Home > [あ] > 怪しげな

2007年
12月12日
(水曜日)

怪しげな

※この記事の読了時間は:約 3分23秒です。

君子危うきに近寄らず、なんて言葉がありますが、こんな言葉が昔からささやかれてきたのは、結局のところ、人間は怪しげで危険なものに惹かれてしまう習性を持っているからだと思うわけです。

そんなわけで、本日は「怪しげな」をキーワードに、見ちゃいけない、触れちゃいけない、と思いつつ、それでもつい見ちゃうような、そんなものを紹介しているテキストを、ピックアップしていこうかと思います。

YouTube – 怪しげな人 YouTube - 怪しげな人

怪しげな人、というタイトルの、ようつべに投稿された動画でした。

ぶっちゃけ、見た瞬間にフイたvv だって本当に歩き方とか変なんだもん ι

でもって歩いてる怪しい人よりも、実はそれをカメラで追っている撮影者の「あれは絶対怪しいです、どうですか」という呟きが入っちゃってることのほうが、実際のところはものすごく怪しいんじゃないか、と思ったんですけどねー。

21秒と短いので、音を鳴らしても大丈夫な環境の人は、ぜひ( ̄m ̄)うぷぷっ

+ ひいろんBLOG + | 怪しげな看板。。 + ひいろんBLOG + | 怪しげな看板。。

怪しげな看板というか……これ、センス皆無の看板と言ったほうが正しくない?(笑)

このセンスが欠如した看板はどこにあるんだろう、と思ってたら、コメント欄にてその地方が明らかにされていました。さすがに住所までは出てませんけどね(^^;

ぜひ一度、実物をこの目で拝んでみたいですね( ̄+ー ̄)ニヤリ☆

misson C なる怪しげなソフトを試してみた日曜日 : NDO::Weblog misson C なる怪しげなソフトを試してみた日曜日 : NDO::Weblog

このパッケージ、確かに怪しい……(笑) でもパッケージはともかく、中身はちゃんとしてるようですね(当たり前だ、失礼な ι )

このレビューに惹かれてAmazonの該当ページ⇒Amazon.co.jp: CD-ROMで簡単マスター C言語の初歩 Mission C [CD-ROM付き]: 本に飛んでみたんですよ。そしたら。2003年の出版物だけあって、どうやら絶版になってるようで、日経ソフトウェアのMissionC紹介ページによると元値1900円のものが、Amazonではなんと8000円のプレミアム価格(違 ι )にっ!!!

そんな値段で売ろうとしている人がいるということは、需要があって探してる人が多いってコトだろうから、日経ソフトウェアさん再販してくれませんかねぇ……( = =) トオイメ

ムー大陸博物館 ムー大陸博物館

うわぁ、ムー大陸博物館って、存在そのものが怪しい……そんなものが鹿児島県にはあるのか(^^;

掲載されている数々の写真とその解説を読むと、更に怪しさが募る……というか爆笑の連続っ(大笑) 冒頭の怪しげなジュースの存在からしてそれを飲んだ後の反応の描写に吹き出しちゃったし(笑)

茅須は地図の写真の辺りが爆笑MAXでした。あれはないでしょ。あれじゃムー大陸の存在を信じるなっていってるようなもんだよ(>_<;)

というわけで、怪しげなネタで笑いたい人はぜひ、アクセスしてみてくださいvv

ついでにこのページの大本はヘンなものの記憶というページでした。画像入りで変なものが多数紹介されてますので、更に笑いたい人はそちらも閲覧してみてくださいましvv


Home > [あ] > 怪しげな

Search
Feeds
Meta

Return to page top