Home > [お] > お墨付き

2007年
02月12日
(月曜日)

お墨付き

※この記事の読了時間は:約 5分54秒です。

昨日の驚いたというエントリの冒頭に書かせていただいた、茅須がDEPAPEPの徳岡さんに似ていると言う話ですが。

その後、別の二名にも「なんとなく雰囲気が似ている」と認定されました。と、いうわけで、茅須はどうやら徳岡さんに似ているようです。そうか、だから茅須は徳岡さんの相方である三浦くんが可愛くて可愛くてしょうがないのか(違!)

うーん、でも、自覚ないんだけどなぁ(^^; まぁ、そういうことって自分じゃあまり分からないものですしね(そうかぁ?!)

そこまで男顔なことを喜んで良いのかどうかはさておき(汗)自分の好きなアーティストに似ているとお墨付きをいただいて悪い気がするはずもありません。

そんなところから連想しまして、本日は「お墨付き」をキーワードに、誰がどんなことを認定されたのか、またその顛末はどうだったのか、そういうことを探し出してみようと思います。

誰かのお墨付き – naoyaのはてなダイアリー 誰かのお墨付き - naoyaのはてなダイアリー

えらいアルファブロガーのエントリを拾い出してしまいましたねぇ(^^; 最近はできるだけこういう有名どころをスルーする方向に行ってたんですけどー ι

有名ブログって、例え自分が紹介しなくても、ちょっとした感度があれば見つけられる確率が高いじゃないですか。だからせっかく検索遊びのブログやるんなら、有名どころはできるだけ避けて、あまり話題になっていない、でも面白い(と茅須が思える)ネタを提供してくれている場所を、優先的に紹介したいと思っているんですよね。

あー、でも、ここに書かれている話はスルーできませんでした(笑) いい話です。身に覚えもあります。人にはこういった「こだわり」と「迷い」が同居しているものだとも思いますし。

逆に言えばすべてに精通することなど不可能なわけで、自分の精通する分野に関してはこだわりを持って自分の嗅覚を信じ、それ以外の分野では人様の意見に真摯に耳を傾ける、そういったバランス感覚こそが不可欠なんでしょうね。

ここにも書かれていますが、ネットが普及したことで昔よりもはるかに簡単に「誰かのお墨付き情報」を手に入れられるようになったわけですから、どうせならそれを有効活用したいものです。

というわけで、このエントリをブクマしたような人はこの機会にぜひ読み返していただき、またまったく知らなかった人もぜひ読んで「自分の場合」などを考えてみると、いろんな気づきがあるかもしれません。

お墨付き:mine58 お墨付き:mine58

うぷぷぷぷっ Σ( ̄m ̄;)! …………おおっと、いきなり笑ったりして失礼 ι

これ、自分の身に起こったら不幸な出来事だけど、もし現場に居合わせたらやっぱり「ぷっ!」って吹き出しちゃうと思う(^^; ……って、返す返すも失礼なヤツだな ι 本当、ごめんなさい。

お詫びに自分の喜悲劇を一つ紹介しておきます。茅須、10代後半から20代初めにかけて、よく男に間違われてました。それだけならよくある話の範疇に入るんでしょうが(そ、そうでもないかな? ^^;)、道を歩いていて、ふつーに逆ナンにあったことがあるんですよ……_| ̄|○

相手はすれ違った瞬間にこっちを振り返って立ち止まったんですよ。で、なんだろう、なんの因縁をつけられるんだ?(爆)とこっちも恐る恐る振り返ったら。おにーさん、お茶のみに行かない?だって。思わず「はぁ?!」って声が出ちゃいました(>_<;) その声に向こうは茅須がオナゴであったことに気づいたようで、「あ……」と呟いて、その後、何事もなかったように歩き去っていったのでした。

取り残されたときのあの奇妙な感覚はいまだに忘れられないわぁ・゚・(ノД`)・゚・。

そーゆー意味では他人に手ひどい勘違いをされるこのエントリ主の気持ちが分からないでもありません(^^;

MouRa|山崎まどか、映画|山崎まどか「お気に入りに追加」|第8回 ロック名盤紙ジャケCD化に見る2007年問題 MouRa|山崎まどか、映画|山崎まどか「お気に入りに追加」|第8回 ロック名盤紙ジャケCD化に見る2007年問題

うわー、惜しい!(>_<;)

本文を読むとね、着眼点は最高なんですよ。でもエントリタイトルがその内容をうまく伝えてないような気がするんです! どーしてこれが”2007年問題”なのさ???

いや、しかし、本文には共感することしきり。あの時中心になって騒いでいた層はいったいどこに消えてしまったんでしょうねぇ……( = =) トオイメ

あ、でも、おじさんたちが本当に聞いていたかどうかって話ですが、彼らは本当に聴いていたんだと思いますよ。そして今それを懐かしく思う気持ちも本当だと思う。

茅須が思うに、いま、それらのオールド盤に熱狂するおじさんたちには、幾ばくかの悔恨の念があるんじゃないかなぁ……

というのも、ここにも書かれているように、実際に中心になって大騒ぎしていたのは女性陣ですよね。でもって男性陣はたとえばBeatlesならBeatlesが好きで好きでたまらないのに、それを大声で主張することができぬまま歳を重ねてきたんじゃないかなぁ。

で、ブームの中心にいた女性たちは騒ぐだけ騒いだら納得しちゃったんですよきっと。飽きたとかそういうのじゃなくて、単に自分なりに「ファンとしてやるだけのこたぁやった」という自己満足感とでもいいますか。

逆に男性陣はファンとしての自分にいつまでたっても納得できていないのかもしれない。その不満足感が衝動となって、オールド盤への購入を急き立てられているような気もします。

まぁあくまでも茅須の主観なんですけど(^^;

というわけで、当該エントリを参照して更に茅須の文章を読んでみた、いわゆる中年のおじ様方の異論・反論を心よりお待ちしております(笑)


Home > [お] > お墨付き

Search
Feeds
Meta

Return to page top