Home > [す] > 好きかも知れない

2006年
07月31日
(月曜日)

好きかも知れない

※この記事の読了時間は:約 3分3秒です。

過去にかも知れないというエントリを上げたこともありますが。

本日のキーワードは「好きかも知れない」です。「好き」と断言するほどまだ自信はもてない、でも気になる、頭から離れない、そういう状態の人を探してみようと思います。

MINICA ECONO MINICA ECONO

ああ、このこだわりはわかるなぁ。いや、自分はミニカじゃないけど。

今でも最高の車といえば自分にとってはTOYOTA カローラレビンですね!(力説)あ、でも一番人気のAE86型じゃないんだな。あれはちょっとフォルムがカクカクしすぎで趣味じゃないの(爆)

今でも一番好きなのは「TOYOTA カローラレビン AE101 GT-APEX」という車種です。本当に、これがもう、流麗で美しいフォルムの上に、ウットリするほど運転しがいのあるイイオトコ車でした……( = =) トオイメ

……また歳がばれるような発言を自ら垂れ流してますね(滝汗)

またこんなイイオトコ車(クドイ!!)に出会ってみたいものです。いや、マジで。……ってこんな発言ばっかしてるから男みたいだって言われちゃうわけね ι 普通の女性はこんな風に車を語るまい _| ̄|○

雑脳髄筆-HAL’s Psychologic Essay-Log(11-15) 雑脳髄筆-HAL's Psychologic Essay-Log(11-15)

うん、気持ちはなんとなく分かる。自分が好き!と言える人は好き。いくら自分が好きでもナルシストな人は嫌い。でも自己嫌悪している人よりはナルシストの方がまし。そーゆーことよね。

この文章では自分を好きになれなくていろいろ悩んでいるみたいだけど、これは2000年1月の記録だし、今頃はきっとこの悩みも解消されてるんじゃないかな。

でもこういう悩みっていつの時代もどんな世代にも共通のものだと思う。だもんで柄にもなく一つアドバイスっぽいことを書いてみようかな。

自分が後ろめたいと思うことはしない、これが大事だと思いますよん。意味はまぁ自分で考えてみてください。茅須はこの方法でものすごく嫌いだった自分のことをだんだんにだけど好きになれたんで。

Magazine Links Magazine Links

あるある、こういうことって!

最初はいやいや、と言うか必要に迫られて仕方なく作業を始めるわけよ。それがいつのまにか作業にのめりこんで熱中してしまう。でもってすごい労力を投入してやっと完成して。

完成したところでその作業工程が存在することを使う人たちは知らないわけ。知らないから自慢のしようもないんだけど。それでも。なんか誇らしい気分がするんだよね。あれは私が○○したものなのよーと心の中でほくそえんでみたり。

誰かに褒められたいとか、認めてほしいとか、そういうことをいちいち考えている自分ってちっちゃいなーと、作業そのものを楽しめたらそういう境地に至れるというか。

「もしかしたら好きかも知れない」という言葉が一番すっきりはまるのは、こういう局面のことなのかもしれませんね。


Home > [す] > 好きかも知れない

Search
Feeds
Meta

Return to page top