Home > [よ] > よく考えてみると

2008年
03月26日
(水曜日)

よく考えてみると

※この記事の読了時間は:約 6分14秒です。

後から思い返して「ああ言えばよかった」「本当はこういう風に言いたかったのに」と悔しい気持ちになることはありませんか?

茅須はもうしょっちゅうですorz しょっちゅうというか、自分の人生にはそういう局面しかなかったんじゃないかと、本気でそう思っているわけです つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

口にしてから思い違いに気づく、なんてパターンもありますね。冷静になってよく考えてみると、自分の人生間違いだらけじゃまいか、みたいなね……( = =) トオイメ

そんなわけで、本日は「よく考えてみると」をキーワードに、後から冷静になって気づいた自分の思い違いや思考の足りなかった部分を補っている、そんなテキストをピックアップしてみようかと思います。

関連エントリはこちら。

カロッツェリア – 音の雑学大事典 カロッツェリア - 音の雑学大事典

カロッツェリアといえばカーオーディオですね!パイオニアだけあっていい音鳴るんですよねーvv

そのカロッツェリアが提供するスペシャルコンテンツがこちら。音に関するあれやこれやの雑学が一気に詰め込まれていて、とても見ごたえのあるコンテンツになっています。

個人的には三部構成のうちの二部「音のちから」というコンテンツがいちばん好きだな。実際にいま身近にある音の技術が、どんな風に生活に影響を及ぼしているのかがいちばん伝わってくるから。

こんな風に「音」を意識すると、様々な身近に溢れる「音」に対する感度が上がるような気がします。

読み物 – 068. 「時間が無い」と言わないで過ごしてみると – 起-動線 読み物 - 068. 「時間が無い」と言わないで過ごしてみると - 起-動線

起-動線 というと自分のチャレンジを形にするためのいろんな支援を提供しているサイトですよね。

このエッセイはサイトに参加している人がやってみた自分のチャレンジについて報告しているものだったんですが。

これ、かなりハードル高いですよね!(焦)つか、茅須すぐ「時間がない」を口にしちゃう人なんで、チャレンジする前からこれがいかにハードルの高いチャレンジか分かっちゃいますよ……( = =) トオイメ

あーでもここまですごい効果が出るものなんですね。確かに言葉が人生を作る、という考え方もあるわけだし、自分が吐き出す言葉の一つ一つを吟味して表に出す・出さないを決めるだけで人生変わるって言うし、それで考えたら「時間がない」を封印するだけでかなり大きな効果を得られそうだな、って予感がします。

……よし、茅須も「時間がない」は今日限り封印しよう。そうしよう!

……決心だけはいいんだよな、いつもな……(ぼそっ)

【遊園地ドットコム!】→クリスマスと遊園地 【遊園地ドットコム!】→クリスマスと遊園地

これは面白い視点の遊園地のとらえ方ですね。遊園地は実は子供にとって恐怖と危険に満ち溢れている場所、ゆえに大人への通過儀礼として存在する、なんて。言われてみると確かに、遊園地のアトラクションにつきもののお化け屋敷もスピードも落下も、全部恐怖と危険の代名詞ですよね。

それでいくと大人が遊園地で童心に還るのは、子供の頃の「初体験の新鮮さ」を取り戻そうというメソッドに当たるんでしょうか。子供のときに感じた恐怖を再体験することのほうに意味があるのかもしれません。

もう一つの思春期の子供たちに対する通過儀礼としての遊園地の存在意義も面白い考察だったので、こちらはぜひ元テキストに触れてみてください。

ホッとコラム ホッとコラム

トヨタカローラ博多株式会社サイト内にある九州のドライブスポット満載!ドライブ情報マガジン「ホッと博多」というサービスコンテンツの中の雑学コーナーでした。

カラオケの採点マシーンで高得点をゲットする方法は知ってたけど(ちなみに方法を知っていることとそれができることはまた別の話なんで^^;)、虎の巻の由来は知らなかったなぁ。そうだったのか。

このホッとコラムのコーナー、バックナンバーがこちらで読めます。その中に今日からあなたも国道マニアという見出しがあって思わず反応、読んでしまいました。

道の話とか、けっこう好きなんですよ。道の駅大好きって話をこのブログでも書いたことありますよね(^^; 考察してみた意外に面白いという過去エントリで。

一級国道で身近なのは2号線は当然として、あとは43号線と29号線かなー。43号線は騒音と公害で悪名高いですよね(^^; イメージのせいで身近には感じるけどあまり走ることはありません。対して2号線と29号線は生活に密着してます。もうしょっちゅう使ってます。この二本の国道なしには生活が立ち行きません(大真面目)

……ってなに国道について熱く語ってるんだ、ジブンorz

まぁマニアを名乗るのもおこがましい程度の国道ファンの戯言なんで、適当に聞き流しといてください(^人^;)

Easy Action!: ボー・・・・。 Easy Action!: ボー・・・・。

あー、なんかこの人、好きだなー

そうなんですよ、体験なんて所詮、主観でしかないんですよね。だったらその主観を楽観的にとらえたって構わないわけですよね。でもなんでか、悲観的にとらえてしまうことが多い。

「悪いことばかり覚えている。」という人は悪いことを覚えている方がその人にとって都合がいいのだと思う。

ここなんてけっこう痛いですね(^^; 悪いことばかり覚えている、ってわけじゃないけど、悪いことも考え方一つでよいことだったと思える、って考え方もあるじゃないですか(もって回った言い回しだな ι ) 過去に「悪いこと」と自分が思ったことを体験したがゆえにいまの自分がある、みたいな。

記憶の塗り替え?ちょっと違うか。 いわゆる自己啓発系の考え方ですね。理性じゃそうしたほうがいいのは分かっていても、なかなかそういう境地になれないのは、結局、悪いことを悪い形で覚えているほうが自分自身にとって都合がいいってことなんでしょうね。

日記風につれづれと世間話を書かれているにもかかわらず、妙に深い文章にしばし考え込んでしまいました。


Home > [よ] > よく考えてみると

Search
Feeds
Meta

Return to page top