Home > [記号] > ~をテーマに

2008年
08月06日
(水曜日)

~をテーマに

※この記事の読了時間は:約 5分4秒です。

更新再開しますというエントリでのコメント返信に、今回のブログデザインのテーマは「WEB2.0風味」と書いてみました。茅須です。

透明感のあるデザイン、というのが、WEB2.0風味だという勘違い(爆)から、こんなことをぬかしてみたわけですが。

まーでも、勘違いでもいいから、大雑把にでも自分の中でのイメージやテーマをはっきりさせておくと、あとの作業が楽になるもんですね。素材探しもそのテーマに沿って進められるし。

でもって、なにもブログのデザインに限った話じゃありませんよね、これ。

そんなわけで、本日は「~をテーマに」をキーワードに、最初にイメージを固めて何らかの作業に取り組んだ人たちを、探し出してみようかと思います。

夏をテーマにした「DEPAPEPE」のニューアルバム : ヨドバシ・ドット・コム 夏をテーマにした「DEPAPEPE」のニューアルバム : ヨドバシ・ドット・コム

まずは軽いジャブ(意味不明 ι ) いや、なんか、たまたまこのキーワードでの検索順位が高かったから(汗)

先日、7月30日に発売されたばかりの、アコースティック・インスト・デュオ、DEPAPEPEの新譜紹介ですよvv 茅須はDEPAPEPE大好きなのでスルーできませんでしたー(>_<;)

ライナーノーツは全曲、自動車関係者の解説付き。デパナツ~drive!drive!!drive!!!~(初回生産限定盤)(DVD付)は夏のドライブにぴったりの暑さ吹き飛ぶ爽やかな楽曲にあふれた一枚ですよー

……あ。思わず布教活動に走ってしまった(笑)

2chをテーマに論文を書いてみた。 2chをテーマに論文を書いてみた。

無料PDFで配布されているバージョンと、同じ内容ながら、伏字・仮名ともすべて公開されているという、有料PDFバージョンの2種類があるんですね。

論文と銘打つほど突っ込んだことが書かれているんだろうか、その辺、どうなんだろう、という好奇心から、改良途中経過と思しきウェブページを一つ開いてみたところ、これがけっこう客観的に冷静に綴られていたので、俄然、興味がわきましたvv

そんなわけで無料版のPDFファイルをdownloadしてみました。更新が終わったらゆっくりじっくり読んでみようと思います(^^)

余談ですが、みなさんPDFビューワーには何を利用してますか? 茅須はFoxit Readerというめっちゃくちゃ軽くて扱いやすいPDFビューワーを利用しています。もうね、ここまで軽いPDFビューワー使ったら、AcrobatReaderとかね、存在が信じられなくなりますから。起動の遅さからして許せなくなりますよ(大真面目)

海外のソフトだからってためらわなくても大丈夫!きまぐれブログ : かるいPDFビューワを使うを参照すれば、ちゃんと日本語化もできます☆彡

別にFoxit Readerでなくてもいいんだけど、ちょっと探す手間を惜しまなければ、軽くて安定した扱いやすいPDFビューワーがたくさん見つかりますから、PDFビューワー – Google 検索などで検索してみて、ぜひ、自分好みの扱いやすいPDFビューワーを手に入れてくださいね♪

自転車のまち・堺市 自転車をテーマにしたよみもの 自転車のまち・堺市 自転車をテーマにしたよみもの

へぇ、大阪府堺市って、自転車の町だったんだ。知らなかった。その割には車の量が多い……(ry

ここ、堺市立図書館の特集ページで、自転車にまつわる図書を紹介しているページでした。こんなにあるんですね、自転車をテーマにした図書って!!w( ̄△ ̄;)w

それぞれの図書の概要を読んでいると、興味をそそられるものがいっぱいだったので、これは茅須もぜひ、何冊か手にとってみよう!という気にさせられました(^^)

さ、地元の図書館に予約を入れよう!(笑)

拷問をテーマにしたとんでもないCM | 広告大臣 拷問をテーマにしたとんでもないCM | 広告大臣

あれ?このブログ、前にもピックアップしたことあるような…… ι

ああ、あったあった、なごむ、このエントリだ。

つか、エントリにも書かれていますが、なんで悪者が日本人……しかも日本語の発音が変だよぅー(>_<;) それにそれに、部下を呼びかけるときの部下の名前が「sumo」って!!!orz

動画見ながら思いっきり脱力したの、久しぶりでした(^^; 面白いもの紹介してくれて、ありがとう!

かんたん手織り☆工房Mのキッチン草木染め2: ほとばしる生命力 かんたん手織り☆工房Mのキッチン草木染め2: ほとばしる生命力

染色や陶芸を趣味にしていらっしゃるんですね。そのすべての作品に共通するテーマが「生命力」なんだそうです。

確かにここに掲載されている花器写真の生命力にあふれていること!

トップページに飛んで、過去エントリを最新から順番に辿りながら、いくつか他の作品も拝見させていただいたのですが、どの作品も、その時々のテーマを持っていながら、共通する力強さ、生命力を感じることができました。

生命力って、いい言葉ですね(^^)


Home > [記号] > ~をテーマに

Search
Feeds
Meta

Return to page top