Home > [い] > いちばん楽しい

2008年
02月02日
(土曜日)

いちばん楽しい

※この記事の読了時間は:約 4分24秒です。

このブログを更新するに当たって、いちばん楽しいなぁと感じるのは、実は、検索キーワードをなんにしようとあれこれ考えている時だったりします。

自分にとって、ここで選んでいるキーワードというのは、自分の毎日の生活に密着していて、その時々の体験や感情、思考が反映されてるんですよね。それらを一言で表現する言葉を選ぶんですから、この作業が楽しくないはずがありません(笑)

そんなわけで本日は「いちばん楽しい」をキーワードに、どんな作業をしている時に一番楽しいと感じる人たちがいるのか、またその作業とはなんなのか、そういったことが書かれたテキストを、ピックアップしてみようと思います。

関連エントリはこちら。

私の作る毎日と、毎日が作る私。:いちばん楽しいこと – livedoor Blog(ブログ) 私の作る毎日と、毎日が作る私。:いちばん楽しいこと - livedoor Blog(ブログ)

うちの母方の祖母も同じようなことを言ってました。シンプルって本当に偉大ですよね。

ついつい余計なことを考えちゃうというか、定義づけしようとして余計な説明をつけたくなるものだけど、こういう風にシンプルに、身体に根ざした楽しさを追求していけば、本当は誰でも簡単に幸せをつかめるのかもしれません。

安藤怜のロンドン灯 > いちばん楽しいのは「革命前夜」なのだ : ITmedia オルタナティブ・ブログ FrogBlog: 買う前がいちばん楽しい? FrogBlog: 買う前がいちばん楽しい?

これまた真理をついたテキストですよぅ(>_<;)

カタログを開いて比較検討したり、ショップに実物を見に行ったり、ネットで評判を調べてみたり。何か購入しようと思い立った時に、そうやって情報収集している段階での楽しさって、ほかの楽しい気分とはまた別格なんですよね。

なんなんだろう、あのワクワク感。いや、もちろん、実際に届いたとたんにそのワクワクが消えるというわけじゃありませんが、届くまでのほうがワクワクすることは確かですよね。

新人編集者の綴り方★ : いちばん楽しいのは 新人編集者の綴り方★ : いちばん楽しいのは

ああ、ここにもまた真理が。

そうですそうです、イベントは始まるまでが楽しいんです。遠足は行くまでのワクワク感が最高なんです。布団の中で明日の遠足のことを考えただけで気持ちが高ぶって眠れない、あのワクワクドキドキした気持ち。

実際に当日になれば楽しいだけじゃありませんもんね。現実は想像だけで補えないものですし。


こうしてみると、「前段階」というものに人間はいちばん楽しさを感じるような気がします。それだけ人間の想像力が豊かってことなのかな。創造している間がいちばん楽しいってことで。

ものなんかでも手に入れてしまったら想像力を働かせる余地がなくなるから、楽しさがちょっと薄れてしまうのかもしれない。手に入れた喜びを感じることができるというのはあるけど。

Coffee, Cigarettes & Music:今日のやり取り Coffee, Cigarettes & Music:今日のやり取り

これまでの一連の流れでざっと「楽しさ」は「前段階」に潜んでいる、なんて定義をかましたあとに、こういうテキストに出会ってしまうと、思わずドキッとさせられますね(^^;

そうですね、「前段階」=「楽しい」と定義してしまうと、確かに前段階しか楽しめなくなっちゃう可能性がありますね。そうじゃなくて、それなら「前段階」以外にほかにはどんな楽しさがあるのか、そういうものにも目を向けていかないと、思考が固定化されちゃいますしね。

ううう、は、反省します(>_<;)


Home > [い] > いちばん楽しい

Search
Feeds
Meta

Return to page top