Home > [も] > 元を辿って

2009年
02月17日
(火曜日)

元を辿って

※この記事の読了時間は:約 5分6秒です。

原因が分かればすべて解決というわけには行かないけど、原因究明は二次被害を出さないためにもとても重要ですね。

そんなわけで本日は「元を辿って」をキーワードに検索、原因究明に腐心しているテキストをピックアップしてみようかと思います。

整理整頓のコツ | 一人暮らしのインテリアとコーディネートの決め方 整理整頓のコツ | 一人暮らしのインテリアとコーディネートの決め方

……茅須もモノを捨てられないタイプです……orz いつか何かに使うんじゃないか、と思って、つい溜め込んじゃうんですよね。でも結局使わないんですけど……( = =) トオイメ

それでも最近はましになったかな。本とCDやDVD、そしてリラックマ(爆)以外は捨てよう、と。本も極力、図書館利用して、よほど気に入って手元に置きたくなったもののみ、後から購入しよう、と。それでまぁ、はずれ本(苦笑)に当たってそれが場所をとる、なんてコトが徐々に減ってきたんですけど。

とにかく不必要なものを捨てて、スペースを作らないことには、整理整頓以前の問題で、振り分ける場所の確保すら出来ませんからねぇ。

徐々に意識し始めてはいるんですけど、それでもなぜか不用品て現れるんですよ。あれ、なんなんでしょうね(^^;

溜め込まない人、になる道はどうやらまだまだ、険しそうですヽ( ´ー)ノ フッ

「親川滝」水の元は・・・ 「親川滝」水の元は・・・

内閣府・沖縄総合事務局・北部ダム事務所という行政関係のサイト内にあるワンコンテンツでした。

いや、なんかURLに「go.jp」がついてたから、行政関係だろうとは思ってたんですが。思いつつもこのページ自体はえらく軽いノリで、軽いノリと言うか、子供向けのコンテンツみたいな雰囲気を醸し出していたから、一体どこのサイトからこのコンテンツは発信されているんだろう、と興味がわいてしまったんですね。

あ、実際にこのコラムを読むと子供向きって感じじゃなかったですけど。普通に旅行記というか探検記(笑)になってましたし。

こういう、滝の水源を探すの、夏場にやると気持ちいいんですよね! 都会はうだるような暑さでも、山間部に入ると徐々に涼しくなってきて、水源近くになると涼しいの通り越して肌寒く感じるようになりますから。それがまた頭をすっきりしてくれるというか、いい感じなんですけど。

夏の滝めぐり、大好きなんで(また兵庫県には手ごろな場所にいい滝がいっぱいあるんですよvv)今年の夏もまた行こう!という気にさせられました(^^)

dont[orange].but.jp: 名前ばかりがこだまする。 dont[orange].but.jp: 名前ばかりがこだまする。

なんか淡々と書かれているエントリだったんですが、それにつられて淡々と読み進めると、ふっとなんか引っかかるものがある。そんな考察系のエントリでした。

歴史書にも名前しか残ってないんですよね、結局……。その人がなにを成したのかはもちろん記されていますが、そこに付随しているのは名前だけなんですよね。なにを思ってそれを成したのかは、後世の人間が想像するしかないわけで。そう考えたら成したことに意味づけしているのも後世の人間であって、確固たるものは結局、名前だけ、みたいな。

淡々と書かれているのに、そういう、答えのないことを考えさせられる、実はけっこう深いエントリのように感じました。

僕はいま頭の中に住みついた名前をどうにかお払い箱にできないものかと思案しています。

……多分、無理でしょうね。名前ってイコール存在証明だから。その人が存在したことを知ってしまったので、それを消すことはできないでしょうね。茅須にも消したいと思う人はいるけどね…………( = =) トオイメ

無理して頑張ってないですか?:やまだのブログ 無理して頑張ってないですか?:やまだのブログ

身体を壊した人にしか分からない深い言葉ですね。本当に、健康が一番大事です。

でも健康な時ってそのありがたみが分からないんですよね……( = =) トオイメ

これをやらなくちゃ、あれもこなさなきゃ、と、自分を追い詰めないようにしなくてはいけませんね。倒れてからじゃ遅いですから。

茅須も自分が腰痛持ちになって初めてこの言葉が本当の意味で身に染みてます…………。

自作自演インタビュー 自作自演インタビュー

嘉来的世界 - 迷路 というサイト内のワンコンテンツでした。自己紹介をインタビュー形式で行ってしまうなんて、これは素晴らしいアイディアですね!

こういうアイディアを採用する際には、どのような質問を採用するかがキモになるかと思うんですが、この自作自演インタビューは、サイト閲覧者が知りたいと思われる情報がきちんと網羅されていて、とても効果的なインタビュー記事に仕上がってました。思わず真剣に全文読んじゃいましたもん(笑)

嘉来的世界 - 迷路 というサイトがまた、ペンシルパズル大好きな茅須の琴線をびしばしと震わせてくれます(喜) ちょっといまからここで遊びますんで、今日の更新はここまでです(爆)


Home > [も] > 元を辿って

Search
Feeds
Meta

Return to page top