Home > [そ] > 尊敬してしまう

2009年
08月03日
(月曜日)

尊敬してしまう

※この記事の読了時間は:約 6分15秒です。

このブログでもよく雄たけび(笑)を上げているように、茅須はインストアコギデュオDEPAPEPEのファンです。そりゃテクニックだけ取ったらもっと上手いギタリストはいくらでもいるし、超絶テクニックとかにも素直に感心してしまいます。でもテクニックだけでファンになるってもんでもないんですよね。

ただ、テクニックのすごいアーティストというのは、それだけで尊敬してしまう部分はあります。もちろん、才能もあるだろうけど、才能を確固たるものにするためには、それなりの修練が必要なわけで、才能と修練が合わさって、それが花開いている形、というものに対して、やはり尊敬の念を抱かずにはいられません。

そんなわけで本日は「尊敬してしまう」をキーワードに検索、どんな人に対して尊敬の念を抱いてしまうものなのかを、探求してみようかと思います。

PSI!WEB – 巡礼の地 PSI!WEB - 巡礼の地

茅須も毎日更新している絵日記ブログとか、素で尊敬してしまいますので、この気持ちはすごくよく分かるかも。自分もチラッと絵を描くけど、それで毎日更新とか、絶対無理だし。描くの遅いのが原因なんですが。

そんな自分ですら、絵をまったく描かない友人に、描けることは尊敬すると言われたことがあるし。描けることはってのがミソですが。それは人間的には尊敬できないってコトですか?!(自爆) ……もとい(汗) その友人に言わせると、まず描こうという気が起きない、描こうと思う時点で描く気がない人間とは頭の回路が違うんだって。そんなもんなんでしょうか。

が、彼女は楽器が上手かった……そりゃもう腹の立つくらい(苦笑) 上手い上に何でもこなす、楽器に関しては才女でしたねぇ。自分はギター大好きにもかかわらず、ギターを弾きこなすにも四苦八苦していた人間なので、ギターどころかベースもドラムもキーボードもこなせちゃう彼女を、自分もやっぱり尊敬してました。そういうものなのかもしれません。

ここで語られている絵に限らず、なんでもそうだけど、すらすらとできるその人の裏側には、毎日の積み重ねと修練がある、ということを知っているからこそ、余計に相手を尊敬してしまうんでしょうね、きっと。自分も何かにチャレンジした人だけが知ることのできる、積み重ねの力って、やっぱりありますよね。なんでも演奏できた彼女にも、きっとそういう裏の積み重ねがあったんだと思います。

行き着くところはいつも同じ 行き着くところはいつも同じ

相手のどんな部分に尊敬の念を抱いてしまうかで影響の受け方が変わってくる、という話でした。

ここに書かれていること、すごく分かるなぁ。包括的な意味での「技術的」なことだったら、尊敬の念を糧に自分ももっとがんばればあの境地に!って思えるんだけど、生来的なもの、性格的なものに対しての尊敬の念は、影響のされ方しだいで、今度は自分の軸がぶれちゃったりするんですよね。相手を尊敬しつつも自分の軸をぶらさないことが大事なんだけど、なかなか難しかったりするし。

影響を受けるというか、ただの模倣になってしまうことが危険なんですよね。同じ人間は二人要らないわけで、自分の軸を確立しつつ、良い部分の影響は受けて自分の許容値を広げていく、というのが理想なのかもしれません。

独身30代の梓が『しあわせ』を斬る!:自己無価値感に悩む人の尊敬する人は尊敬に値しない – livedoor Blog(ブログ) 独身30代の梓が『しあわせ』を斬る!:自己無価値感に悩む人の尊敬する人は尊敬に値しない - livedoor Blog(ブログ)

……うわ、ここに書かれていること、人が陥りやすい罠みたいなものに、自分自身、はまり込んでいたことがあったなぁ、と、ものすごく痛い気持ちになってしまいましたorz

エントリタイトルからは分かりにくいんですが(汗) このエントリは、自分嫌いな人は自分を認めてくれる(振りをする)人を尊敬してしまいがちなので、そういう意味で騙されやすい危険がある、という啓蒙テキストでした。

構って欲しいと強く思っている人間ほど、他人には構ってもらえないものです。それより、自分の足でしっかり立っている人間には、その人から働きかけなくても人が寄ってくるものだし、まずは自分の足で立ちましょう、一人で行動できるようになりましょう、という、至極まっとうなことが書かれています。

とくに女性は集団行動が大好きなので、若い頃ほどこういう罠にはまりやすいんですよね……自分自身の経験に照らし合わせても。

まずは自分がしっかりすること。これが一番大事ですね。

おしゃべりBOX1月号 大人のオンナ化計画 おしゃべりBOX1月号 大人のオンナ化計画

うう、茅須も整理整頓の上手な人、尊敬しちゃいます…………( = =) トオイメ

掃除嫌いというわけじゃないのもこの人と一緒ですね……単に整理整頓が苦手なだけなんですよ(滝汗)自分でも原因は分かってるんです。モノが多すぎる、これに尽きます。整理整頓しようにも、そのためのスペースが圧倒的に足りないので、掃除とか片付けとなるとただ詰め込むだけになってしまい、必要な時にそれを取り出すためにまた散らかす羽目になる、とorz

捨てられない、という感情の整理のほうが大事なんですよね。結局は。コレクターの悩みは結局、ここに行き着くのです……ヽ( ´ー)ノ フッ⇒開き直ってどうするorz

M&F&C M&F&C

要約すると「『平等』と『全て同じ』は違う」という話でした。

ここに書かれている男女間の差異もそうだし、老人と若者の体力的な問題も、根っこには同じものがあると思います。

それらを踏まえたうえで、その差異をコミュニケーションの中に適切に組み込める人を、思わず尊敬してしまうことが書かれていました。

他人と自分は違う、ってことを、日常生活の中で、きちんと感じ取れる人って少ないものじゃないですか。もちろん茅須自身含めてですけど(汗) だからこそ、違いを認める、その違いを受け入れたコミュニケーションをとることこそが、一番、相手を尊重することにつながる、そんなことを考えたエントリでした。


Home > [そ] > 尊敬してしまう

Search
Feeds
Meta

Return to page top