Home > [あ] > ありがとう

2006年
12月31日
(日曜日)

ありがとう

※この記事の読了時間は:約 3分40秒です。

2006年もあと3時間足らずで終わろうとしてますね。今年一年を振り返ってみれば、個人的にはなんだか交流が広がったり好きなものが大量に増えたり(爆)いろいろと気ぜわしくありながらも楽しい一年でした。

いろいろあったけど、全部ひっくるめて、あらゆる人に感謝したい一年だったということで、そんな自分の気持ちを踏まえ、2006年の最後のキーワードは「ありがとう」を採用しようと思います。

無料ブログパーツ:THANKS ありがとうを広めるブログパーツ:ブログデコ 無料ブログパーツ:THANKS ありがとうを広めるブログパーツ:ブログデコ

ほーほーほーヾ(*゚ο゚)ノ (感心)

ブログパーツって本当にいろいろ出てますねぇ。出始めたころはいろいろ追いかけてましたが、数が増えすぎてワケがわからなくなったんで(爆)途中から全然追っかけなくなったなぁ、そういえば。

いや、でも「ありがとうの気持ちを伝えるブログパーツ」っていう発想がステキですね。

こういうのみつけると、やっぱりアンテナは立てておかなくちゃなーって思います(^^;

hyousi hyousi

ボランティアとか福祉とかには、いろんなスタンスからのいろんな関わり方があると思いますが、ボランティア活動への参加のきっかけを「自分の誕生日」に設定しているのがすごくステキです。

1965年に神戸新聞で取り上げられて以降、40年近く続いているボランティアだったんですね。うわ、長い……ヾ(*゚ο゚)ノ オォォォォーーー!!

こういうのに参加すると、自分の気分が変わるんですよね。これはやってみた人になら分かると思うんだけど。それだけで前向きになるというか。

そんなの自己満足だという人もいるかもしれないけど、自己満足でもやらないよりやるほうがいいと思うんですよね。自分も清々しい、人の役にもたつ、だったらやらないよりやるほうがいいかな、と。

つーわけで2007年にはこれにも参加してみることにしました。いい活動を知ることが出来ましたよ♪

ありがとう広場 ありがとう広場

このサイトのコンテンツの一つである「迷信と儀式」が大変興味深い文章だったので、ぜひ紹介したいと思いました。

確かに、一部で「ありがとう教」が流行ってますよね。それを「ありがとう教」などと揶揄してしまうのには抵抗があるんですが。妄信することがいけないだけであって、ありがとうという言葉自体はステキな言葉だし。

うーん、でも最初の取っ掛かりには妄信も必要かも、とは思います。一度心から信じてみないと行動に移さないじゃないですか。でもそれを妄信のまま終わらせたらいけないというか。どっかで自分の気持ちを客観的に切り替えなくちゃいけない、みたいな。

それができれば、ここに書かれているように、ありがとうの言葉を素直に口にできるようになるし、相手に押し付けるためにではなく、自分の気持ちを切り替えるために、使えるようになるんじゃないかなって気はします。

なかなか難しいけどねー(^^;

ありがとう – Wikipedia ありがとう - Wikipedia

言葉の説明以外に、ドラマのタイトルとして使われた例や楽曲のタイトルとして使われた例があげられています。

けっこうたくさんの人が「ありがとう(「ありがと」や「アリガト」それに「ARIGATO」などの類似パターンもあり)」という曲を歌っていたことにびっくり。SMAPとかB’zくらいしか知らなかったわぁ(趣味が偏っている証拠!/自爆)

データベースって、こういう時ありがたい存在ですね。いまとってもWikipediaに「ありがとう」という気分です(^^)


Home > [あ] > ありがとう

Search
Feeds
Meta

Return to page top