Home > [わ] > 悪くない

2007年
07月11日
(水曜日)

悪くない

※この記事の読了時間は:約 5分38秒です。

今日は一日ギターを弾きながら、頭の中でいろんなアイディアをこねくり回してました。

そうしたらものすごくいい!とは言い切れないけど、まぁまぁ悪くないな、と自分で思えるアイディアが浮かびました。それが使い物になるかどうかはちょっと未知数なんで、一晩か二晩寝かせて、様子を見ようかと思っております。

そんなわけで、今日は「悪くない」をキーワードに、手放しで喜べるほどじゃないけどそこそこ満足、という状況を手に入れている人たちを探し出してみようと思います。

やっぱり家が好き – 年をとるのも悪くないかもしれないよ やっぱり家が好き - 年をとるのも悪くないかもしれないよ

これはねー、茅須も最近よく思うようになりましたよ。歳を取るのも悪くないなって。

つーかこのエントリ、他人事じゃないです(^^; 茅須も若い頃はご近所さんと世間話とかできなかったもんなぁ。世間話どころか、こんにちはの挨拶をすること自体が恥ずかしかった!あれ、なんなんだろうね。

それがいつ頃からか気軽に挨拶を交し合えるようになって、挨拶どころか世間話もできるようになって。多分、ここに書かれている通りおばちゃん化してるんだろうけど(苦笑)、それも悪いことばっかりじゃないなってそう思えるんですよ。だって挨拶とか世間話とか、できないよりできるほうがいいもんね。話の内容云々じゃなくて、それによっていい空気感が生まれるじゃないですか。それが大事なんじゃないかと。

「○○したら負けかなって思う」って言葉が一時はやってたことがあって、自分も何かに対してそう思うことはあるんだけど、そんな風に自分に手かせ足かせをつけてたら、人生の楽しみを半分くらい放棄してることになるんじゃないかな。多分ね。

歳をとるごとに、どんどん、自分を縛る思い込みという鎖から自分を解放していけたらいいなぁ、と、そんなことを考えさせてくれたエントリでした。感謝

CSSは悪くない : 雑記帳 : der Gegenwart CSSは悪くない : 雑記帳 : der Gegenwart

関連エントリ数箇所にざっと目を通してきました。で、このエントリに諸手を挙げて賛成したくなってます(苦笑)

元エントリスタイルシートをとりまく環境はなんとかならんのか? – Web屋さんのココロえ [ITmedia オルタナティブ・ブログ]はどー考えても日本語がおかしいですー(^^; いや、追記とか読んだら言いたいことは分かったけど。それにしたって責めるなら各ブラウザの実装状態の差異についてであって、CSSを引き合いに出すこと自体が間違ってると思う。だいたい、各ブラウザともCSSだけの問題じゃなくて、たとえばXHTMLの実装にもいろいろ問題があるし。各ブラウザというか、主に一番主流のブラウザに(爆)

……って、こんなことは正しいXHTMLやらCSSを使いこなしてから口にしろってか。その通りですね。反省します(滝汗だらだら)

いや、自分の場合は逆にね、まともに使いこなせないからこそ、各ブラウザの実装状況に差異があることに躓くわけですよ。アプリケーション側がきちんと対応してくれれば、XHTMLにしたってCSSにしたって基本をきちんと学んだだけで誰にでも手軽に仕えるようになるはずだし。少なくともXHTMLもCSSもきちんとした法則にしたがっている、ものすごく分かりやすい言語だと思ってますよ。

なのにブラウザに表示させたらそれぞれがぜんぜん違う見栄えになる、そのことが問題なのであって、その問題をCSSやXHTMLに帰すべきではないと思います。

あんなバグだらけのブラウザが主流になってることこそが問題なんだよ。と、暴言を吐いておいて、この項目を締めておきましょう(死)

[電脳ブログ]電脳さとしの部屋: 使う人が悪いんじゃなくてデザインが悪いんだ [電脳ブログ]電脳さとしの部屋: 使う人が悪いんじゃなくてデザインが悪いんだ

ああ、もう、どの項目も読んでてうんうんと頷いてしまうような話ばかり!かようにモノのデザインというのは使い勝手を考慮されて始めて成立するものだと思うわけですよ。そういう意味じゃ、洗練されているようで実は見栄えだけ、なんてデザインのもの、まだまだたくさんあるんじゃないかな。

コメント欄を拝見すると、第一項目に挙げられていたUSBポートに対しての共感が多かったんですが、茅須はケータイのデザインに対して物申してる項目に一番共感してしまいました。どーしてもどーしても使いこなせない……_| ̄|○ 多機能ならナンだっていいわけじゃないんだぞ?!ヽ(`Д´)ノ ぷんすか

なんかはずした意見だって言われちゃうかもしれないけど、かように健常者に対しても思いやりのない製品がけっこうある段階で、障害者のために優しいバリアフリーの製品とか言ってもね、机上の空論って気がするんですよね……( = =) トオイメ いや、作る段階で視点が違うんだって言われたらそうかもしれないけど、物を作るって根本は同じなんじゃないかなぁ。

これを踏まえてコメント欄の議論を読んでみると、いろいろ思うところがあります。しかしこのブログ運営者はすごいですね。炎上しかかっていたコメント欄を

子供の行動にはすべて親の責任があるのは確かで、
その上で、製品にもちょっとしたデザインの配慮があれば良かったということだと思います。

という見事な一言でキレイに収めてくれています。押し付けがましくなく、でもツボをついている、とても共感できるコメント返しでした。

ブログ運営者の一人として、このような相手の立場に立った上でのコメントへの対応、見習いたいと思いました。


Home > [わ] > 悪くない

Search
Feeds
Meta

Return to page top