Home > [や] > やってみなくちゃ分からない

2009年
07月19日
(日曜日)

やってみなくちゃ分からない

※この記事の読了時間は:約 8分25秒です。

時間帯によって仕事内容の一部が変わったりする職場なので、午前の部で主に働く人と、午後の部で主に働く人との間に、ちょっとした溝が出来ることがあります。本当にものすごく些細なことなんですが、その些細なことが積もり積もって妙な対抗意識が生じたりしますので、管理側としてはこのあたりの溝の解消にすごく気を使うことになります。

特に一方がなんとも思っていない事柄が、他方にとって大変迷惑な事柄になっている場合。なぜそれが迷惑になるのか、言葉で説明しても理解してもらえません。そして迷惑をかけられているほうが、一方的に悪意を募らせてしまいます。

なので、基本的にお互いが迷惑だと思っている行動が、なぜ迷惑なのかを体験してもらうことにしています。面倒な事柄です。当然反発もありますし、その反発は主導権を握っているワタクシにやってくるのですが(汗)こればかりはやらないわけにはいかないのですorz

なんだかちょっと愚痴みたいになっちゃいましたね(^^;

そんなわけで本日は「やってみなくちゃ分からない」をキーワードに検索、どんなことを「やってみなくちゃ分からない」と主張している人たちがいるのかを、探してみようかと思います。

恋愛と結婚と: やってみなくちゃ分からない 恋愛と結婚と: やってみなくちゃ分からない

ブログのタイトルが目を引いて(笑) さらにブログの説明文に

恋愛してた頃がなつかしいなんて言わないで

などと書かれていては、これはアクセスせざるを得ません。女心をどこかに置き忘れてきた(爆笑)茅須ですらそう感じるぐらいですから、けっこうぎゅっと気持ちをつかまれるコピーですね、これ。……いや、逆かな。ふだん、女心をどっかに置き忘れているからこそ、こういうキャッチコピーに惹かれるのかも(^^;

で、このエントリです。茅須も結婚するまではよく親に同じように言われていたものですが、最初に苦労はあったものの、まぁ、何とかなるものですね、ほんと。必要は成功の母、でしたっけ、そんな言葉もありましたしね。ぶっちゃけ、包丁一つまともに持ったことのなかった人間が、結婚⇒離婚後、ナニを間違えたか調理人になっちまったわけですからvvvvv

でもって親が口酸っぱく苦言を呈していた意味も体験して初めて理解したので、ほんと、やってみなくちゃ分からないものです。

エッセイ~ペット業界から熱く語れ! エッセイ~ペット業界から熱く語れ!

口癖が自分を創る、というのは、精神世界系や自己啓発系ではそれはもう耳にタコが出来るほどよく読んだり聞いたりする言葉なんですが、こんな風にすごい実例を見せられると、心から納得せざるを得ません。

この人はそんなこと、一っ言も書いちゃいないんだけど、行動した結果、自分の口癖から気づいた自分の本当の気持ちに、自分自身がびっくりして、その後、あっさりと方向転換している。この潔さもすごいです。

事業主たるもの、これくらいの潔さがなくてはやはり勤まらないんでしょうね。あと、奇麗事ばかりじゃないとは言うけれど、やはり、奇麗事としての理想をやはり大事にしている人のほうが、結果的にうまくコトが運んでいるんですよね、いろんな人たちを見ていると。

事業主でなくても、いろんな局面で決断を迫られるわけで、そんなときに、無駄に迷うことなく、自分自身を信じて方向転換もいとわない、そんな、潔い姿勢を持つ人に、心底あこがれます。

本を手に: ブログを再開します 本を手に: ブログを再開します

しばらくブログを休んで、見聞を広げてきたうえでの、気持ちの変化について書かれているエントリでした。

茅須もたまに、二年に一度くらい、このブログを何ヶ月も休んではまた再開するというのを繰り返してますんで、お気持ちはとてもよく分かりますvv リフレッシュって、ほんと、大事ですよね。

それに普段は本の世界に没頭しているけれど、たまには五感を使わないといけないと感じて、それを行動に移したというくだりも、なんだか他人事じゃありません(^^; 普段は仕事と家の往復で、仕事に出かける以外はほとんど引きこもり状態の人なんでorz ものすごくライブに行きたくなるのは、多分、その反動なんですよ(苦笑)

自分の目で実際に見る、ということの大事さも、いろいろと痛感してますし。素敵な写真がたくさん掲載されていましたが、やはり、写真だけではない、本物を見て空気を感じることには、得がたい魅力と気付きがあります。

ものすごく卑近なところで先日お台場のリアルガンダムを見てきたわけですが、あれだけYouTubeに動画が大量にアップされ、いろんなサイトやブログでこれでもかというほど見てきた報告がなされ、かつ、写真も大量にアップされているにもかかわらず、やはり、自分で現地に立って初めて、本当のすごさを感じることが出来たわけですし。潮風の香りを感じながらその巨大さに圧倒されてきた、なんて、いくら言葉を尽くしても、写真や動画で一部分だけ切り取っても、どうしたって伝わらないものなんですよ。

行動って、本当に大事ですね。大事というか、やらないと損ですね。どんな些細なことでも、自分が本当にそれに興味があるなら、そのことに関して行動しないのはもったいなさすぎます。時間は限られているからこそ、なおさら、体験の少なさはもったいないと思います。

クレーンゲームの景品は、800円以下のものしかクレーン。 (^ε^) – Syoroomの読書部屋 – 楽天ブログ(Blog) クレーンゲームの景品は、800円以下のものしかクレーン。 (^ε^) - Syoroomの読書部屋 - 楽天ブログ(Blog)

このエントリで最後に紹介されているyahoo!のニュース、茅須も読んだんじゃないかな、確か。クレーンゲームの話となると、リラックマ好きでたいがい貢いでいる自分としてはスルーできませんから(^^; もしかしたら別のニュースサイトだったかもしれないけど。

ン千円も投資してやっとゲットしたアレとかコレとか、原価は全部800円以下なんだなぁ……と、思わず部屋中を占拠しているリラックマたちをぐるりと見渡し、そっとため息をついたことを思い出します…………( = =) トオイメ

いや、どれもコレもお気に入りだし、どうしても欲しくてそれだけの金額を貢いだわけだから、当然、後悔はありませんが。技術があればもっと少ない金額でこれらのものをゲットできたんだろうなーと、自分の技術力不足にため息をついたのですよ(苦笑)

……って、自分はいったい何を極めるつもりなんだ?!(自爆)

クレーンゲームって、店の方針で大きく違いますよね。
やってみなくちゃ分からないけど、
ぜってぇつかめねぇやつとか。 (^ε^)

そうそう、設定がすごく辛いヤツと甘いやつとあって、こればっかりは実際に小銭を投入してクレーンを動かしてみないことには分からないんですよね(>_<;)

リラックマはまだまだクレーンゲームでは人気アイテムなので辛い設定の台が多いのが悩みのタネです つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

体験に生きるか想像に生きるか 体験に生きるか想像に生きるか

はてな匿名ダイアリーに寄せられた、無題の一文でした。タイトル部分はこの短いエントリの中で気になった部分を茅須がピックアップしました。

茅須も想像や妄想が大好きな人間で、基本的に引きこもり人種なので(^^; 想像に生きることに焦点を当てる気持ちも分かります。知らないからこそ想像が広がって楽しめるんじゃないかという意見にも一理あると思います。

逆に、そういう人間だからこそ、駆使する機会の少ない(滝汗)五感を総動員するような体験をすると、ものすごく自分の中でその存在が大きくなるし、体験したことで更に想像や妄想が広がるという側面があることも知っています。どんな状況においても想像しない人はしないし、体験に体験を重ねた人でも、想像力豊かな人はその先を更に想像するものです。

なので体験することに対して想像力が縮小してしまうのではないかという危惧は無用だと思います。たとえその体験がその時には失敗したと感じても、未来では新しい想像の種になって自分の発想力を広げてくれたりもしますよ。

あれですよ、宝くじは買わないと当たらないんです。行動や体験に、想像をはるかに超える魅力がみちていることも、行動して体験してみないと分からないものなんですよ(^^)


Trackbacks (Close):1

trackback from 臆病 09-07-21 (火) 20:10

やってみなくちゃ分からないことは理解しているんだけど、それでも臆病になってしまうのはなぜなのか、そのあたりについて触れられたテキストを探してみるべく、本日…

Home > [や] > やってみなくちゃ分からない

Search
Feeds
Meta

Return to page top