Home > [と] > 突拍子もない

2007年
10月01日
(月曜日)

突拍子もない

※この記事の読了時間は:約 5分22秒です。

半年ほど前から同僚となったTさんは、とにかく独り言が多いです。茅須もたいがい独り言が多い自覚ありますが、上には上がいるもので、Tさんには絶対に勝てない自信があります(何 ι )

そのTさん、独り言かと思っているとこちらに話しかけてきてたりして、たまに油断がなりません。そして自分は独り言を呟き続けていることで納得しているのでしょうが、聞いてるこちらとしてはいつも意味不明の突拍子もない話を振られて困ってしまうのです。

主語をすっ飛ばして毎回「そうやんな?!」とだけ話しかけられても、返事のしようが……_| ̄|○

茅須もTさんほどじゃないけど独り言多いんで、もしかしたらこうやって誰かを困らせているのかもしれない……人の振り見て我が振り直せ、ですね(^^;

もとい。そんな経験から、本日は「突拍子もない」をキーワードに据え、どんな変人風変わりな人がいるのか、あるいは変わった体験があったのか、そういった事柄の書かれたテキストを拾い出していこうかと思います。

AD-3: 突拍子もない言葉 AD-3: 突拍子もない言葉

ちょっ、ちょっと、この友人!(焦) 完全に何かと勘違いしてますよvv だってジョジョの奇妙な冒険のどこをどう切り取って説明したら

「かわいい絵柄のやつやろ?」「最近始まった」「キツネが主人公で、動物が出てくる」

という表現になるんだ?!(爆)

多分、勘違いしただけなんだろうけど、その勘違いと実際との落差が大きすぎるのがツボりました(^^;

こういう素でボケる友人が身近にいたら楽しいだろうなぁ♪

突拍子もないモノ : マル秘大奥日記 突拍子もないモノ : マル秘大奥日記

KRY山口放送ラジオ土曜いい朝おはようワイドという番組のブログなのですね。最新エントリをいくつか拝見させていただいたら、なんか気分がほのぼのしてくるいいブログでした。

で、このエントリに登場する渡辺氏。

自宅で蕎麦を打つことに憧れ、専用キットを購入するあたりまでは分かるんですが。その専用キット、何ゆえに蕎麦を栽培するところからはじめなくてはいけないのですか?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

打つだけでいいじゃないか、打つだけで!(焦)

かように渡辺氏はワケの分からないものをいろいろ購入しているようですが、その話をしているときの番組スタッフたちはみなキョドってたようなので、それぞれにワケの分からないものを勢いで購入してしまった経験があるんでしょうね(笑)

え? 茅須ですか?…………( = =) トオイメ ……………………察してくださいまし_| ̄|○

■突拍子もない名前|あの男の“ズレた”生きザマ ■突拍子もない名前|あの男の“ズレた”生きザマ

ブログ名に登場する「あの男」とは、不動産コンサルタントの長嶋修さんのことなのですね。「長嶋修」をGoogleでイメージ検索してみたら、かの人の単著がたくさん表示されました。

てかこの人、本当に意味不明でヘンな人だ!(笑)

このブログを書いている広報担当者さんのエントリ最後の一文の気持ち、これは痛いほどよく分かるなぁ(^^; 突拍子もない発言する人に付き合って話をしていると、最初の話題はいったいなんだったのか、本当に分からなくなるもんなぁ。あるいは無限ループ?(爆)

どこまでヘンな人なのか思わず確かめたくなって、最新エントリからいくつか読んでみたんですが、この人かなりヘンですね(^^; 読みながら何度も吹き出してしまいました。大笑いじゃないあたりがいいです。

カナダ大好き、Myカナダ:突拍子もないイッピー君 カナダ大好き、Myカナダ:突拍子もないイッピー君

「面白い人」と一口に言っても、努力型の面白い人と、天然型の面白い人というのがいると思うのですが。このエントリで紹介されているイッピー君は間違いなく後者のタイプですね(笑)

なんというか、何もしなくても面白い人というのは確かに存在するのですよ。その人が生きて呼吸しているだけで面白い、とでも言いますか。そういうタイプのイッピー君が、努力型の面白い人に憧れてとっている行動が、すでに天然の雰囲気をかもし出していて、ものすごい間違いと勘違いに支えられた笑いなのに、それを素で喜んでいるあたりは、ある意味、感動の涙を誘いますね(;_;)ほろり

あ、でもぜんぜん嫌な感じじゃないんですよ。読みながら思わず「がんばれ、イッピー君!」って手に汗握っちゃってるような。この編集者さんの文章力にも左右されてるんだろうな、イッピー君へのイメージは。

なんというか、生暖かーーーーーく見守っていたくなるタイプです(笑)

見えない師弟関係 見えない師弟関係

はてな匿名ダイアリー略して増田の中に埋もれていたテキスト。これ、なんとなく好きだなー。

言葉の端々にちょっとした棘もあったりするんだけど(^^;

ものすごく影響を受けた人がいて、でも交流のあった頃は自分が影響を受けている自覚がなくて、その人が自分の身近な世界から去って初めてその影響力に気づく、そういう経験って、誰にでもあると思うんだよね。

自分もなんかいろいろ思い出してしまった。

陳腐かもしれないけど、若い人の耳からは素通りしちゃうだろうけど、やっぱその時々の人間関係は大事にしておくべきだね。と、あまり大事にしなかった茅須あたりが書いたところで、まったく説得力ないでしょーがー _| ̄|○ (自爆)


Home > [と] > 突拍子もない

Search
Feeds
Meta

Return to page top