Home > [ま] > 待ちわびて

2008年
09月02日
(火曜日)

待ちわびて

※この記事の読了時間は:約 6分36秒です。

フォクすけの Firefox 情報局 – 2 歳になったフォクすけのテーマが Firefox 3 に対応しました!……というわけで、フォクすけテーマ、キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

待ってました、待ちわびてましたよvv Firefox3になったときに、DownloadDayにそっこーヴァージョンアップしたFirefox3に、フォクすけテーマがまだ対応してないってんで、味気ないデフォルトのテーマを使用しながら、今か今かと待ちわびてましたともvv

←見てくださいよ、この愛らしいテーマっぷりvv ……ってサムネールちっちゃすぎて分かんないか。ぜひ、元ページで確認を!てか、元ページにアクセスしてしまったら、それはそれでテンプレートの愛らしいフォクすけに癒されて、そこから離れがたくなってしまうに違いないvv(思い込み)

まだFirefox3をお使いでないあなたは、この愛らしいフォクすけと日々戯れるために、ぜひ、Firefox3をダウンロードしてくださいね


Firefox ブラウザ無料ダウンロード


そんなわけで、待ちわびていたフォクすけテーマFirefox3対応版がとうとうやってきた嬉しさから、本日は「待ちわびて」をキーワードに検索、待ちわびていたものがやってきた喜びにあふれたテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

関連エントリはこちら

我々が待ちわびている10個の天才的発明 – とくとみぶろぐ 我々が待ちわびている10個の天才的発明 - とくとみぶろぐ

10 Genius Inventions We’re Still Waiting For – Popular Mechanicsという海外サイトの紹介です。お題はエントリタイトルどおり、こんな発明があったらいいな、というもの。

これが確かにw( ̄o ̄)w オオー!と思わずにはいれらない発明なんですよ。こんなのあったら感動するだろうなぁ。特に、虫除けフィールド。これは素でほしい。虫が寄ってこない、こんなフィールドを身につけることができるなら、野外に限らず暑い日に窓を開け放して眠っても安心じゃないですか。……だって朝起きたら寝汗とともにあちこちに蚊にかまれたあととか見つけて、悲しくなるんですもん……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

もう夏も終わりかけなんで、ぜひ、来年の夏までに、この素晴らしい発明を誰か実用化してくれませんかねぇ(あくまでも他力本願 ι )

質問 : 続きを待ちわびているマンガは? : アバウトミー : @nifty 質問 : 続きを待ちわびているマンガは? : アバウトミー : @nifty

ガラスの仮面、最強ですね!てか、こんなもので最強の称号をもらってどうすんだよ、美内センセ……orz

そのガラスの仮面も、やっと別冊花とゆめで連載が再開されて、ほっと一息ってところなんですが。また連載休止になりそうな気がするのは茅須だけですか……だって、前に連載を再開した時も、アニメ化されたから番宣でって感じだったし、今度はほら、蜷川センセの舞台に合わせての再開だから、ほとぼりがさめたらさーっと身を引いてまた連載休止しそうな気がするんですよ……くわばらくわばら(違)

願わくばこのまま最後までちゃんと別冊花とゆめで完結させて欲しいものだと切望してますよ。はい。

他にも茅須、個人的に藤田貴美EXITを待ちわびてますねぇ。これはまぁ、WEBコミック スピカ連載作品: EXIT -エグジット-一応連載続いてるし、二年に一度とはいえ、コンスタントにコミックスが出てるし、これ以上急かすわけにはいかないんですが。

あ、あと、小野不由美女史の原作をいなだ詩穂さんが漫画にしたゴーストハントは、かなり待ちわびているかも……原作小説がすでに絶版だから、余計に。これが連載雑誌を持たない書き下ろしコミックス扱いだから、いつ出るか分からないのが怖い……orz

小野不由美女史といえば小説の十二国記シリーズ、あれもたいがいですよ。いくらなんでも待たせすぎですよ、あんまり焦らさないでください……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

……てか、要望多いな、自分orz

夕焼け空を待ちわびて~記録色と記憶色~:::: brilliant*days ::::So-net blog 夕焼け空を待ちわびて~記録色と記憶色~:::: brilliant*days ::::So-net blog

フォトログでした。エントリタイトルどおり、アクセスすると夕焼け空の写真が掲載されていて、ああ、きれいだなーと思いながらスクロールしてみたら、どうやら一枚だけではない様子。先頭に戻って飛ばしちゃってた文章を読んでみた(すいません^^;)ら、自転車で夕焼け空を追っかけて、変わり行く空の状態を、連写しているんですね。

これがもうね、すっごいいい雰囲気なんですよ!!!

あんまり色のなかった空に、とつぜん色がついて、風景が神々しくなるんですよ。これも順番に一枚一枚見ていってるから、感じられる感動なんだろうな。その色が徐々に変わっていくさまも掲載されていて、思わず声もなく見入ってしまいました。

一場面だけを切り取るのもいいけど、こういう風に、景色の移ろいを段階とともに見せられるのも、すごくいいですね!

哲学するサラリーマン: どんでん返しを待ちわびて 哲学するサラリーマン: どんでん返しを待ちわびて

ブログタイトルを裏切りませんね。このエントリでも、映画やミステリ小説をネタに哲学してます。こういう文章にとっても弱いのよ、茅須は(^^;

茅須もミステリファンのはしくれなんですが(すくなくともこのエントリにあげられていた綾辻行人、法月倫太郎、我孫子武丸、折原一のミステリ小説は、何冊も読んでいる……( = =) トオイメ)、どんでん返しの快感を得たいがために、ミステリを読んでいるふしがあります。

でも物語の手助けを借りずとも、自分の身の回りにも、こういうどんでん返しって、たくさん転がっているんでしょうね。ここに例として出されている北野武氏の場合のように、自分が気づかないだけ、あるいは自分の見方が偏っているだけ、自分の見る目が曇っているだけで。

茅須は映画や小説や漫画や、そういった物語の中にどんでん返しを求めてしまう傾向があるんですが、身の回りにも目を凝らしてみればどんでん返しになりそうな事例ってたくさんあるんだろうな、と、身の回りをいろいろ振り返ってしまいました。

ステキな気づきをありがとう(^^)


Home > [ま] > 待ちわびて

Search
Feeds
Meta

Return to page top