Home > [記号] > ~を制するものは

2008年
02月10日
(日曜日)

~を制するものは

※この記事の読了時間は:約 6分35秒です。

「○○を制するものは△△を制す」って、よく使われる慣用句ですよね。この慣用句を見ると、茅須の頭の中では「野望」という単語が踊ります(笑) 野望があるから○○をもって△△を制そうって話でしょ?(極論だなぁ^^;)

まぁでも、少なくともそういう言い回しを使う人って、○○を制することが△△を制することになる、という、信念を持っているとは思うわけです。野望は言い過ぎでも(笑)

そんなわけで本日は「~を制するものは」をキーワードに、どんな信念を持っている人がいるのかを、探し出してみようかと思います。

紙を制する者はシンプルライフを制す!DM編 – [シンプルライフ]All About 紙を制する者はシンプルライフを制す!DM編 - [シンプルライフ]All About

久しぶりにAll About(オールアバウト)の記事をピックアップしてしまいました。冒頭の一行にのだめのごとく「ぎゃぼーーーーっ!」と叫んでしまったのは茅須だけでしょーかorz(何言ってんだか ι )

紙、ね……あふれかえってるわ、確かに(苦笑) つまり、茅須は「紙を制していない」から「シンプルから程遠い生活」になってるわけやね……( = =) トオイメ

ダイレクトメールはここに書かれている方法で対処する(こんな方法で対処できるとは知らなかったデスヨ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 )として、ほかにも増え続ける本のラクラク収納法とか気になっているアレ、整理したい 写真をカンタンに保存するとか、紙に特化した整理法が関連ページでたくさん紹介されており、とにかく紙に苦心惨憺している茅須は目から鱗がぼろぼろとこぼれる羽目になりましたorz

茅須のごとく、紙に翻弄されている人たちには、きっと参考になる話がてんこ盛りだと思います。

押入れを制する者は収納を制す!-まいにちせいぶつがく 押入れを制する者は収納を制す!-まいにちせいぶつがく

またまた収納の話です……自分がいま、いかに収納に翻弄されているかがよく分かるピックアップ傾向ですね(自爆)

押入れ……いろんなものを詰め込んでますよ……ここに書かれている目安の70%どころか、100%もとっくに通り越して、おそらく120%くらいの収納率ですよ。満員電車並みに駅員も登場して乗客を押し込んでいる、あの状態ですよ。ぜんぜん駄目ですね つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

収納関係の落とし穴って、至る所にあるんですね(焦)

思い当たることが多すぎて穴があったら入りたい気分です……(滝汗) ついつい見えるところばかり何とかしようとしてしまうんだけど、まずは押入れから取り掛かることにします。

情報を制する者は世界を制する – マルコ式ネット白書 情報を制する者は世界を制する - マルコ式ネット白書
情報それは、整理されたデータです。整理されていないものは、情報とは呼びません。

ここまで断定的に言われるといっそすがすがしいなぁ。いや、全くそのとおりなんですけどね。

ネット上にはいろんな情報があふれている、とよく言われますが、ここであげられている定義に従うなら、ネット上にあふれているのは情報ではなくデータの断片であって、それらのデータの断片をどう組み合わせどう再利用するか、それが情報を得る、ということなんですよね。

毎日ネットのお世話になってはいますが、そう考えたら自分も全くネットを使いこなせていないなぁと痛感。データを情報として活用できるように、改めて精進したいと思います(^^;

サボテンを制するものは世界を制す! サボテンを制するものは世界を制す!

岐阜の情報を発信しているブログのワンエントリでした。

タイトルに惹かれて閲覧してみたら、幼い頃にサボテンに魅せられ、ついにはサボテンの世界一の栽培面積を持つ企業を経営するにいたった、サボテン村の加藤社長へのインタビューが掲載されていました。

このエントリタイトルは情熱を持って自身の夢を貫いたがゆえに手に入れた栄光を表現していたのですね。

サボテンを制するものは、の一文を、我々は「情熱を制するものは」と読み替えてもいいかもしれません。

リンクを制する者は、Webを制す!?:: ユーザビリティ リンクを制する者は、Webを制す!?:: ユーザビリティ

うわ、すっごく久々に嫌われないWebデザインさんをピックアップです。過去にピックアップしたのはデザインにこだわるという過去エントリでした。

このページ、感覚としてすごく共感できることがかかれています。

最近じゃGoogleYahoo! JAPANも昔に比べたらかなり親切設計になってきて、リンク先がPDFファイルならPDFファイルですよときちんと教えてくれるようになったわけですが。それでも音が出るサイトとかね、そういうののフォローはまだまだじゃないですか。個人的にいきなり音の鳴り出すサイトが大嫌いなんで、ついそういう例をあげてしまいますが(^^; 

余談ですが大好きなアコースティックインストデュオDEPAPEPE | デパペペの公式サイトが、昨年末にアクセスと同時に音の鳴る仕様になって、実はひそかに絶望したもんな……orz そりゃアーティストサイトなんだから音を鳴らせたい気持ちも分かるけどさ。

聞きたい人に聞きたいときに聞けるように、ちゃんとした視聴システムが整ってれば十分と思うのは、茅須がネット原理主義者だという証左なのでしょうか(>_<;) そんなつもりはないんだけどさ(焦 ι )

なのでどうしても紹介したいページで音が鳴ることが分かっている時は、紹介文に音量注意とかね、一言添えるようにはしてます。そういう細かいちょっとした心遣いがあるかないかで、やっぱり違いますよね。

ウノウラボ Unoh Labs: Webサイトのテキストを読みやすくする ウノウラボ Unoh Labs: Webサイトのテキストを読みやすくする

いくらFlashのサイトが大挙して誕生していようが、動画サイトが大流行していようが、やはりWEBの世界は基本的にテキストで成り立っているものですよね。だからこそ、テキストの見易さにはいちばん気を使わなくちゃならない、という、これは普通のサイトでもブログでも、真理といえるほど変わらない原理原則なんじゃないでしょーか。

……そんなことをいっている茅須のこのブログの文字が読みやすいかどうかは……(滝汗) いや、自分は読みやすいと思ってるんだけどさっ(開き直り ι )

最近は手軽にブログをはじめられるんで、何の知識もないままデフォルト設定で書き続けている人もいるようですが、ここに書かれているとおり、テキストの行間を広げることくらいは自力でできるようにするのがいいんじゃないかなーと、個人的にはそう思います。


Home > [記号] > ~を制するものは

Search
Feeds
Meta

Return to page top