Home > [す] > 鋭い観察

2006年
11月11日
(土曜日)

鋭い観察

※この記事の読了時間は:約 3分17秒です。

ずいぶん前に鋭い着眼点というエントリをあげていました。このブログを運営するに当たって、当時の茅須が、検索語句の選定に悩んでいる様子が垣間見えます。

しかし。

あの頃から状況は何一つ変わっていないのでした(自爆) 今でもキーワードの選定には頭を悩ませてます(^^;

そんな茅須ですが、たまにキーワードがさくっと決まることがあります。そういう時はだいたい、身近に何がしかの面白いできごとや小さな事件が起きていて、それらを観察することでキーワードが浮かんでくるんですよ。

そして、そういうときのエントリは、あとで自分で読み返しても、とても面白いものに仕上がってます。自分が楽しめなきゃ意味がないから、自分が楽しいと思えるならそれでいいんです(開き直り)

そんなわけで本日のキーワードは「鋭い観察」。自分に見える世界の隅々までを捉えようと世界を見渡しているような人を探し出してみたいと思います。

女性の鋭い観察力 女性の鋭い観察力

……またヘンなトコ拾っちゃったよ(爆)

女性の観察力が鋭いと言うのはよく言われる話ですが、観察力が鋭いと言うより、たとえば大木の枝ばかり見ているのが女性と言うものだと思いますよ(更爆)

逆に大木そのものを見ているのが男性の視点、と。大局を見ているから一部分を見落とす、それだけのことではないかと。

浮気と言うのは細かい部分を詰めていかないとばれるものだと言うことを踏まえれば、浮気は男の甲斐性かもしれませんが、浮気と言うものに向いていないのも男性の悲しい性なのではないか。……とお気楽なオンナな思うのでした( ̄+ー ̄)ニヤリ

コンビニ奮闘日誌:鋭い観察力! – livedoor Blog(ブログ) コンビニ奮闘日誌:鋭い観察力! - livedoor Blog(ブログ)

おおおっ! 接客業の鏡のような存在ではありませんか!!ヾ(*゚ο゚)ノオォォォォーーー!!

Profileをちらっと見たら、「兄貴」さんは某コンビニの十年選手なんですね。そりゃ年季が違うわ。

このエントリ、どんな局面で兄貴さんの鋭い観察力が発揮されたのかが、事細かに綴られているのですが、これ、すべての接客業に携わる人の参考になる事例だと思います。少なくとも自分も飲食店に身を置く人間なので、この視点は大変参考になりました。

本当に、ちょっとした心遣いでお客様の心証ってがらりと変わるんですよね。兄貴さん、ありがとう!

CUA/CTCグループ総合情報誌 -NEW WAVE -特集 「エジソンに学ぶ」 CUA/CTCグループ総合情報誌 -NEW WAVE -特集 「エジソンに学ぶ」

発明王エジソンの発想法や、その原動力となったものを、エジソン関係の著作を物したこともある浜田氏にインタビュー、それをまとめたコラムです。

エジソンがすごいのは、ひらめきと言う武器ではなく、それらをいかに大衆に浸透させるか、そういう広い視野で物事を見ていた部分ですね。そういうことが、このコラムから分かります。

ひらめきが行き詰まったときの対処法などは、参考になりますね。観察力と言うのは、こういうときに生かされるのかも。

しかしエジソン自身もすごいけど、環境を整えたその母と妻の功績のほうが大きいんじゃないか、と思ってしまうのは茅須だけでしょーかー……( = =) トオイメ


Home > [す] > 鋭い観察

Search
Feeds
Meta

Return to page top