Home > [ほ] > 本音が

2006年
09月01日
(金曜日)

本音が

※この記事の読了時間は:約 4分15秒です。

人間、いくら自分を飾ってみたところで、不意を突かれると本音がポロリとこぼれてしまうものです(^^;

正直は、美徳というよりも実のところぼろを出さないための最善の方法なのではないかと思ってしまうのでありました。

てなわけで本日のキーワードは「本音が」です。

第4回 「本音のケンカが生み出す関係」 第4回 「本音のケンカが生み出す関係」

確かに仕事上の関係ではなかなか本音を吐き出せないよね(^^; 特にここに書かれているように異性間では難しいものがある。

だからこそ、きっかけを得て垣根を取っ払えれば、仕事も本当にスムーズに進むようになるんだよねぇ。問題はそのきっかけがなかなかないってことなんだけどね。

シゴタノ! – 相手の本音を見抜くためのヒント シゴタノ! - 相手の本音を見抜くためのヒント

隠された文字に激しく反応(自爆)私はどーしてこういうものに弱いのか _| ̄|○

答えを見るとけっこうイタいところをつかれている部分もあり、ちとヘコみました(涙)あと、ちょっと目から鱗も。自分の周囲を思い浮かべて、「もしやあれは場を和ませるつもりだった?!」と愕然としています。あれじゃ和まないって……(ノд-。)くすん

あ、意味不明ですね(^^; 当該エントリに当たって、各自、自分は(上司として・部下として)とうだろう、というのを振り返ってみると、いろいろ発見があると思いますよ。うえの呟きは茅須の発見です(苦笑)

教えて!男の本音!女の本音! 教えて!男の本音!女の本音!

『価値辞典』って、前にも紹介したことあったような……エントリ数も400近くなると割りと忘れちゃってるんですよね(自爆) 反省します……_| ̄|○

ここは全体的にめっちゃくちゃ濃いサイトで読み応えがあります。このページもご多分に漏れず濃い質問が網羅されていました。

個人的には回答よりも「とっかかり」の質問が興味深いんですよ。なぜその質問なのか、ってことを考えるとね、ついはまり込んでしまいます(^^;

こういう場所に立ち寄ると、実はみんないろんなことを「考えたがっている」のではないかと思いますね。「考えている」というより、「考えたがっている」。

だからこそ、質問を提供している人のほうに興味が沸くんですよねぇ(笑)……天邪鬼???(^^;

*–Column–* *--Column--*

うお、真理だわ。本音が知りたいってよくいうけど、本当に本音を知って後悔しないかって聞かれたら、困る人が多いんじゃなかろうか(^^;

それに本音を知りたいと本気で思うなら、相手の一挙手一投足に注目するよね。そういうもにに、必ず本音は表れているものだし。

相手を観察もせずに本音を知りたいというのは、やはり本末転倒なんでしょうね……。うーむ、深い。

酔っ払いのいうことが本音なのだろうか 酔っ払いのいうことが本音なのだろうか

はい、こちらも真理ですね。酔えば本音が出るって言いますが、それは本音じゃなくて思考回路が麻痺しているだけのことです。

そんな風に思うのは、茅須が酒癖が悪くて(滝汗)一定量を超えると暴れてしまう人だからなんですけどね(自爆)でもって暴れているときは意識がないんですよ。誰も信じてくれないんだけどさ。自分が何をしたのか、本当に覚えてないのよ・゚・(ノД`)・゚・。

そんな状態を茅須の本音だと思われるのは迷惑です(-_-;)

だいたい、最初に自己申告しているのに、それは面白いと人を無理やり酔わせておいて、本当に暴れたら困ってしまう人たちの存在というのもどうかしていると思う(怒)

うっ、つい個人的な愚痴を書いてしまったわ(自爆)

スピリチュアルナビゲーターSpinavi – XFセクション-本音について スピリチュアルナビゲーターSpinavi - XFセクション-本音について

結局はここに行き着くんだよなぁ。ここで語られている先生の話に。

本音を隠しているつもりでも、普段から本音というものは出てしまっているということ。タマネギの皮のたとえは言いえて妙です。

確かに人間には多面性というものがあるけれど、その多面性含めて全部自分だし、そう考えたら本音を隠すことは逆に不可能って話になるなー。

本音が見えない、などと嘆く必要はないのかもしれない。もちろん、裏読みは必要だけど。


Trackbacks (Close):1

trackback from 隠された 08-08-19 (火) 20:10

本日は「隠された」をキーワードに検索、どんな秘密に迫っている人たちがいるのか、探し出してみようと思います。

Home > [ほ] > 本音が

Search
Feeds
Meta

Return to page top