Home > [ふ] > 風情がある

2007年
12月23日
(日曜日)

風情がある

※この記事の読了時間は:約 3分58秒です。

このブログでもよくフォトログとかピックアップするわけですが、季節感を捉えた風情のあるものを見ると、なんとなくほっとしちゃうというか、気持ちが落ち着くんですよね。

今の季節だったら雪景色。寒いのは苦手といいながら、あったかーい部屋の中から(ここ重要!)窓越しに降り積もる雪を見る、なんてね、最高の贅沢だと思うわけです。それが温泉宿だったりしたらもう言うことなしです。

……年寄りくさいですか。そーですか_| ̄|○

そんなわけで本日は「風情がある」をキーワードに、どんなものや情景に対して人が情緒を感じるのかを、追求してみたいと思います。

風情があるね色鉛筆は… – Pet Lovers Only♪ – イラスト/ 猫/ 色鉛筆/ バザー/ ポスター/ 風情があるね色鉛筆は... - Pet Lovers Only♪ - イラスト/ 猫/ 色鉛筆/ バザー/ ポスター/

なんだ、このPOPでかわいいブログは

かわいいだけでなくユーザビリティもしっかりしていて、個人的にとても参考になるブログでした。こういう出会いがあるからこのブログの更新をやめられないのです。ライブドアブログをここまでカスタマイズするなんて、本当にすごい。

で、このエントリ。確かにPhotoShopやらIllustratorやらPaintarやら駆使して、バリバリのCGっぽい絵を描くのも楽しいけど、アナログな色鉛筆や水彩絵の具を駆使して紙に描かれた絵には言葉にできない風情があって、描く方にしてもそれぞれ別の楽しみがあったりするんですよね。

色鉛筆で猫の毛を一本一本丁寧に描いていく、その過程がまた楽しいんだと思いますvv

“石のある生活”をデザインする、INADAインサイド・ストーリー:石のオーナメントは、いかが? – livedoor Blog(ブログ)

関係ないけど、またライブドアブログだ……最近のブログポータルサイトじゃFC2の人気がハンパないけど、老舗のライブドアブログもカスタマイズ自由度の高さじゃ負けてないし、プロユースの使用に耐えうるという意味じゃやっぱりライブドアブログのほうに軍配が上がるのかもしれませんね。このブログのオリジナルデザインもめっちゃくちゃカッコイイです。

このエントリはクリスマス到来に向けて、オーナメントに石を利用してみませんか、という提案だったんですが。まだ製品化されてないんじゃ入手できないじゃないかー゜。゜|||o(>_<)o|||゜。゜じたじた

いや、石といっても写真で見る限り薄くてとってもかわいいんですよ。そのうえとても斬新なアイディアだと思います。思わず食指が動いたのに(笑)

でももっと食指をそそられたのは次のストーリー:クリスマスの後は、お正月?というエントリだったりします。この年賀状はおしゃれでかわいくて、いいですね(^^)

小説によく登場する 「武蔵野」 って何ですか? -OKWave 小説によく登場する 「武蔵野」 って何ですか? -OKWave

武蔵野といえば東京23区外、都心部を離れた田舎町じゃないの?などという罰当たりなことを考える関西在住者(笑)関西人の「武蔵野」に対する知識などこの程度のものです(^^; あとは図書館戦争シリーズの舞台になる場所だな、とか(趣味まるだし ι )

まぁ関東地域の地名だな、くらいの認識はあったので、検索に引っかかった内容だけでは分からなかった質問者さんの意図が気になり、思わずこの質問ページを開いてしまいました。

なぜ文学作品に登場する「武蔵野」は、文学者にあれほど愛され、特別な場所として語られているのか、その理由を知りたいということのようです。

この質問では納得のいく回答を得られなかったようで、質問者さんは再度 「武蔵野」 って何ですか? -OKWaveというトピックを別のカテゴリーに立てています。そちらでは納得のいく回答を得られたようなので、両方読むと面白いと思います。

古瀬幸広の「off side 200x」:ハランという象徴 古瀬幸広の「off side 200x」:ハランという象徴

これはよくある話しだよなぁ……本当はよくある話で片付けたらだめなんだけどさ……と、読みながらちょっと遠い目をしてしまいました……( = =) トオイメ

お弁当などによく添えられているバラン(緑のギザギザのアレね)の出自と意味について書いたあと、今のバランはそれらの良さが取っ払われて形だけが残ったむなしい代物だという風に話は続いています。実際、そのとおりなんですよ。見た目に緑を入れておこうか、みたいな。それだったらキャベツやレタスを入れてるほうがマシだと現場にいる茅須もそう思うんだけどさ。

経費とか市場原理とかかかる手間隙とかね、いろいろ天秤にかけると、こうなっちゃうんだな(>_<;)……ううう、耳に痛い つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

それでまぁ思ったわけですよ。バランに限らず、本来の効能や意味が失われて、形だけが生き残っている習慣みたいなものって、ほかにもけっこうたくさんありそうだよなぁって。みんながやってるから、決まりだから、習慣になっているから、そう言ってみんな意味なんて分からないまま続けていることが。

思考停止に陥ってないで、今やってることには何の意味があるのか、今使っているものにはどんな意味があるのか、そういうことを普段からきちんきちんと考えていかないといけませんね。自戒も含めて、ここに書き残しておくことにします。


Home > [ふ] > 風情がある

Search
Feeds
Meta

Return to page top