Home > [ふ] > プロの技

2007年
09月20日
(木曜日)

プロの技

※この記事の読了時間は:約 3分57秒です。

たとえば調理人ならみんな知っているであろう「たまねぎは水によく浸して切れば、涙が出ずに済む」とかね、プロなら無意識に使いこなしている技というものがあると思うんですよ。

そんなわけで、本日は「プロの技」をキーワードに、プロが使っている、ちょっとした、でもとても実用的な技の書かれたテキストを、探し出してみようかと思います。

満足せる豚。眠たげなポチ。:「プロとして恥ずかしくない」に込められた本当のプロの技 満足せる豚。眠たげなポチ。:「プロとして恥ずかしくない」に込められた本当のプロの技

うひゃあ、自分も「プロとして恥ずかしくない」シリーズ、何冊か持ってますが、このように説明されると、なぜ他のムックではなく敢えてこのシリーズを購入してしまったのか、自分の心の動きが手に取るように分かります。

つーかそれ、うまく釣られただけなんじゃ……_| ̄|○

いや、ちゃんと役に立ってるからいいんですよ。いいんですけど(苦笑)

書店でもひときわ目を引くのよね、このシリーズ。思えばこのシリーズに限ってはAmazonなどのネット書店ではなく、必ずリアル書店で購入してますよ、そういえば。それだけ書店で現物を見たときの吸引力が大きいんだと思います。その吸引力には、当然のように、タイトルそのものも含まれているわけで。

役に立っているといいつつ、使いこなすまでは行ってないところを見ると、茅須もまた「プロに憧れるアマチュア」の粋をぜんぜん出られていない、と言うことですね(^^;

「ダブルバインド」について書かれていますが、よく考えたら、この文章そのものがダブルバインドですよ?(ニヤリ)

「ワン、ツー・・ スリー?」 に隠されたプロの技 ■80年代後半~90年代前半を回顧するブログ 「ワン、ツー・・ スリー?」 に隠されたプロの技 ■80年代後半~90年代前半を回顧するブログ

あ、■80年代後半~90年代前半を回顧するブログさんだ!(喜) ネタの扱いが秀逸なブログで、たまに拝見させていただいてます(^^)

その中でも、今日拾ったエントリはぶろがー「きくりん」さんお得意の吉川晃司ネタ! これが面白くないはずがない( ̄+ー ̄)ニヤリ

吉川晃司、懐かしーーーっ!という人も、吉川晃司、誰ソレ? という人も、読めばもれなく楽しめる折り紙つきのエントリです。当時の詳しいニュース部分はもちろん、特に

ここからはわたしの推測(妄想)に入る。

以下に書かれた文章は必読ですよvv

農家の嫁の事件簿 : プロの技 農家の嫁の事件簿 : プロの技

刺激的なブログタイトルに反して(笑)、中身は、農家の日常をつづった絵日記ブログでした。

このイラスト部分が、もう、なんとも言えずほのぼのしていて、ものすごく癒されました(素) つかこの獣医さん、本当にカッコいいな……まさしくプロの技vv

こういう状況のときって、言いたいことがうまく言葉にならなくてもどかしいんだよね。それを汲んでくれるあたりに、長年の経験というか、年の功ってこういうことをいうのかな、なんて感慨がよぎってしまいました。

まぁ、そういう存在じゃないと、予防注射とか定期健診とか、安心して任せられないよね。

余談ですがこのブログ、農家の嫁の事件簿 こちら北国、山の中という本になってるんですね。なるほど、このクオリティなら納得です。

天窓スタッフ日記:ピアノ移送、プロの技。 – livedoor Blog(ブログ) 天窓スタッフ日記:ピアノ移送、プロの技。 - livedoor Blog(ブログ)

読みながらマジで感動してしまった!これはまさしくプロの技!!ヾ(*゚ο゚)ノ オォォォォーーー!!

ピアノのお引越しって本当に大変だって言うもんなぁ。それがあの建物の状況で……7社も断られたっていうのもしょうがない立地条件。なのに、なのに、お見事!としか言いようがない職人芸が披露されています。

写真で、いかに華麗にグランドピアノやアップライトピアノのお引越しを完遂したのか、事細かに報告されているので、ぜひ当該エントリに当たってこの感動を味わってみてください!


Trackbacks (Close):2

trackback from 振り返ってみた 09-04-04 (土) 20:10

本日は「振り返ってみた」をキーワードに検索、何かを振り返ってみている人のテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

pingback from たのしい検索 ゆかいな検索 - 何故かわからない 12-06-25 (月) 20:58

[…] プロの技というエントリ内で取り上げてました。 […]

Home > [ふ] > プロの技

Search
Feeds
Meta

Return to page top