Home > [こ] > 心待ちにしている

2009年
07月04日
(土曜日)

心待ちにしている

※この記事の読了時間は:約 3分32秒です。

最近、更新されるのを心待ちにしているブログがあります。空と雲のフォト日記です。

うつろいやすいという過去エントリでこのブログを紹介させてもらって、以来、RSSリーダーに登録しているんですが、淡々と三重の空を切り取り続けているだけのフォトログであるにもかかわらず、このブログを見ていると、自分が見ている空の情景なんてほんの一部分で、本当の空はこんなにも多彩な表情を見せてくれるんだなぁと、気持ちが穏やかになってくるんです、不思議と。ここ最近の一番のお気に入りブログです。

そんなわけで本日は「心待ちにしている」をキーワードに検索、どんな事柄を心待ちにしている人たちがいるのかを、探してみようかと思います。

ポーランド政府観光局公式サイト ポーランド政府観光局公式サイト

イースターエッグって、ポーランド語でpisanki(ピサンキ)と言うんですねvv これだけ楽しそうなイベントなら、子供たちが心待ちにしているというのも頷けます。

というか、茅須も卵に色を塗ったり糸や毛糸を利用してデコレーションエッグを作ったりとか、やってみたいですっ゜。゜|||o(>_<)o|||゜。゜じたじた

ハンドメイド大好きなんだもん……( = =) トオイメ

道の駅「四万十とおわ」 新聞バックについてのお問い合わせについて 道の駅「四万十とおわ」 新聞バックについてのお問い合わせについて

おおー、道の駅「四万十とおわ」さん、ここまでがっつりポータルサイト作りこんでるんですか!w( ̄△ ̄;)w 

ほかにもこれくらい作りこんでいる道の駅のサイトはあるものかと、とりあえず地元・兵庫県の道の駅を近畿  道の駅ナビ  道の駅一覧から辿ってみたところ、相生市の白龍城(ペーロンジョウ)や村岡町の本場但馬牛をお手頃価格で提供 > 道の駅 村岡ファームガーデン、養父市の但馬で泊まれる・温泉で休める道の駅|但馬楽座あたりがかなり作りこんでいる様子。てか村岡ファームガーデンと但馬楽座で紹介してる但馬牛の美味しそうなこと……じゅるり(違!)

最近車で遠出することもなくなってたから、道の駅のサイトなんて長いこと見てなかったけど、時代とともに進化してるんですね……!!道の駅は田舎の片隅にある最新から遠いもの、という認識を改めなくてはなりませんね(てかそう考えていたことが酷いorz )

で、ピックアップしたこのエントリ。リサイクル精神から作った「新聞バッグ」がテレビで紹介され、全国から問い合わせが殺到しているそうで、そのことに対するお知らせになっていました。四万十川新聞バッグレシピ|新聞バッグという紹介記事を見ると、このバッグとバッグを作成するためのレシピがセットで販売されているんですね。ハンドメイド好きとしてはものすごく興味あるんですが。……レシピだけ売ってくれないものだろうか(汗) それとも実物が目の前にあったほうが作りやすいのだろうか(悩)

思った以上に頑丈そうで、それがまた興味をそそります。別にエコには興味ないけど(本音)作って楽しそうなところに惹かれるんですよねぇ。見よう見まねで作ってみるかな。まったく違うものが出来上がったりして(^^;

交通ICカード一枚で世界中を旅する日を夢見る。 – 国土交通省 交通ICカード一枚で世界中を旅する日を夢見る。 - 国土交通省

国土交通省内にあったコラムというかエッセイなんですけど。これはどこをどう辿ってきたらこのコンテンツにたどり着けるんだろう???^^; 中学生か高校生の作文みたいな感じなんですよ、これ。

で、サイト内をうろうろしたら、国土交通省のどんなことが知りたいですか? – 国土交通省という広報誌告知のページがあって、URLからすると多分このコンテンツの一つなんだろうけど、この広報誌、今年の三月号で持って一旦休刊していて、バックナンバー辿っても全部PDF表示なんですよね……。ではこのエッセイだかコラムだか作文だかはいったいどこのコンテンツに属していたんでしょうか……( = =) トオイメ ちなみに最終更新日2008年12月25日になってます。

なんというか、どーして国の運営するサイトというのはこう、ユーザビリティ悪くて、いま自分がどこを見ているかが分かりにくいんでしょう……orz

あんまり腹が立ったんで、URLにある数字を一つ一つ削って辿りました(爆・暇人ですorz ) で、見つけました。作文の部 最優秀・優秀作品 – 国土交通省。やはり中学生の作文だったのですね。

何でこんなことにこだわるかというと、すごくいいテキストなんですよ、これ。実体験に沿って、ICカード一枚で移動ができるようになれば、こんなタイムロスをなくすことができるのにと書かれているだけでなく、現状のICカードの普及具合を丹念に調べているあたりが。

なので、こういうテキストは多くの人の目に触れて欲しいんですが、トップページから簡単にこのコンテンツにたどり着けないなんて、これこそタイムロスじゃないですかヽ(`Д´)ノ ぷんすか もったいない。

トップページに掲載されているコンテンツがどれもこれも大事なものであることは分かりますが、こういった率直な意見や気持ちの綴られたコンテンツにもさくっとアクセスできるようにしておいて欲しいと、そう思うわけです。いや、なにもトップページから直に飛べるようにとは言わないから、せめてツークリックくらいでどこにこのコンテンツがあるか分かる程度には。「無駄なことだって必要なんです」(©踊る大捜査線)


Home > [こ] > 心待ちにしている

Search
Feeds
Meta

Return to page top