Home > [て] > 適切な

2009年
08月10日
(月曜日)

適切な

※この記事の読了時間は:約 6分27秒です。

昨日のエントリまとめてにも書いたとおり、読書三昧な日々に突入しております。

一番最初に読了したのはコーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくるという伊藤守さんの本で、コーチングを日本に持ち込んだ第一人者の本だけあって、豊富な事例と分かりやすい言葉遣いで、ぐいぐい引き込まれて一気に読了してしまいました。

今でも何度となく開き、大いに活用させてもらっている本の一つであるすごいやり方にも通じるんですが、適切な質問を投げかけることがいかに大事かを再確認する思いです。

そんなわけで本日のキーワードは「適切な」とし、どんな適切な事例が紹介されているのかを、探し出してみようかと思います。

pya! 適切な喩え pya! 適切な喩え

ネタがエロいので18歳以下は閲覧禁止ですよwwwww(爆笑)

てかエネルギー充填120%をイコール爆発と捉える最初のレス主の感性がすでに間違っていると思うんですが!コメント欄でもお盆の帰省列車で、乗車率150%とか言っても、爆発はせんでしょう。と指摘されてて、このたとえのほうが適切だと思っちゃいましたよ(笑)

や、でもネタになったたとえはたとえで、男性にしか想像できないたとえという意味では、含蓄深いものがありますね。これまたコメント欄にすでに指摘がありますが、同僚様の一人がAカップのオパイを、別のもので充填して、Bカップのブラに入れていることは知っています。てな具合に、女性なら逆の発想をしちゃうだろうから。

視点が違うとネタになるものも違うんだなぁ、と、思わずニヤニヤしてしまいました( ̄ー☆

適切なお箸の長さ 適切なお箸の長さ

R2o式便利ツール(『わりかん電卓』など)・お役立ち情報という個人サイト内のワンコンテンツでした。これは面白雑学ですね!(喜) 同ページ内で適切なお箸の長さを計測できるのも嬉しい配慮です。

大人になったら標準の箸を使っても問題ないし、別に不自由ないけど、成長過程の子供たちの手は日々、大きくなっているわけで、そして子供用の箸ってけっこう長さがまちまちだったりしますから、こういうサイトの存在を知っていると、親御さんも楽しく子供のお箸を選べるようになるかと思います(^^)

ページ下部に余談として書かれていた「咫(あた)」、知りませんでした……orz これも一つ、雑学を仕入れられてラッキーでした!

このサイト、管理人さんがJavaScriptの勉強のためにいろいろ作ってみたというツール郡がとても面白いものばかりでいろんな用途に使えますので、そちらもぜひ、参照してくださいまし♪

自分に適切な負荷をかける【サムスル 渡邉裕晃:社長ブログ 【時の運と人の縁を極める日々の記録】】 自分に適切な負荷をかける【サムスル 渡邉裕晃:社長ブログ 【時の運と人の縁を極める日々の記録】】

丁度いま、これを少しずつ、体感しているところです……。自分の場合、ここで例に挙げられているランニングではなく、腰痛改善のために始めた体操で、なんですけど。

先月、やっとお役ごめんとなって、接骨院への通院が終了したんですが、それを終える時に、接骨医にくどいほど念を押されたのが、伝授した三つの腰痛改善体操を必ず続けること、でした。それをやめちゃうとまたここへ通う羽目になるよ、と。

で、その腰痛改善体操、教えられてすぐに始めたんですが、始めた当初、他の部分にものすごい負担がかかっていたんですね。腰痛がましになってきたら背筋が張っちゃったりとか極度の肩凝りになったりとか。あと、筋肉痛も起こしましたっけorz

まだ接骨院に通っている時に、こういう症状が出てくるんだけどーと接骨医に相談したら、力みすぎ、と笑いながらヒトコトで一蹴されてしまったわけですが、それでも続けなさいと言われたんですね。

今になってみるとその理由がよく分かります。その理由が、このエントリでは、もっと簡潔に分かりやすく綴られていました。読みながら思わず「そうそう」と声に出してしまったくらい(笑) とくにこの部分、

いつもより負荷がかかると、
過度な負担や損傷が起きます。

すると人間の体には、それを回復させようとする動きが起きます。

この時、実は「回復」を超える「超回復」という現象が起き、
以前の状態にまで回復させようとするだけでなく、
以前の状態よりも、
さらに強い状態にまで成長させようとする動きが発生するそうです。

まさにいまそんな感じなんですよ。最初は負荷がかかりすぎてあちこちに余波が生じていたのが、どうやら「超回復」現象が起こってきたらしく、あんなに酷かった肩凝りも、最近はめっきり感じなくなってきましたし。

本当に、体験に勝る納得はありませんね。この納得感を得るためには、とにかく体験してみるしかない、まさに、卵が先か鶏が先かって感じの話ですね。このテキストにそのあたりの事実を後押ししてもらったみたいで、ちょっと嬉しかったのでした(^^)

適切な選択:Chromeplated Rat:So-net blog 適切な選択:Chromeplated Rat:So-net blog

WIRED VISION – “アカルイ”未来を考えるニュースサイト内の「V型8気筒鉛筆削り」と「丸ノコ・ピザカッター」 | WIRED VISIONという記事をを紹介しつつ、V型8気筒エンジンに感じる男のロマンみたいなものを語っているエントリでした。こういうジャンクアイテムっぽいものに、男の人は激しく反応するみたいですねー(笑)

いや、茅須もこういう圧倒的におばかを極めたアイテムは大好きですけど、多分、大好きの意味が違うような気がします(大汗) 茅須はあくまでもネタとして大好きなだけで、「V型8気筒鉛筆削り」をお題にここまで面白おかしく話を広げたりできない……(悔)

コメント欄がまた盛り上がっているのが、なんというか、みんな本当にこういうネタ好きねぇと感じさせてくれます。だって「V型8気筒」は男のロマンとして理解できるけど、後ろにつく言葉、「鉛筆削り」なんですよ!(爆笑) そこから何をどう間違ってこんないろんな方向に話が膨らんでいるんだろう。これはやっぱり、この紹介記事の話の膨らませ方がすごく上手だからなんでしょうね。

その盛り上がっているコメント欄で紹介されているURLも見逃せないものばかりでしたので、このページにアクセスしたら、隅から隅までチェックされることをお勧めします♪


Comments (Close):2

soup 09-08-10 (月) 22:57

ひょっとして「餌」かなと思ったので、期待通りに?
釣られてあげます(爆)

V8エンジン。確かに男の子、それも車好きには独特の響きに聞こえますね。数あるエンジン形式の中でも、V8とか直6(直列6気筒)とかは、「エンジンの中のエンジン」。つまり「男の中の男」みたいな完成度の高さを表現するものなんですね。

私のようなレース好きなら、どうせなら「フォードコスワースDFV」とか「ゼテックR」とかF1エンジンの系統なら(価格にもよりますが)必ず「買い」の衝動を覚えますねぇ・・・(^^;)

もひとつおまけに「V6ターボ」ってのも「V8」や「V10」「V12」にはステイタスで劣るものの、マニアックな響きがたまりません。「HONDA V6ターボ(RA168E)」あたりのエンジンサウンドが再現されていたら、目の前の家財道具をヤフオクで叩き売ってでも欲しくなることは間違いないのです(^^;)

ターボ車特有の高回転の「キーン」という金属音が混じるエクゾースト。非ターボ(NA)勢のV8,V10、V12の野太さと繊細さを併せ持つサウンドも捨てがたいなぁ・・・・

とまぁ、釣られた魚は案の定おしゃべりですいません(^^;)

茅須まいる 09-08-11 (火) 0:34

>soupさん
あ、バレました?(爆)<ひょっとして「餌」かなと思ったので、
F1大好きなsoupさんならきっと食いついてくれるだろうと期待してました(笑)
そして期待通りの熱い語り、ありがとうございます!

>目の前の家財道具をヤフオクで叩き売ってでも欲しくなることは間違いない
とくにこの部分。本当に好きなんだなーって伝わってきます!

マシンにはとんと疎い茅須ですが、そんな茅須でも、車のエンジンから伝わってくる心臓に直接語りかけるような振動は大好きだし、それらに心酔する人たちの熱い語りも大好きなので、これからもsopuさんの熱い語り、期待してますー♪
コメント、ありがとうございましたー(^^)

Trackbacks (Close):1

trackback from 分かりやすく 09-10-05 (月) 20:10

本日は「分かりやすく」をキーワードに検索、どうすれば分かりやすく伝えることができるのか、ウェブの世界からヒントを探し出してみようかと思います。

Home > [て] > 適切な

Search
Feeds
Meta

Return to page top