Home > [あ] > 侮れない

2009年
01月09日
(金曜日)

侮れない

※この記事の読了時間は:約 5分11秒です。

先日アップした間違えてというエントリにて、「コンダラ」の話題が出たんですが、コメント欄にてお友達ブロガー現代用語のクソ知識2009のsoupさんから日本コンダラ製鉄株式会社というネタサイトの存在を教えていただきました。

てかsoupさんコンダラ【こんだら】ってエントリあげてるしvv(爆笑)

そのエントリで知ったんですが、コンダラってWikiPediaにも掲載されてるんですね?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

「コンダラ」はネタを通り越してすでに固有名詞として定着しているのだなぁ。

そんなこんなで世の中侮れないことばかりだと思った次第。ネタは広がるわネタサイトすでに存在してるはWikiPediaにもネタ項目があるわで、驚きの連続だったのですよ。ええ。

というわけで、本日は「侮れない」をキーワードに検索、自分の想像を超えていた驚きの書かれたテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

侮れない「しりとりゲーム」 – 「上六話し方教室」事務局だより – 楽天ブログ(Blog) 侮れない「しりとりゲーム」 - 「上六話し方教室」事務局だより - 楽天ブログ(Blog)

これを読んで思い出したのが、吉野朔実氏のまんがに収録されていたコミックエッセイ。締め切りに追われると頭のネジが2~3本飛んじゃって、アシスタントさんと気分転換にと始めたしりとりが思った以上に白熱してしまう、というものだったんですけど。

「しりとりしましょう」
「よし、しりとり。り」
カちゃん人形のバラ売
ムジンに乗った瓜売
オ・デ・ジャネイロで盆踊
メンバー・パール・ハーバーは日本の勝
スボン特急のキップ切

これが以下延々と続くのですね(^^; 最後には「や、やめよう、しりとりは。真剣になりすぎる!」となるわけです。

かようにしりとりは条件を限定すればするほど困難を極めるもの。子供の遊びとあなどれないものです。条件次第じゃすごい頭の体操になると思います(^^)

侮れない年代 侮れない年代

わかる、わかるわー。50~60歳くらいの人って、見かけによらずみんな音楽かじったりするのよね。外見じゃまったく想像できないのに、妙にギターが上手かったり。

かくいう茅須の父親も、音楽をやってる(やってた)なんて話を聞いたことなかったのに、茅須がギター買ってきた時に「わしも昔はドラムを叩いとった」とか言い出して、びっくりしたことがありましたよ。どうりでウチにジャズのレコードがごろごろ転がってたわけだよ。押入れの中にしまわれた大量のジャズレコードを眺めつつ、こんなもの誰が聞くんだろうとずっと思ってたのよねぇ。あれは父親の趣味だったのだと後で合点がいった次第です。

まぁその父親も亡くなって久しいのですが。こういう趣味趣向って、やっぱりDNAのなせる業ですかねぇ。

受験倍率と精神衛生(2) – 英ゼミの塾長日記 – 楽天ブログ(Blog) 受験倍率と精神衛生(2) - 英ゼミの塾長日記 - 楽天ブログ(Blog)

ライバルを想定することで勉強のためのモチベーションをアップさせるための方法なんですけど、そのライバルの想定方法が!ものすごいリアルなんですよ。

他人を意識してもしょうがない、という見方もありますが、競争相手を意識することでもうひと踏ん張りできる、という場合もあるし、どちらにせよ想定しているライバルも架空のものである以上、最終的にはやはり自分自身と戦っているわけですよね。

受験や勉強以外でも、有効な考え方の一つになると思います。もちろんこの方法を取り入れる人のタイプにもよるでしょうけど……。

ニトリは侮れない!|目指せ結婚生活!家具・インテリア探訪記 ニトリは侮れない!|目指せ結婚生活!家具・インテリア探訪記

自分も初めてニトリに行った時はびっくりしたものです。なんとなくニトリは安かろう悪かろうというイメージだったから。

自宅近くにニトリができたときに気まぐれに行ってみたら、イメージより全然いいものが揃ってるんですよ。しかも安い。値段が値段だからまぁ長持ちしなくてもしょうがないなぁと思いつつクッションとか買って帰ったら、これが案外丈夫で長持ちなんでそれもびっくりしたものです。

まぁ全部が全部というわけでもないだろうし、自分の当たったアイテムがたまたま良い物だっただけかもしれないけど。

どちらにせよあの手のお店は見ているだけでも楽しいので、ついついウィンドウショッピングに出かけちゃいますねvv

夫婦ふたりっきり☆日常の戯言 » 侮れない!100円スリッパ 夫婦ふたりっきり☆日常の戯言 » 侮れない!100円スリッパ

これは100円のスリッパが侮れないというより、健康サンダルが侮れないのでは?

そんな茅須も健康サンダル利用者です。100円のじゃないけど。茅須の履いてる健康サンダルは1800円もしたけど。何でそんな値段かというとリラックマの健康サンダルだからなんですけどorz

というわけで、健康サンダルに用があったわけではなく、リラックマグッズだったから買っちゃっただけという健康サンダル、せっかくだから活用せねばと家でずっと履いてたら、足裏が刺激されてかなり気持ち良いんですよぅ///

健康サンダルは手軽だし身体が軽くなったように感じるし、ほんと、おすすめです。


Comments (Close):2

soup 09-01-10 (土) 0:20

「コンダラ」がwikiにあるのに気がついたのは、そのまま「重いコンダラ」でググってみたらあったので驚いたと言うことなのでございます(^^;)

ネタがネタを呼んでヒントに帰っていく。コンダラのように回転するネタの輪廻転生と申せましょう(大嘘)

しかし「勘違い」もここまで大勢が間違え、継続されると新語として定着してしまうと言う・・・日本語って、いや日本人ってかな~りテキトーな民族なんですねぇ(爆)
それともこれも「継続は力なり」ってこと?(違)

茅須まいる 09-01-10 (土) 0:53

>soupさん
コメントまいどありーvv(笑)

>そのまま「重いコンダラ」でググってみたらあったので驚いた
うあああああああ、悔しいっ!(>_<;) 検索遊びやってるくせにその発想が出てこなかったとは!!!orz こんな悔しいのは久しぶりですよぅ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

> ネタがネタを呼んでヒントに帰っていく。コンダラのように回転するネタの輪廻転生と申せましょう(大嘘)
この表現!相変わらず吟遊詩人っぷりが炸裂してますね(用法不適切)

流行語って、流行しちゃうから定着しないじゃないですか。逆説的ですが。一世を風靡して、そのまま忘れ去られちゃう、みたいな。逆に流行語になったわけではなく、じわじわと残った言葉って、そのまま定着しちゃう部分がありますよね。
ほら、我々の出会いのきっかけでもある日本語は変化するものという、あれですよ、あれ。
そのうち本当に「日本コンダラ製鉄株式会社」が創業されるかもしれませんね(ニコニコ)

Home > [あ] > 侮れない

Search
Feeds
Meta

Return to page top