Home > [ふ] > ブログを楽しむ

2009年
01月24日
(土曜日)

ブログを楽しむ

※この記事の読了時間は:約 6分30秒です。

最近、ブログに関する話題をピックアップしてないなぁ、とふと思いました。

このブログを始めた当初はブログに不慣れだったこともあって手探り状態だったので、キーワードにもいくつかブログに関することを盛り込んだりしてたんですが、すっかりふてぶてしくなっちゃって(爆)そういう方面の話をあまりピックアップしてないなぁと思ったんですよ。

そんなわけで、本日は「ブログを楽しむ」をキーワードに検索、どんなブログの楽しみ方があるのか、またブログを楽しむためにどんな風に考えている人たちがいるのか、そういう事柄の書かれたテキストをピックアップしてみようかと思います。

関連エントリはこちら。

教えて!ブログ侍☆ 教えて!ブログ侍☆

easy my webという無料ホームページスペース提供サイトがあるんですね。教えて!ブログ侍☆はこのeasy my web内で提供されているブログについてのオフィシャルブログで、ピックアップしたのは「ブログのお役立ち情報」というカテゴリでした。

ブログのセキュリティについて4回にわたってエントリをあげていたり、easy my web以外でブログをやっている人にも有効なコンテンツが多々アップされてます。ネタ詰まりを起こしたときの特効薬の話なんかもあるんで、中級者以上には「もう知ってるよそんなこと」と言われそうですが、ブログ初心者の方にはとてもいいコンテンツだと思います。

【このブログがすごい!】BLOG:We[love]blog~ブログを楽しむコツ~ 【このブログがすごい!】BLOG:We[love]blog~ブログを楽しむコツ~

うわぁ、また懐かしいエントリをピックアップしちゃったなぁ。2005年のエントリですよ。そして【このブログがすごい!】BLOGというブログはまだ元気に続いているんですよ。これは嬉しいですね(喜)

確かにブログは横のつながりができてからが楽しいんですよね。

茅須は自分から働きかける人間ではありませんので(根が横着で小心者なんです ι )、このブログでピックアップしたブログに黙々とトラックバックを送っているだけなんですが、トラックバックを見た相手がこちらのコメントを残してくれたりすると、思わず舞い上がってRSSリーダーに相手先ブログのフィードを入れ、再度気になるエントリを見つけたら、あの時ピックアップさせてもらった茅須でーす、とコメントを残したりします。先にご縁を作るためにトラックバックを活用しているって感じですね。いきなりコメントって、どうも敷居が高いんですよ。自分にとっては、ですけど。

トラックバックだったら確実に気付いてもらえる上に、相手が不快だと感じたら削除してもらえればいい。更にコメントだとそのコメントに返事はついたかなーと気になってしまいますが、トラックバックだったら何も言わずに消されても気にならないんですよね。この辺の心理は説明しづらいんですけど。

そんなわけで「自分は小心者だけどどこかのブロガーと縁が出来たらいいなぁ」と受動的に考えている人は、トラックバックを活用するのが良いかと思います。

とはいえ、そんなステキ機能を持っているはずのトラックバックも、最近ではスパムに侵されてトラックバックを受け付けないブログが増えてきているわけで。悲しい限りです。スパマーは絶滅して欲しいですね、ホントヽ(`Д´)ノ ぷんすか

Black Fish このブログをよりいっそう楽しむ方法 Black Fish このブログをよりいっそう楽しむ方法

あ、これはうまいなぁ。思わず拍手ボタン押しちゃった(笑)

隠しコンテンツというほど大袈裟なものじゃないんだけど、この注意書きを見た人だけが気付いて楽しめる、お楽しみ特典って感じがいいんですよ。行間をたくさん空けてインパクトを主張するブログやテキストサイトもあるわけで、このページを見てなかったら多分、隠してる部分に気づかないでスルーしちゃうと思うんで。

これはこれで閲覧者を上手くひきつける一つの方法ですね。こういう方法で閲覧者に楽しんでもらえたら、ブログ書いてる自分自身も更にブログを楽しめると思います(^^)

あいうえお順で無料ブログを紹介 あいうえお順で無料ブログを紹介

無料ブログ大百科というサイト内のワンコンテンツでした。

てか、このトップページ見てびっくりしたんですが、いま無料ブログ提供サイトって329種類もあるんですか?!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン……あ、海外も含めてか。それにしても膨大な量ですねf^_^; 本当にブログ戦国時代になってたんですねぇ(^^; こりゃ業者も大変だ。

このサイト、本当にリンク集としての役割しか果たしてませんが、これだけ膨大な数の情報を一箇所に集めてリンクしている、という、それだけで価値がありますね。リンク集に入れておくことにします。

見知らぬ世界に想いを馳せ : 書き手として、読み手としてのブログ 見知らぬ世界に想いを馳せ : 書き手として、読み手としてのブログ

エントリタイトルどおり、ブログに対する書き手と読み手の意識の差について考察しているテキストでした。

温度差は確かにありますよね。こうしてブログを書いている自分も、誰かのブログを読むときは読み手の視点になっているわけで、自分の中にすでに書き手の時と読み手の時の落差があることを考えたら、自分以外の人間が書いたブログを読むときには更に落差が生じているのは当然なんですよ。

あとは自分の中にそういった落差がある、という自覚があるかどうか、という問題だけなんじゃないかな。自分の中にもいろんな自分がいて、更に、自分と他人は違う、という意識を持っていられるかどうか、ここがブログを続けられるか続けられないかの分かれ目になってるような気がします。

ブログを書いてるのも人、ブログを読んでるのも人、ってことですね。

だからこそ、自覚したうえで、過剰に意識することを避ける、アクセスがないとか反応がないとか、相手の都合に振り回される考え方を止めて、自分がどこまで楽しめるか、ブログってある意味、禅問答みたいなところがあるなぁと、そんなことも考えてしまうのでした(笑)

それだけに、反応があったらめっちゃくちゃ嬉しいのも事実なんですけどね。反応があったときに殊更嬉しいのは、ふだんそれを意識してないからこその僥倖だと思ってます(^^)

そんなわけで、このブログに僥倖を与えてくださる皆さん、本当にありがとうございますm(_ _)mぺこり☆彡


Home > [ふ] > ブログを楽しむ

Search
Feeds
Meta

Return to page top