Home > [わ] > 忘れられた

2009年
03月30日
(月曜日)

忘れられた

※この記事の読了時間は:約 3分32秒です。

休憩中にみんなで雑談していたら、なぜか昔の流行歌とかアイドルとかの話になりました。さすがに元祖御三家の話あたりはまったくついていけませんでした(滝汗) たのきんトリオくらいからかなぁ、話についていけたのは(^^;

……と書いたところで、すべて若い世代の人たちには???な話題でしょうねorz あああ、どーしてこう自分から年をばらすような発言を(爆笑)

かように流行が過ぎて忘れ去られた存在をふと思い出すと、なんとなく物悲しいような懐かしいような不思議な気持ちになるのでした。

そんなわけで本日は「忘れられた」をキーワードに検索、人々の記憶から風化したものを、あえて掘り起こしているものを探し出してみようかと思います。

忘れられた家 忘れられた家

設定チキンというサイト内の、廃墟探索コンテンツの中のひとつでした。

てかこの廃墟……(^^;

人が住んでいた痕跡が残りすぎてて妙にリアルで、閲覧しているだけでもものすごく後ろめたい気分にっ(>_<;)

家具や小物類を残したまま放置されてる空き家って、まさに忘れられた存在って感じですね。

gacha’s box – 新・忘れられた渓 gacha's box - 新・忘れられた渓

きれいな川なのになぁ。釣り人はただの川には興味なし、なんですね(汗) あーでも自分が釣り人だったらやはり同じような行動に出るような気がするorz そんなもんなのかも。

でも釣り人に忘れられた渓に自ら出かけたことで戦果をあげてるんだから、忘れられた場所にこそ、お宝が眠っているのかもしれないと改めて思っちゃいました。

余談ですがちょっと変わった面白い雰囲気の文章を書く人ですねvv こういう地が面白い文章書ける人が本当に羨ましいです……( = =) トオイメ

HuntingGirledCollective: 忘れられた不審物 HuntingGirledCollective: 忘れられた不審物

こ、これは……(焦)

物事には両面があるというのが良く分かる事例ですね。アナウンスをすることは必要だけど、無駄に不安をあおっている、というのはあるかも。

全然関係ないけど、なんか学校で先生が保護者の意見にがんじがらめになって身動き取れないとか、そういう状況を連想してしまいました(^^;

忘れられた神々 忘れられた神々

ようこそ洞窟修道院へ!というサイト内のワンコンテンツでした。

ロシアの歴史をいろんな角度から紐解いている、ものすごく情報量の多いサイトで、ピックアップしたこのページもあくまで補足なんですよ。メインコンテンツがどれだけ濃いか、この補足を読むだけでも伝わってくるというものです。

これはあとでちょっとがっつり読み込みたいですね。ものすごく時間がかかりそうだー(笑)

朝に忘れられた月 | sora he ** 朝に忘れられた月 | sora he **

短い詩が掲載されていました。

情景がリアルに浮かんでくる詩ですね。白んできた空に、まるで残像のように残っている月って、本当、確かにいろんな物思いを引き連れてきます。

雰囲気のある詩だったんでほかの詩も気になって、トップページを辿ってみてしまいました。最新の詩がやっぱな。。 というタイトルだったんですが、それが大阪弁の詩で、大阪弁をこんな風にきれいな詩にできる感性がすごく羨ましくなってしまいました。

今日ピックアップした他のエントリでもちょっと書きましたが、文章そのものに雰囲気があって魅力のある人が本当に羨ましいです……( = =) トオイメ


Home > [わ] > 忘れられた

Search
Feeds
Meta

Return to page top