Home > [と] > 遠まわしに

2007年
09月25日
(火曜日)

遠まわしに

※この記事の読了時間は:約 5分41秒です。

直接諭したいけど、できないときというのがあるわけで。職場なんかだといらぬ軋轢は避けたほうが無難というのもあるし、直接言っても反発されるだけ、という場合もあるし。

そんなとき、遠まわしに表現したりするわけですよ。遠まわしに表現するときって、諦めも半分混じってたりするんですけどね、自分の場合(苦笑)

そんなわけで本日は「遠まわしに」をキーワードに、どんな局面で遠まわしな表現を使うのかを、探し出してみようと思います。

【人を変える九原則】 原則2:遠まわしに注意を与える (手帳2.0) 【人を変える九原則】 原則2:遠まわしに注意を与える (手帳2.0)

ライフハック系のブログですね。デール・カーネギーの名著人を動かすから要点を抜き出したエントリのうちの一つです。

茅須もこの人を動かすと、あと、道は開けるの2冊は読みました。どちらも一生に一度は必ず読んでおくべき本物の名著です。

このエントリでは他者を動かす方法の一つとして、遠まわしに注意を与える方法について触れています。

このざっと拝見させていただいたんですが、このブログでも当該書籍の要点をつかむことは出来るようです。でもやっぱりこの名著は書物として読んで欲しいですね。

えすかの日記 遠まわしに。 えすかの日記 遠まわしに。

うわぁぁぁ、ヒトゴトじゃないよ、これ……_| ̄|○

遠まわしに早出出勤の依頼。これって断れないんだわ。直接いわれても断れないけどさ、遠まわしに言われたほうがもっと断りにくいんだわな、実際の話。

茅須も遠まわしの早出依頼を断れなくて、夜の11時まで働いた翌日に朝の5時に出勤ってのを二日ほど続けたことがあるよvv その翌日が休みってわけでもないんだよん。あんときゃマジで死ぬかと思ったよvv(壊)

まぁ社会人になればしがらみとかいろいろあるわな……( = =) トオイメ

余談ですが、茅須も過去2年ほど書店勤めしていたことがあります。そして給料天引きしてもらえるのをいいことに、信じられないほどの書籍を購入していたこともこちらさんと同じ。違うのはモノが同人誌ではなかったことくらいか……。いや、茅須の勤める書店では同人誌を扱ってなかっただけなんですけどね(^^;

給料の2/3が天引き書籍に消えちゃ駄目だよな、人として。あれで、本好きは逆に本屋に勤めたら駄目だ……と真剣に思いましたのことよ(苦笑)

ギャグ・ユーモアのネタ・コツ・法則の紹介24 ギャグ・ユーモアのネタ・コツ・法則の紹介24

ライトノベル作法研究所 オンラインでの小説上達研究の場というサイトのワンコンテンツでした。ほほぅ、こんな面白そうなサイトが……!!(うずうず)

このページでは、遠まわしに表現することで、ユーモアを醸し出す方法についてチラッと書かれているんですが、これがけっこうツボでしたvv 茅須はこういう表現、好きです 読む人を選びそうな感じではありますけどねー(^^;

小説の書き方とか指南してるサイト見るの、けっこう好きですね。このサイトもそうなんですけど、流通している小説の一説を引用してその一説に解説を加えていたりするじゃないですか。その解説を読むのが面白いんですよ。

このサイト、気に入ったんで、リンク集に入れておくことにしますvv

迂言法 迂言法

あれ? 茅須もけっこう好きで持ってる少女まんがなんて素敵にジャパネスクなんて素敵にジャパネスクの一ページが引用されているぞ? 何のサイトだろう?といぶかしみつつトップページをたどったら、ふき出しのレトリック ~マンガの修辞学~というサイトのワンコンテンツでした。うわぁ、こんなサイトあったんだぁ!(喜)

このページでは「迂言法」、つまり遠まわしな台詞回しで意思を伝える、吹き出しのレトリックについての解説をしていました。なるほど、遠まわしな表現という意味においてなら、平安時代を扱ったなんて素敵にジャパネスクを例に取り上げるのはうってつけですね(^^)

個人的には氷室冴子氏の原作のほうが好きなんですけどねー(本音)

何気なく読んでいる漫画の台詞回し一つ一つにも、いろんなレトリックが用いられているわけで、このサイトを見ていると、これからは、そういう細かい部分にも気を使って、吹き出しのセリフを眺めるようになってしまいそうですvv

こちらもリンク集に入れておきます♪

車の値引き方・交渉術はこちら 車の値引き方・交渉術はこちら

おお、いいテキストですよvv 確かに、値引き交渉ってそれだけで腰の引けちゃう人が多いだろうし。慣れの問題なんだけど、慣れる機会自体がなかなかないものですしね(^^;

茅須ですか? 茅須は関西のおばちゃん(爆)ですから、モノによっては果敢に交渉するし、それでけっこう値引きしてもらいますよ。原価計算がミソですねvv あと、まったく知らない人の場合は駄目ですわ、さすがに。ある程度、気心が知れてないと。だから営業マンや販売店とは先にお友達になっておくべきだというのが持論。

なんだろ、すっごく若い時って、スーパーの半額シールがついた食品を手に取るのが恥ずかしくて恥ずかしくて仕方がなかったのに、いつの間にか、そういうものを目当てに時間帯を選んでスーパーに行くようになってしまう、それは単に「恥も外聞もなくしただけ」なのかもしれないけど、逆に、本当の恥とそうでないものとを見分けられるようになってきたともいえるわけで、チャレンジもせずに営業マンの言いなりになることはないわな、と思うわけです。

ぜひ、こちらのテキストを参照して、車に限らず、高額なものを購入するときの参考にしてみてください。


Home > [と] > 遠まわしに

Search
Feeds
Meta

Return to page top