああ、濃くて濃くてたまらない、みたいな(って何の話だ ι )

自分自身、悪文でもいいからそういう思いの丈のぎゅっと詰まった文章を読みたいと思っているし、だからこのエントリをスルーすることができなかったわけです(^^; 胸に痛い自覚がありつつも(苦笑)

こういう風に自分がどう思っているのか、何を求めているのかをきちんと表現できる人って、すごいですよね。ものすごくいろんなことを考えさせられてしまいましたよ……_| ̄|○

Joel on Software – 二つの話 Joel on Software - 二つの話

非常に興味深い訳文でした。大きな会社には大きな会社になったわけが、小さな会社には小さなまま甘んじなければならないわけが、それぞれにちゃんと存在しているということですね。

なんにせよ、このテキストを読むと、グループの管理者が自分の好き嫌いだけで発言したり場を支配することは、時には殺人に匹敵するほどの重大な罪だということがよく分かります。

うお、ちょっと真面目モード入っちゃったわ ι (負け犬)

簡単に暗記するには その3 (忘れても大丈夫) – 元大手進学塾の塾長が語る合格する勉強の仕方[まぐまぐ!] 簡単に暗記するには その3 (忘れても大丈夫) - 元大手進学塾の塾長が語る合格する勉強の仕方[まぐまぐ!]

まぐまぐから発行されているメールマガジンのバックナンバーですね。面白い話が読めました。

ここでは数学を好きになるための秘訣が書かれているわけですが、これは何かを好きになることすべてに共通する法則のような気がします。

かくいう茅須もこのブログのように人に提供されるデザインでは飽き足らず、自分でテンプレートをカスタマイズしてしまうわけですが、CSSを最初に勉強したときって、一から順番に段階を追って……なんてまどろっこしいことはしませんでした。

PhotoShopでこんな感じのデザインにしたいなーとレイアウトを作る。それが実装できるかどうかあとからCSSの値をつぎはぎのように当てはめていく。上手くいかないときはその部分”だけ”を調べる。すると試行錯誤の末つくりたいデザインが出来上がる。

はっきり言って基礎も何もありません。いや、あとからちょっとは基礎部分もかじりましたけど、それはある程度CSSを弄れるようになってから。多分、先に基礎をやってそれからおもむろにデザインに取り掛かる……なんて方法をとっていたとしたら、途中で挫折していたと思います。絶対に面白くないだろうから(笑)

何がたのしいって、自分で試行錯誤したことが形になることが面白いんですよ。理論はその後付でいいんですよ。目に見える形できちんと出来上がったものを確認したら、そのことをどんどん好きになります。いまちょっとPHPをかじりかけなんですけど、これも同じ方法をとっています。「PHPとは」とか、そんな文書には見向きもしてません(爆)どこにどんなクラスタを当てて……みたいな、今すぐ使えるTipsばかり漁ってます。でもって今はそれでいいんだと思う。

ある程度PHPを動かせるようになったら、もっと詳しくなりたいという欲が出てくるだろうし、そのときに初めて「PHPとは」みたいな文書に目を通すことになるだろうと思います。

「好きこそ物の上手なれ」って格言は本当に真理を突いていると思いますよ(^^)

ところで。軽いキーワードを選んだつもりだったのに、今日はなんかいろんなことを熱く語っちゃったなぁ……なんでだろう???


Comments (Close):2

ぽこだっち 06-07-21 (金) 8:24

不備日報さんは不思議な面白さですね。
管理人さんの名前がまた素敵・・(?)

好きこそ物の・・は共感です。

茅須まいる 06-07-22 (土) 0:16

>ぽこだっちさん
毎度です~♪
不備日報管理人さんはちんさんですね(笑)いろんな意味ですごいセンスの持ち主だと感じました。だからこそ、文章が突き刺さってきたんだと思います。

ぽこだっちさんも「好きこそ物の上手なれ」の実践者ですよね(^^)
お互い身体を壊さないていどに極めましょうvv

Home > [こ] > 好みの問題

Search
Feeds
Meta

Return to page top