Home > [た] > 特殊な体験

2009年
07月31日
(金曜日)

特殊な体験

※この記事の読了時間は:約 4分57秒です。

昨日のいざ~みるとというエントリで、座禅やら絶食やらの話題を取り上げたら、特殊な体験に興味がわきました。

まぁ座禅や絶食やらを特殊な体験と言い切ってしまうのもあれですが。というか、特殊な体験といっても人によって同じことでも特殊に感じたり特殊だと思わなかったりするわけですが。まぁそこは茅須が特殊と思うような事柄を取り上げるということで。

そんなわけで本日は「特殊な体験」をキーワードに検索、どんな特殊な体験をした人たちがいるのかを、探してみようかと思います。

関連エントリはこちら。

今日は、特殊な体験: 大助─★ヽ(・c_・`●)ノ★☆─ 今日は、特殊な体験: 大助─★ヽ(・c_・`●)ノ★☆─

うわー、この書き方、うまいなぁ。

どんな特殊な体験をしたのか、ひとっ言も書いてない……どころか、短い文章がポツリポツリと意味ありげにちりばめられているだけ……なのに!こんな書き方されたら、いったいどんな特殊な体験だったんだろうと、ものすごく気になって、気がついたらリンク先をぽちりとクリックしちゃってました(^^;

クリックしてみてなるほどと納得、確かにちょっと特殊ですね(笑) あーでもこの金額でこの特殊な体験ができるのかー。これはけっこう面白そうです(^^)

誰でも見れる! 簡単 幻覚実験!! 誰でも見れる! 簡単 幻覚実験!!

楽しい体外離脱というサイト内のワンコンテンツでした。サイトタイトルからして精神世界系の話をそれっぽく書いてるサイトなのかな、と思いきやさにあらず。ピックアップしたページの冒頭から

すでにご承知のように、当サイトでは「体外離脱は幻覚である」と主張している。 もちろん異論もあると思うが、とりあえずココでは議論は抜きにして、幻覚という現象について、体脱とは違った視点で考えてみたい。

なんて具合にカマしてくれるんですよ。これはサイト内をくまなく読んでみなくてはなりませんね!(握拳)

まだ全てのページに目を通してはいませんが、ピックアップしたページに関しては真剣に読んでみたところ、幻覚という特殊と思われる体験も、実は日常生活の中で頻繁に経験しているという事実と、この技術を応用して意識的に幻覚症状を引き起こすことができることを、順序だって解説されています。

このページを読むだけでも、茅須好みの読み逃せないサイトだということが分かりますvv 早速リンク集に入れておくことにします!

『実践ウェブショップ』  ~ ワンランク上のネットショップづくり ~ 『実践ウェブショップ』  ~ ワンランク上のネットショップづくり ~

傘の心斎橋みや竹という傘専門のショップサイト内にあった、心斎橋みや竹サバイバルストーリー 「負けへんでぇ」なるコラムコーナーの中の一文でした。「ウェブショップ成功への道」というメルマガ内に掲載されていた「実践ウェブショップ」というコーナーテキストのバックナンバーなんですね。

このテキストをピックアップしようと思ったのは、たとえ話のあまりのうまさに、思わず「なるほど」と納得させられてしまったからなんですよね。まさに関西商人の説得術がふんだんに取り込まれたテキストですvv

だっていきなり「ウェブショップマスターは漫画家だ」ですよ? ゑ?!と思いながら読み進めると、ストーリーも絵も構成も全て自分でやらなくてはいけない漫画家と、サイト構成を考えて導線を配置し、日々コンテンツを作り出していかなくてはならないウェブショップマスターは、なるほど、確かに似た面があるかもしれない、と思わされてしまったんですよね。

これ、茅須が説得に弱いタイプだったから納得させられたわけじゃないと思います!(握拳) 懐疑的なあなたはぜひ、元テキストを読んで茅須のように説得させられちゃってください(笑)

困った客?! 困った客?!

マジェイアのカフェというサイト内のマジェイアの魔法都市案内というマジックを扱うコンテンツ内にあった、マジックに関するコラムでした。

マジックを始めた頃に陥りがちな体験についての質問メールへの返答という形で、なぜそういうことになるのか、どうすればその状況を回避できるのかを、順序だてて分かりやすく解説してくださってます。

これ、マジックに限らず、他の事柄でも、初心者の頃にはよく陥る罠(笑)なんじゃないかと思うんですがどうでしょう。習いたてでびくびくしているから、そのびくびくしている感じが、相手にも伝わってしまって、悪く言えば「舐められてる」状態になってしまうんじゃないかと。本人は堂々としているつもりでも、やっぱり雰囲気で伝わっちゃうものなんですよね。不思議と。

結局は場数を踏むしかないんですが、場数を踏むためにいかにしてハッタリをかます(笑)か、そういうことが書かれてまして、他の場面に当てはめ、いろいろ想像しながら、興味深く読ませていただきました。とてもよいテキストでしたので、皆さんもぜひ。


Home > [た] > 特殊な体験

Search
Feeds
Meta

Return to page top