Home > [と] > 独自のスタイル

2008年
03月23日
(日曜日)

独自のスタイル

※この記事の読了時間は:約 6分18秒です。

こうして普段から検索遊びに興じていると、よく目にするのが「ネタがないよー」という旨の書かれたブログだったりします。

確かに茅須もネタが浮かばないことが多々あります。茅須の場合はネタと言えばキーワードがそれに相当するわけですが。何にも浮かばない日って、やっぱりあるんですよ(^^; ようやく思いついたキーワードでいろんな検索サイトをふらふらするも、どうも琴線に触れるようなテキストに出会えない、そんな日って確かにあるんですよね。

そーゆー日には自分の頭だけで考えないで、よそのツールに頼るっていうのもありかな、と思っていたりします。

茅須の場合、そのツールはBlogPeopleがちゃがちゃブログだったり、Wikipediaおまかせ表示だったり、卑近なところではこのブログのサイドバーに設置しているランダムピックアップで表示されたエントリにもう一度アクセスとかね、そんな感じだったりします。

自分の頭だけで考えずに、外部ツールを利用して新しい視点からのキーワードを手に入れると、同じように検索サイトにアクセスしても、目に付くものがどれもコレも興味深く感じるから不思議です。気分が変わるのかな。自分の中になかったもの(あるいは忘れてしまっていたもの)を引き出して、新鮮な気持ちになるからかもしれません。

そんなわけで、更新にもいろんな独自のスタイルを持って、ネタ詰まり回避の自分なりの方法を確立しておくと強いんじゃないかなーとそんなことを思ったので、本日のキーワードは「独自のスタイル」です。前置き長くてごめんよorz

関連エントリはこちら。

Be creative! – 宇宙航空MBAブログ Be creative! - 宇宙航空MBAブログ

エントリタイトルの「Be creative! 」に強烈に惹かれてアクセスしてしまった(笑)

日本は基本的に減点方式でどんどん評価をマイナスしていって残ったものが最終評価になるパターンだけど、欧米企業は逆で加点方式だから、最初の評価は低くても本人のやり方次第(あくまで努力とは言わない……この場合)でいくらでも自分の評価を上げることができるんだよね。

どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、どちらにも利点と欠点があると思います。

両方のいいとこ取りができたらそれがいちばんですけどね(^^)

業績の98%は社長で決まる。らしい・・ | 独自のスタイルで1位作り! 業績の98%は社長で決まる。らしい・・ | 独自のスタイルで1位作り!

ぐはっ!曲目がどれもコレも懐かしすぎるっ!がっつり琴線を揺さぶられちゃいましたよっ(>_<;)

更に更に、超絶技巧アコースティックギタープレイヤーですか?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン こ、こ、これは、ギターおたくの茅須に聞けといわんばかりの拷問のようなエントリではありませんかっ(焦)

というわけで、「超絶技巧ギターACOUSTIC ROCK」というアルバムをiTunesでさっそく購入してみました。

一曲目のエリック・クラプトンの「いとしのレイラ」からキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

すごい、すごすぎるよ。テクニック確かに超絶なのに、超絶技巧ギタリストのありがちな押し付けがましさがないところがまたすごい。コレはとんでもない拾い物でした!(喜)

前にブログ友達の Gon’s BLOG わたなべゆう (梅田にて) – Gon’s BLOG というエントリが上がってて、そのエントリで紹介されていたわたなべゆうさんのCDを楽天市場で見つけたので買ってみたんですが、それもけっこうツボったんですよね。あっちは癒し系だったけど。

茅須、もともとacoustic guitarもelectric guitarも両方大好きだし弾いていたんだけど、だんだんacoustic guitarのほうにより魅力を感じるようになってきてて、いまは弾くほうもacoustic一辺倒だし、更に歌声の入っているものがすごく押し付けがましく感じられるようになってきちゃって(滝汗)、どんどんinstrumentalに傾倒してっちゃってるんですよね、最近。そんなタイミングにまさに!どんぴしゃのオススメを!!見つけてしまいました!!!(叫)

ありがとう、ありがとう、本当にありがとう!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 感涙

割箸の袋: 笑われ者が超えたもの     No.286 割箸の袋: 笑われ者が超えたもの     No.286

これはものすごく示唆に飛んだ話ですね。

人の話を全く聞かないと超えられない限界もある。かと思えば独自のスタイルを貫いて栄冠を手にするものもいる。諦めずに最後まで粘ったものが勝ち、と一言でそういってしまうのは簡単だけれど、努力の方向が正しいか間違っているかなんて、努力している時点では分からない。

なんか、すごくいろいろ考えさせられたコラムでした……。

PingMag – 東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン ? Archive ? ガムテープの道案内 PingMag - 東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン ? Archive ? ガムテープの道案内

このブログでも何度か取り上げたことのあるPingMag – 東京発 「デザイン&ものづくり」 マガジン さんのエントリをまたピックアップしてしまいました(^^;

うーん、茅須の気に入る場所って、どうしても偏っちゃうんですかねぇ(×_×;) いや、それだけいろんな検索エンジンにピックアップされやすい、SEO対策のしっかりしたブログだということでしょう。そしてこういう良質なエントリが検索エンジンを通してたくさんアクセスされるのはとてもよいことだと思います!

ちなみに過去、当ブログでPingMagさんを取り上げたエントリは独創的察するにです。

で、この「ガムテープの道案内」というエントリ。ものすごい職人技が拝めます。職人技というのは、もちろん技術もそうなんですが、そのデザインを極める思想的な部分においても、職人的だなぁという意味が含まれています。

……という書き方をすると何のことだか分からないかもしれませんが、元エントリを読んでいただければきっと納得していただけるのではないかと思います。

職人的、と書きましたが、これ、本職でやってるんじゃないんですよね。本職は警備員さんだそうですから。そこがまたすごいです。


Home > [と] > 独自のスタイル

Search
Feeds
Meta

Return to page top