Home > [う] > 裏側に

2009年
02月16日
(月曜日)

裏側に

※この記事の読了時間は:約 5分59秒です。

何事かが起こったときに、つい事象の表面のみを見つめてしまい、個々の事情、裏側でなにが起きていたのかになかなか思い至れない、人間っつーのは目に見えるものを尊重してしまうきらいがあるなぁと、そんなことを考えさせられた一日でした。

揉め事というのは本当に精神力を消耗します……。精神力が消耗すると、体力というか、気力も一緒に奪われちゃうんですよねぇ。なにより意思の疎通がうまく行かない時がいちばんしんどいです。

こういうことがあると、思わずわが身を振り返ってしまうわけです。こんなこと書いてる自分が普段から裏側の事情に充分に忖度しているかというと、多分、出来てないと思うんで。

そんなわけで本日は「裏側に」をキーワードに検索、裏側で起きていた出来事について書かれているテキストをピックアップしてみようかと思います。

クイズ研 – 【問題】植物の葉の裏側に多くある気体の出し入れをする小さな穴を クイズ研 - 【問題】植物の葉の裏側に多くある気体の出し入れをする小さな穴を

クイズ研 – 1万問からすぐ遊べる、1問からすぐ作れるクイズサイトです!というサイト内のクイズの一つでした。このクイズは楽勝でしょう!(笑)

というわけで、一問答えて正解率100%と表示される、非常に気持ちのいい自己満足感に浸れる(爆)、そんなコンテンツでした。自信回復にいいですね、これ(たぶん勘違い ι )

が、トップページからクイズ研 – 小説というコンテンツに進んでクイズにチャレンジしてみたところ。10問で一息入れましょうという表示が出て、50%しか正解してなかったこの悔しさ!!!orz

いや、ライトノベルほとんど読んでないからライトノベル関連の問題に出て来れられるとお手上げなんです……( = =) トオイメ 野菊の墓とかたけくらべとか宮沢賢治とか、古典作品の質問にはパーフェクトだったんだけどなぁ。

自信回復にいいですね、という前言は即効、撤回させていただきます(爆笑)

「価値観の多様化」の裏側にあるもの 「価値観の多様化」の裏側にあるもの

2000年に書かれたコラムだったんですが、実際いま、こんな感じになってきてるなぁと感じてしまいました。

というか、更に進んで、「選択肢が多い」⇒「どれを選んだらいいのか分からない」⇒「不安」という段階をすでに越えているような。最近の若者は車も買わない旅行にも興味ない、なんてニュースがまことしやかに流れてきているところを見ると、どうやら不安を避けるためにあえて「選択肢が多い」⇒「だったら最初から何も選ばない」という状態を選び始めているような。

選択肢が多い=その中から選ばなくちゃいけない、と思うから不安なのであって(当然茅須もそういった思考回路に陥りやすい世代の人間の一人です^^;) 選ぶという行為を放棄するなら不安からは逃れられますね、確かに。

が、不安から逃れる代償に、喜びも放棄しているような気がするんですよね……。それはまぁ、何かを選ばなくちゃいけない、というルールに自分を当てはめてしまっている自分の立場から見るから、そう感じるだけなんでしょうけど……。

ピックアップして言及してみたはいいけれど、難しい問題ですね……( = =) トオイメ

怒りの裏側にあるもの☆ヒーリング☆伝統レイキのセルジュ・フォレスト-「輝きたいあなた」から「輝くあなた」へ  ~セルジュ・フォレスト~ 怒りの裏側にあるもの☆ヒーリング☆伝統レイキのセルジュ・フォレスト-「輝きたいあなた」から「輝くあなた」へ  ~セルジュ・フォレスト~

……思い当たる!!!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

精神世界系というか、スピリチュアル系のテキストは、茅須は個人的には大好きなんだけど、ブログというネットを通じて全世界に発信している場所(あくまでもスタンスとしてね)では、好き嫌いがすごく分かれるので、あまり取り上げないようにしようと思っているんですが。これはさすがにショックすぎてスルーできませんでした……!

心と身体の関係を考える時
腰痛の原因は
“怒り”だと言われています

……うん、去年ひどい腰痛に悩まされてた時期、茅須、すっごいいろんなことに怒ってたし、精神的な安定を欠いていたような気がする……orz いろんな事といいつつ、主に職場での出来事に関して、なんだけど。それ以外の関係ではわりとスムーズだったから、自分ではバランスが取れてると思ってたんだけど、それは錯覚だったのだなぁ。

最近は怒るというより振り回されることが多くて、諦めに似たものが湧き上がってるんですが。これは身体部位で言うとどこに対応するんですかね(大真面目)

こういうときに「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」というあの言葉が思い浮かびますね……逆もまた真なりで、精神的に苦痛があると肉体面にダイレクトに影響が出る、ということかな。

日々穏やかに過ごしたいものです。それが本当に身体を労わるってコトなんでしょうね……( = =) トオイメ

KA-TA-CHI: 裏側にある配慮や考慮 KA-TA-CHI: 裏側にある配慮や考慮

このエントリはあるテレビ局のキャットウォークを撮影した写真に、ちょっとしたキャプションをつけてるものだったんですが。

KA-TA-CHIというこのブログがすごくステキだったんですよ。それでどーしても紹介したいなぁ、と。

お仕事が忙しいそうで残念ながら2007年のクリスマスイブを境に更新がストップしているんですが、ログを辿るだけでも思わずウットリしてしまう素晴らしいブログでした。

当blogは、ちょっとデザイナー視点的なデザインとショップやインテリアの情報を中心としたblogです。

とプロフィール部分に書かれていたんですが、本当に、視点がステキな写真と、その写真に添えた着眼点が素晴らしいテキストが、相乗効果を発揮して、建築物というものを改めて見直すいい機会になりました。

ちょっといまからこのブログ読み込んできますんで、今日の更新はここまでです(笑)


Home > [う] > 裏側に

Search
Feeds
Meta

Return to page top