Home > [ま] > まるで魔法のように

2009年
07月29日
(水曜日)

まるで魔法のように

※この記事の読了時間は:約 8分51秒です。

数年ぶりにひどい頭痛に苛まれておりました。元々頭痛持ちではありましたが、この三日間ほどの頭痛の度合いは特にひどく、このままでは死ぬかもしれない……と、誇張ではなく本当にそんな気持ちになってました。

何でこの頭痛は何をやっても治まる気配がないんだろう、とハンマーでガンガンと頭を叩かれ続けているような状態で、腰痛改善のために毎週通っている接骨院への通院日だった今日、接骨医に現在の状態を相談してみたところ、腰痛だからと腰を庇いすぎて、他の部分がえらく強張っているじゃないかという指摘を受けてしまいました。

接骨医に首やら肩やら背中やら揉み解してもらうと、その時は(特に首筋が)痛くて痛くて周りの目も省みずぎゃーぎゃー喚いてしまった(滝汗)んですが、その後、三日間も頭部に居座っていた頭痛はきれいさっぱり消え去ってました。まるで魔法のようでした。

何をやるにも力が入りすぎている、もうちょっとリラックスしろというアドバイス。たまにそんな人間がいるんだよね、と接骨医が呟くと、周囲の人間がくすくす笑い始めました。ペン一本持つにも肩に力が入っている人間がいる、それが周囲の人たちには理解できないようでした。というか、本人はそんなにリキんでいるつもりのないところに問題が……もごもご ι リキんでいるつもりもないのに、妙にあちこちに力が入っている、というのが問題なんですよねぇ……( = =) トオイメ

そんなわけで数日間悩まされていた頭痛がまるで魔法のように解消され、やっとブログを更新できる喜びを表現すべく(笑)本日は「まるで魔法のように」をキーワードに検索、どんなびっくりな事例に遭遇した人たちがいるのかを、探してみようかと思います。

旅行者の体験談 — グラストンベリー トール : VisitBritain 旅行者の体験談 -- グラストンベリー トール : VisitBritain

英国のグラストンベリーという街の、トールに上った際に遭遇した神秘的な出来事の、まるで魔法のような情景に、これまでの現実主義者的な考え方を改めざるを得ないかもしれない、と独白している体験談でした。

これはまた見事に劇的な変化です。確かに目の前でこんなことを見せられた直後にこんな体験をしてしまっては、見えない力に対して懐疑的な人ですら、信じざるを得なくなるかもしれませんね。

関係ありませんが、ガチガチの懐疑主義者だった人ほど、自身が遭遇した神秘体験に捉われて、その世界の探求に乗り出す、というパターンって、けっこう話に聞きますよね。体験してしまった以上、信じざるを得ないし、信じざるを得ないのに、懐疑主義者・現実主義者がその体験を否定したがるのも体験上分かるだろうから、それだけに、自分の体験を普遍的な何かに還元したくなって、元々信じていた人たち以上に、その道を深く探求する羽目になるのかもしれませんね。

ギター・マガジン・ブログ: 空腹 ギター・マガジン・ブログ: 空腹

エントリタイトルからはこの流れになるとは想像できなかったvvvvv や、ちゃんと空腹の話もしてましたけど。最初の数行だけ(笑) えらく長いエントリの大半が、その昔、レコード全盛期に、地方で洋楽のLPを手に入れるのがいかに大変だったか、そこへやってきた洋楽の品揃え豊富なレコード店がどれほどの光明足りえたか、そういった思い出話が延々と綴られてました。

なんかもーねー、誰が私の思い出話をしろと?!とツッコみたくなるほど、どれもこれも身に覚えのある話でしたよー。いや、さすがに自分は坊主頭じゃなかったけど(^^;

LPレコードなんて、80年代初頭にはすでに風前の灯だったわけだし。なんというか、ダウンロードで簡単に気に入った音楽を購入できる人たちには、ここに書かれている音楽への飢えみたいなものって、理解しがたいものがあるんだろうなぁ、きっと。

それほど渇望して捜し求めて手に入れていただけに、当時の音楽には更に深い思い入れが生じちゃうんですよねぇ。いま、音楽にそこまでの渇望を感じている人たちっているんですかね……( = =) トオイメ

しかし見事なおじさん・おばさんホイホイなエントリでしたよ、これvvvvv あ、音楽・特に洋楽好きに限定されますけど(^^;

東京の魔法は名古屋では効かない-Suica | TOPPY.NET(名古屋) 東京の魔法は名古屋では効かない-Suica | TOPPY.NET(名古屋)

TOPPY.NET -トッピー ネット- | 名古屋の雑学満載という名古屋に関する情報サイトの中のワンコンテンツでした。エントリを最後まで読むと、このエントリタイトルがいかに秀逸かがよく分かります(大真面目)

あ、もちろんこのエントリは2007年のものなので、現在ではきっと名古屋でも東京の魔法が使えるようになっているのではないかと思いますが。……と書いてちょっと不安になった(焦)ので、慌ててJR東海のページで確認してみました。Suica・ICOCAとの相互利用|TOICA|JR東海……ああ、大丈夫ですね(笑)

余談ですが東京では切符を買っている時点で田舎者認定です。というこの文章、茅須もこないだ東京で痛感してきたですよ……orz や、普段から車通勤なんで、電車自体に縁がないんですよねぇ(^^; なのでICOCAも常備しておらず、Suica片手にすいすいと改札を抜ける人たちを横目に、ちまちまと切符を買って電車を使用したものです。

横目で見ているだけで、こんなに便利ならICOCAくらい先に手配しておくんだった!また地元でJR使うときには利用できるんだし!と思いっきり臍を噛んだ苦い体験談です。次にどこぞ旅行する際は、普段使わなくてもICOCAくらい用意しておこうと痛切に感じました。いまやICOCAは電車だけの話じゃないしね(^^;

羊飼いの魔法の棒切れ 羊飼いの魔法の棒切れ

世田谷新聞に掲載されたという松尾征治氏のエッセイを転載しているページでした。

イランのテヘランに在住していた頃、羊飼いが羊の群れを見事にコントロールしている様に何度か出会い、そのたびに感動していた松尾氏は、あるとき、羊飼いの少年が棒切れ一つで羊をコントロールしている様を見て、あれなら自分にも何とかなるかもしれないと思い、少年に棒切れを借り、羊の群れをコントロールすることに挑んでみたそうです。

結果は惨敗。いまだに少年にできたことが自分にできなかった理由を考えているそうです。

同じ棒切れを操って、同じような動作を繰り出してみたところで、経験に裏打ちされた実力にはかなわないものなんですねぇ。簡単に見えるからこそ、その裏側に余人には真似のできない何かがあるんでしょうね、きっと。

とても興味深い話でした。

ギター製作編その6-表面板の製作 ギター製作編その6-表面板の製作

5.3工房という手当たりしだい自作を試みる個人サイト内の、楽器製作コンテンツの中の一ページでした。ギター製作でしてよ、奥さん!(喜)

ていうか、他のページでは普通に説明してあるのに、何故かこの「表面板の製作」ページだけ、アメリカの通販番組風……妙なテンションになってます(笑) ざっとページを手繰らせてもらったんですが、これがまた美しいクラシックギターが出来上がってるんですよ……これは音色を聞いてみたいものです・:*:・(*´∀`*)・:*:・ウットリ

ギター製作以外にも5.3工房レザークラフトコーナーなどあり、DIYやハンドメイド大好き人間には見逃せないサイトでしたvv

かんたん収納ランド 収納格言(41~50) by シーベックス・インテリア かんたん収納ランド 収納格言(41~50) by シーベックス・インテリア

収納に関する格言!これは面白いまとめ方ですね(喜)

「まるで魔法のように」のキーワードに引っかかったのは、第四十七条「収納に魔法は無い」という格言でした。収納紹介番組など見ますと、まるで魔法のように見えるけれど、あれは魔法ではなく、どちらかといえばタネも仕掛けもある手品のほうが近いという話で、これからはそういう視点で収納番組を見ると面白いですよ、という提案になってます。

言われてみればそうかも。収納下手なんで、収納の達人を見ていると、茅須にも本当に魔法を使っているように見えちゃうんですが、あれは手品だと思えばタネや仕掛けの部分に自分の意識の重点も移りますね。

他にも第四十二条 「家はハード、収納はソフト」や第四十八条 「収納は消去法でする」などの項目も大変参考になる考え方でした。これは遡って全ての格言に目を通さねばなるまい……!!(握拳)

格言以外にも収納関係の情報が圧倒的な量、網羅されているサイトでした。これはいいサイトに出会いました!(喜) これだから検索遊びはやめられません(^^)


Home > [ま] > まるで魔法のように

Search
Feeds
Meta

Return to page top