Home > [か] > 感想としては

2008年
09月05日
(金曜日)

感想としては

※この記事の読了時間は:約 9分58秒です。

9月3日に発表されたGoogleのブラウザGoogle Chrome、茅須もめずらしく早速ダウンロードして使ってみました。

めずらしく、というのは、腰の重い人間なので、新しいものを横目で見ているのは好きなのですが、自分が人柱になることは避けようとしてしまう、性根の腐った人間だからです(爆笑)

なんつーか、インターフェイスも使い勝手も、シンプルイズベスト!みたいな。余分な機能が全くないだけに、確かに表示は速いです。でもシンプルすぎてメインブラウザにはちょっと(汗) やっぱりFirefoxのごってごての重装備(意味不明)に、慣れきっちゃってるんでしょうねぇ(苦笑)

や、でも、Movable Typeの管理画面、めっちゃくちゃ使いやすいんですよ。Google Chromeでアクセスすると。これはいい事に気づきました。Ajaxばりばりの管理画面なんで、Firefoxだとちょっともたつく感じがあったんだけど(それでもFirefox2の頃に比べれば雲泥の差なんですけどねぇ)、Google Chromeだと全然もたつかない。これはいいですね。

と、自分の感想を述べてみたところで、感想の書かれているテキストをピックアップしてみようかなぁ、と思いました。 本日は「感想としては」をキーワードに、何かに対しての感想が書かれたテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

Google Chromeでぐっときたポイントいろいろ | IDEA*IDEA Google Chromeでぐっときたポイントいろいろ | IDEA*IDEA

あ、さっそく百式田口元氏のブログIDEA*IDEAのエントリがGoogleにインデックスされてますよ(笑)

自分もGoogle Chromeでちょっと遊んでみたあと、このエントリを読みました。てか、他のレビューもチラチラッと読んでみると、Google Chromeはシンプルっていうのは、たくさんの人が感じているようですね。

他に茅須が気になった感想はこのあたりに。

個人的には3つ目に関連エントリとしてピックアップさせてもらった踊る大捜査線FANSITEさんの更新日記に爆笑しました。

軽い軽い!すげー軽いよ!
そりゃ軽いよ!何にもできないもん!

本当に閲覧に特化したブラウザですよね。これ。や、開発者向けでもあるんでしょうけど、ウェブ閲覧している人の、いったい何パーセントが開発までしているのかと(^^;

話戻して。ここにも書かれている通り、いちばん嬉しかったのは普通に日本語対応って部分ですね。ほら、IEやFirefoxやOPERAで、GEEKな人たちみたいに開発版から使おうとすると、ぜったいに英語バージョンじゃないですか。もう、その時点で脱落ですからね、茅須みたいな日本語脳の人間は!(爆笑)

よそでもちらほら言われているように、これ以上Googleに支配されるのはちょっと……とは思うけどさ。茅須も。streetviewは個人的には反対派だしさ……。まぁでも、良いものは良いんだから、そこは認めないとなーとも思う訳。けっこう複雑だねー(意味不明)

前のめり日報: アクロスザユニバース 観た 感想です つんくみたいに怒られずに済みそう 前のめり日報: アクロスザユニバース 観た 感想です つんくみたいに怒られずに済みそう

映画アクロス・ザ・ユニバースを見た感想でした。一読「ゑ、そんなに面白いの?!」と。

いや、だって、茅須もビートルズにはヒトカタならぬ思い入れがありますからねぇ。この映画のことは知ってたけど、なんか、見たくなかったというか。

でもこの感想読んでたら、すっごく見たくなっちゃいました。

なんだろね、やっぱり他人、というかビートルズのふんどしを借りる感じのあるこういう企画はタタズマイっちゅうのが重要よね。

と、冒頭近くに書かれている上でのホメ言葉ですから、いうなれば、「タタズマイ」がちゃんとしているわけでしょ、ビートルズの名を借りるに当たって。そんなホメ言葉かかれてたら、そりゃやっぱり見たくなりますってvv

公開劇場情報|映画『アクロス・ザ・ユニバース』NEWS BLOGで確認してみたところ、まだ上映中のようです。次の休みにはちょっと都会に出てみるかなー(爆)⇒仕方ないじゃん ι 地元じゃ上映してないんだもん(>_<;)

CEATEC JAPAN 2007へ行ってきた。感想。 (treasuring misc.) CEATEC JAPAN 2007へ行ってきた。感想。 (treasuring misc.)

CEATEC JAPAN 2007に行ってきた感想を、多数の写真を交えて紹介しています。

茅須がこのエントリをピックアップしようと思ったのは、一通りの感想文が終わったあとに書かれていた

個人的な感想としては、「webだけに閉じこもってちゃダメだなー」と痛感したこと。日本人の平均web使用時間は1日あたり40分だけらしいんですが、毎日12時間くらいPCの前にいる自分がいかに特殊な人なのかと思いなおすわけで。

という文章に、思わずうんうんと頷いてしまったから。

いや、もちろん自分は12時間も貼り付いてませんよ。仕事もPCとかネットとか全然関係のない肉体労働者だしー(^^; でも、貼りつきたい気持ちはある、実は(爆) 仕事で全く関係のないことをしているからかな、自宅だとけっこうPCにかじりついている自分がいるんですよ。だから一日あたり40分しかネットに繋がってない人とかね、そういう人の感覚が全く分からないわけ。

こうやってたまに別の視点からものを見ることを思い出させてもらわないとなーと。いわゆる「世間」では、ネットに飛び込んでいく様な人間は少数派なんだってことを、ちゃんと自覚してないとダメだなーと思ったわけです。自分がそうなるかならないか、とか、そういう人の気持ちが分かるか分からないかは、また別の問題として。

自戒も込めて、ピックアップしておくことにしました。

素人のように考え、玄人として実行する / 金出 武雄 @sarunoie 素人のように考え、玄人として実行する / 金出 武雄 @sarunoie

素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)という本のレビューだったんですが、確かにこの本、タイトルが秀逸ですね!

そしてこのレビュー。べた褒めです。でも単に褒めてるだけじゃなくて、褒める理由がきちんと書かれているのがいいですね。

何よりこのレビューのおかげで「K.I.S.S.」という略語の存在を知ることができました。この略語の示す考え方がまた、いいんだ。この略語を知ることができただけでも、このエントリをピックアップできてよかったなぁと思います(^^)

Celestial Symphony | 【Column】CDレビュー考 rev.01 Celestial Symphony | 【Column】CDレビュー考 rev.01

このエントリでは個人がCD、音楽をレビューするときに気をつけたほうがいい部分について言及しているわけですが、この考え方は、書評とか、あるいはグッズ紹介なんかでも、有用なものだと思います。

あくまでも自分の感想でしかない、ということを自覚した上で書かなくちゃ、と。

そして、読み手もやはり、ここに書かれている感想はあくまでも個人の感想なんだ、ということを念頭に置いた上で、客観的に読みすすめなくてはならない、と。リテラシーの問題にも絡んできますよね。個人ブログに書かれている内容を鵜呑みにしちゃだめって事ですよ。読み手側の対応としては。

ネットが普及して、情報収集が容易になった分、読み手には収受選択する義務(権利じゃないあたりがミソ)が生じているわけですが、そこら辺まで考えている人ってあんまりいないんでしょうねぇ。てか、一日40分しかネットに接続しない人たちにそこまで求めるのは無理があるのか orz ⇒ 話を蒸し返してるし(^^;

これは現時点では割と深くて広い溝って感じがするんですけど、どうなんでしょ ι

立会い出産(立ち会い出産、立ち合い出産?)感想 – 涙目で仕事しないSE 立会い出産(立ち会い出産、立ち合い出産?)感想 - 涙目で仕事しないSE

ものげっつリアルな体験談ですよ、これ。出産に立ち会うまでと立ち会ってからの男性側の心理が、手に取るように迫ってくる良文です。

最初は立ち会い出産を渋っていただんなさんが、実際に出産となると、

助産婦からの「立ち合い出産を希望していますか?」の問いに自然と、「希望してます。」の返事が出た。とにかく、ここで「NO」と言う返事はあり得ないと思った。

と答えてしまったように、やっぱりその場の空気というか、いざ生まれる!となると、奥さんを一人、分娩室に送り出すなんて、できなくなるものなんですねぇ。

それから、出産前に立会い出産を敬遠してる感じでも、陣痛室でうんうん唸ってるパートナーをみつつ、これからいざ分娩室行きだとなった時、「立ち会いますか?」と聞かれると自然に「ハイ」と言えてしまう気がします。なので、もし事前に立会いするための準備など(講習受けるとか)ある場合は、そのとき多少気が向かなくても、とりあえずいつでも行ける状態にしておくことが大事なのだと思います。最終的な決心は分娩室に入る直前でも良いのですから。

この締めの言葉がまたリアル。これから結婚する男性、奥さんが妊娠するかもって男性、いやいや、なんの予定のない人でも、こういった予備知識は大切です。ぜひ、御一読を。

かくいう茅須とて、小梨のバツイチでさらに今後もそういう予定がないにもかかわらず(自爆)、このページの情報は大事だなぁとSBMにもブクマしちゃいました(^^;


Home > [か] > 感想としては

Search
Feeds
Meta

Return to page top