Home > [し] > 情熱的に

2009年
01月19日
(月曜日)

情熱的に

※この記事の読了時間は:約 4分37秒です。

自分の好きなものを情熱的に熱く語る人が好きです。暑苦しいくらい何かに熱中している人を見ると、それだけで元気を分けてもらえそうな気がします。

茅須は天邪鬼なんで、そういう人にたまに冷水ぶちまけてやるんですが(そして友達をなくすことが多々あるvv……orz)冷水ぶちまけられても懲りずに更に情熱的になる人と接してると、これはホンモノだ!とその人と更に深く付き合いたくなるのです。

この、他人を測るクセは直したほうがいいのだろうか、と思いつつ、相手を見極めるための天秤的な役割を果たしている部分もあるので、改める必要もないような気がしてます。敵も多いけど味方も多いのが身上です。

……あれ、なんか話が飛んでるような(^^;

そんなわけで本日は「情熱的に」をキーワードに検索、どういった物事に情熱を注いでいる人たちがいるのかを探してみようかと思います。

“空気入れ”で情熱的にカルメンを演奏 | YouTube動画スポット

うひゃひゃひゃひゃ、こ、これは可笑しいvvv

YOUTUBEのいろんな動画を紹介しているブログなんですが、この動画、演奏してる二人が真剣なだけに、本当に可笑しいんですよvv まぁとにかく見てください。

そうそう、えっちくさい系統が好きな人には同ブログ内の情熱的に愛し合いたい人の為のキステクニック講座をおすすめしておきますvv

この手の動画紹介サイト、最近よく見かけるようになりましたが、こういった動画を探してくる情熱もまた、すごいですね。管理人さんの探索能力に頭が下がります……。

空のつぶやき: 情熱的に見えるけど、実は温和? 空のつぶやき: 情熱的に見えるけど、実は温和?

ここで紹介されてるCOLORSTOLOGY、一時はてブとかでも話題になってましたね。

このエントリでは、自分も試してみたけどあまりピンとこなかった……と感想が書かれていました。

ついでなんで茅須の結果もさらしておきますかvv⇒

ざっと翻訳もどきしてみたら、けっこういいコト書いてあるんだけど、これは理想系かなぁ。こうだったらいいなぁとは思うんだけど、まだまだ、ここに書かれている境地には遠いですね(^^;

それより色が……ナニこのどんより系……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。  前日も翌日もすごく茅須好みの明るい色なのに、なぜ7月31日だけこんなどんより系……も、もとい、落ち着いた色合いなんだろう。明るい色がいいなぁ……クスン

エントリを書いたcooさんは、内容にばかり触れてましたが、この色で納得してるんでしょうか(^^;


なんでも評点:情熱的に愛し合っている最中に物を壊したり怪我をしたりで、年間損害総額700億円? なんでも評点:情熱的に愛し合っている最中に物を壊したり怪我をしたりで、年間損害総額700億円?

欧米人らしい結果ですねぇ(^^;

これ、2006年1月のエントリなんですが、イメージ的に、昔からずっとこんな感じだったんじゃないかと思っちゃいますね。そして今も状況はそんなに変わってないのではないかと。かように欧米人に対するイメージが固定している発想力の貧困な茅須です……orz

少なくとも日本で同じ調査をしたらこんな結果にはならないんじゃないかと思います(^^;

MAKE: Japan: 情熱的な統計家としてのナイチンゲール: データ視覚化の元祖 MAKE: Japan: 情熱的な統計家としてのナイチンゲール: データ視覚化の元祖

ナイチンゲールというと献身というイメージが強いんですが、その献身の裏には、献身を支えるための冷静な統計家としての顔があったのですね。

しかしデータ視覚化の元祖がナイチンゲールだったとは……

旧来の権威に統計とは究極的に無味乾燥なものであるべきとデータの視覚化を戒められていたという話は、いま読むと滑稽ですらありますが、権威とは旧来の方法を踏襲からこその権威なんだな、という感慨をもたらしてもくれます。新しいものに積極的にチャレンジ出来る人間は、権威にはなれないわけですね(ニヤリ)

鈴木めぐみの情熱的マンガ生活 鈴木めぐみの情熱的マンガ生活

うひゃ、これはすごいサイトを見つけてしまったvvvvv

ただの少女まんがレビューサイトかと思いきや、とんでもない。立派なデータベースです。

教えて!この作品のコーナーがすごい。本当に情熱的。いろんな人から情報が寄せられているからとはいえ、それらの情報をまとめ、往年の少女漫画に対する質問に的確に答えていくさまには、思わず頭が下がります。

往年の少女まんが大好き人間としては、これはじっくり目を通したいサイトです。リンク集に入れておくことにします!


Home > [し] > 情熱的に

Search
Feeds
Meta

Return to page top