Home > [し] > シュールな笑い

2006年
09月27日
(水曜日)

シュールな笑い

※この記事の読了時間は:約 3分27秒です。

友人に薦められて「THE3名様」というDVDを見ました。わけわからーんっ!でも面白ーーーいっっっ!!(笑)

口頭で内容を説明されているうちに見たくて見たくてたまらなくなっちゃって。30分ほどと短い内容なんですが、意味不明で、シュールで、でもくすくす笑ってしまう妙なDVDなんですよ。

出演者は佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史で、この三人が並ぶと思わず「木更津キャッツアイ」を連想しちゃいますねvv アレもかなりシュールな笑いでした。この人たちはゆるゆるのキャラクターをやらせると本当に秀逸ですねぇ。

そんなわけで面白いものを見て浮かれているので(笑)本日のキーワードは「シュールな笑い」でいこうと思いますvv

シュールな笑いと不協和音 シュールな笑いと不協和音

シュールな笑いはなぜ笑えるのか、という深い考察が繰り広げられています。いいですねー。

そう、シュールな笑いは確かに笑えるヒトにとってはとことん笑えるけれど、そうでないヒトにとってはワケがわかんないし、徹底的に意味不明なんですね。が、シュールな笑いを愛する人間は、その徹底的に意味不明な部分にこそ、惹かれてしまうという(笑)

論理的に構築された三段オチ的な笑いよりも、シュールな笑いを作り出すことのほうが難しい。難しいのに万人受けしない。そこがまた魅力なのかもしれません。

MOTOMACHI RADIO SHOW I MOTOMACHI RADIO SHOW I

豆とナルトが会話してます。二人(と呼ぶと語弊があるな…… ι )は、「どうしてシュールな笑いは嫌われるのか」について語り合ってします。いや、語り合っているというより、豆が一方的にシュールな笑いについて語って、ナルトがツッこんだり外したりしてます。

……つーかシュールな笑いについて語っているこの二人(……以外にどう呼べばいいんだろう(>_<;)の会話自体が、妙にシュールです。笑ってしまいました。

シュールな笑いは説明しづらいな ι いや、だからこそシュールな笑いと言えるわけですが。なので、ぜひ、当該ページを読んでください。ああなるほど、シュールだ、と思ってもらえると思うんで。

ところでこのサイト、全部が豆とナルトのシュールな会話で成り立ってるんですねvv 勢いあまって気に入ってしまいました(爆) しばらく追っかけてみようっと♪

シュールでGO! シュールでGO!

「シュールでGO!」というサイトタイトルのウェブ素材配布サイトなんですけどね、妙におかしいんですよ、ここ! いきなり粘土小人の写真があって「いくらがんばっても超能力使えないからね」ですから(笑)

その写真をクリックすると、過去トップページの一言に対する解説ページになってるんですが(もちろん「いくらがんばっても超能力使えないからね」の解説もありました)、この解説がまたワケの分からない面白さ。まさしくシュール。

メインの素材コーナーを覗いてみたら、GIFアニメの素材が妙な動きをかましてくれてるし!!

百聞は一見にしかずといいますし、この妙なシュールさはぜひ、目撃していただきたいと思うわけです。まさしく「目撃」って感じですから。

茅須は個人的に、トップページをスクロールしたら現れた4月24日の最新の日記を読んで、妙に作者さんに親近感を抱いてしまいました。こういう変な人、大好きです


Home > [し] > シュールな笑い

Search
Feeds
Meta

Return to page top