Home > [せ] > 鮮明に

2008年
08月22日
(金曜日)

鮮明に

※この記事の読了時間は:約 4分24秒です。

あはははは、久しぶりに遅刻しちゃった♪……orz

もうイイ大人なんだから、読書で夜更かし⇒起きられない、などという、好奇心に勝てない子供みたいな行動は自重しましょうよ、茅須さん…………( = =) トオイメ

半日以上たったというのに、起き上がったときの血の気が引く感じ、今でも鮮明に思い出せますよ…………ヽ( ´ー)ノ フッ

いや、でも、やめられないよね! 無理だよね!!面白い本を読んでる途中で諦めて寝るなんて、そんなこと!!! どーせ先の話が気になって気になって、本を閉じたところでそのことを考えちゃって、すぐに切り替えて眠るとかね、無理!!!!!(握拳)

子供のように駄々をこねて見ました(……キモチワルイ ι )

くだらない前置きは置いといて(^^; そんなわけで本日は「鮮明に」をキーワードに、人がどんな出来事を鮮明に覚えているのかを、探っていこうかと思います。

ファインダーの向こうに ファインダーの向こうに

ああ、これはかなり共感できます。

茅須、サザンオールスターズのファンというわけではありませんが、やはり、自分の思い出を鮮明に呼び起こすサザンオールスターズの曲というのはあります。自分の場合はYa Ya(あの時代(とき)を忘れない)ですね。これは自分にとってとても特別な一曲だったりします。

サザンオールスターズ、というか、桑田佳祐氏のすごいところは、好き嫌いというのを越えたところで、誰にでも一曲二曲は自分の思い出に直結している歌がありうる、という部分ですよね。そのあたりの考察に、かなり共感してしまいました。

低速雪兎と光速亀 終わった。 低速雪兎と光速亀 終わった。

この真夏に、いかに自分が冬という季節が好きかを語った好エントリでした(^^)

茅須も夏と冬を比べたら、比較的、冬のほうが好きですね。寒いからこそ人のぬくもりが感じられる、というのも分かるし。

でも四季の中から選べといわれたら、やっぱり秋かな。読書の秋というくらいですから(笑) 冬が来る前の、あの、備えを怠るな、といわんばかりの緊張感も好きです。緊張感が好きって、変ですか? てか秋に緊張感を感じるという感性が変ですか。そーですかorz

あーでも夏生まれのクセに夏が嫌いなのはガチですね。なんといっても食べ物が腐りやすいのは最悪です。悪臭が漂いやすいのは夏です。本当に困るんだわ、保存に。飲食業界にいるのでこれは死活問題なのです。春もけっこうヤバめ。だから秋が好きなんだろうなぁ。

STUDIO_MAKO STUDIO_MAKO

明晰夢を見られる、という人の体験談でした。

賛否両論あると思いますが、自分は見られる、と思ってます。見たこともあります。見たと思っているだけだろう、と言われるかもしれないけど、そういうものは主観でしか判断できないものなので、見たと思っているだけかもしれませんね、としか答えられません。

ただし、意識してみようと思って、それで見られるわけではないので、自分的には再現性がありません。たまたま明晰夢としか思えないものを偶然見てしまった、というだけなので、説得力皆無です。

それをこの方は

意図的に脳だけ起こして眠りにつこうと意識すると
意外と簡単に辿りつけてしまったりする。

と書かれているので、意識して明晰夢を見られるなんてすごい!と思わず憧れてしまったのでした。

オカルトだと一蹴する人たちは、何を体験してもオカルトの一言で片付けてしまって、きっとそこから何も広げようとしないと思うので、そういう人たちはおいといて、自分はこういったオカルト的なことも素直に楽しんで、これからも体験を重ねていこうと思っております(^^)

ちった図書室 『コーランを知っていますか』 ちった図書室 『コーランを知っていますか』

阿刀田氏のコーランを知っていますか の読書感想エントリでした。

冒頭の一文に脱帽。うまい!思わず引き込まれました。この本を紹介するのに、このイントロとは!

さらにエントリの締めに

私は有神論者で無宗教者。自分ではとても健康的なスタイルだと思っている。

と、書かれていて、ああ、同じスタンスだなぁ、と共感。そして最後の蛇足で爆笑

この人の感性、すごく好きかも。自分的にはすごい拾いものですよ。RSSリーダーに登録しておこうっと。


Home > [せ] > 鮮明に

Search
Feeds
Meta

Return to page top