Home > [て] > 手軽な楽しみ

2009年
08月15日
(土曜日)

手軽な楽しみ

※この記事の読了時間は:約 6分17秒です。

お盆ですね。みなさまお盆休み期間を有意義に過ごされているでしょうか。茅須は今日も元気にお仕事です(´・ω・`)シュン

お盆というと茅須など墓参りのイメージしかない(今日も出勤前に墓参りして来ました)のですが、イメージ的には「夏期休暇」期間の色合いのほうが濃いですよね。墓参りそっちのけで旅行に出かけたり連休を満喫する人のほうが多いんでしょうねー。

ただ、盆正月はふだん顔を合わさない親族一党が一堂に会する(本音はともかく建前上は)貴重な機会でもありますし、そこは大事にして欲しいなーと個人的には思っていたりするんですよね。めったに顔を見ない従兄弟やはとこの顔を見て、彼らの近況を聞いたりというのも、ささやかで手軽な楽しみだったりしますから。ふだん見えない、でも自分に関連のある人たちのちょっとした変化や近況を知るというのは、やはり楽しいものですよ。

おばさんのたわごとを並べてみましたが(苦笑) そんなわけで本日は「手軽な楽しみ」をキーワードに検索し、どんな事柄に手軽な楽しみを見出している人たちがいるのかを、探してみようかと思います。

おいしい入れ方 おいしい入れ方

お茶の立石園トップページというお茶の販売店内にあるコンテンツの一つで、お茶に関する豆知識を扱うカテゴリの中のテキストでした。

お茶と一口に言っても、いろんな種類があるし、淹れ方に気を使うだけで、味わいも違ってくるんでしょうねぇ。お茶、けっこう好きでよく飲んでますが(というか、メインが珈琲なだけで、紅茶も煎茶も大好きなんですよ……このエントリ更新のお供もアップルティーだし)、ここまで淹れ方に気を配ったことはなかったかも(汗) 美味しい淹れ方を知っているのと知らないのとでは味に差が出るものだし、本当に美味しいものを知らないかもしれないわけで、そう考えたら、けっこう損をしているのかもしれませんねorz

いろんなコツが書かれていますが、もっとも大切な点はたった一つ。渋味が出るのを避けるために熱湯は使わないということ。これに気をつければ、あとはここに書かれている基本を参考に、自分好みにアレンジしてけばいいということで、それだったら普段は珈琲党の茅須もちょっと宗旨替えしてお茶をいろいろ試してみようかなって気になりますね(笑)

Enjoy Outdoor PAGE_How to Enjoy Outdoor PAGE_How to

アウトドアを手軽に楽しんでみよう、という趣旨のコラムでした。

茅須は基本的にインドア派の人間ですので、アウトドア、という言葉だけで、つい、身構えてしまうんですよね(滝汗)

が、気軽に楽しんでみようと提案しているだけあって、かなりたくさんの「アウトドアな楽しみ」が紹介されており、これだったら、インドア派の人間でも、一つや二つ「これなら自分にもできそうかも……」と思えるものが見つかるのではないでしょうか。

とりあえず茅須は次の公休日に天気良かったら「サイクリングしてこよう」と思いましたね!⇒感化されやすいヤツですorz いや、サイクリングをいままでアウトドアだと思ったことなかったんだけど、こうやって取り上げられていると、なるほどこれって充分アウトドア体験ではないか、と思えたんですよ。で、サイクリングならけっこう好きだし、これなら気軽にできそう!と乗せられてみることにしたんですよ(笑)

こういうことがきっかけになって、インドア派の人間だって、アウトドアな趣味に目覚めるかもしれませんよ?( ̄ー☆キラリーン!!

京都まにあ/水に遊ぶ夏 京都まにあ/水に遊ぶ夏

京都も川が多いですよね! 夏は海より川(それも渓流)に限ると思っている茅須にとっては、このコラムは思わず大注目ですよー!だって海より断然涼しいし!あ、もちろん涼しいのは渓流に限りますけど(^^;

そんなわけで、市内でできる夏場の手軽な遊びとして、川遊びが紹介されているわけです。まずは市街地の分かりやすいポイントを紹介、その後、市街地を離れた場所にある渓流を紹介しています。この紹介の仕方がまたいいですね!渓流はホント、涼しくて、大人向けのポイントですから(笑)

賀茂川と高野川が出会って、鴨川と名を変える三角地帯にあるという飛び石は茅須も一度飛んだことありますよ!もう○○年も前になりますか……京都在住の友人が他の地方の友人たちを引率(爆)して、市内の人間しか知らないようなお勧めスポットをつれまわしてくれて、その時に。あれは友達とわいわいやるから楽しいんですよね。一人だとちょっと寂しいかも(´・ω・`)シュン

こういう、地元の人が勧めてくれるお勧めポイントは、話を聞いただけでは首を傾げたとしても、行ってみれば必ず紹介に足る理由が分かるものなので、市民じゃないけど近距離、って人は、躊躇せず足を運んでみるべきです♪

面倒臭い感覚細胞 面倒臭い感覚細胞

どんだけ話があちこちに飛んでるんだー(笑) ……いや、つれづれエッセイみたいなものだから、こんな風にあちこちに話が飛ぶほうが面白いのか。実際、このコラムというかエッセイというか、とにかく雑文を読んでいる短い時間に、茅須、とても楽しませていただきました(^^)

オーストラリア在住の管理人さんが運営しているAPLaC/オーストラリア・シドニーの生活全般、留学・ワーホリ情報&サポートというサイト内のワンコンテンツで、このサイトは、外国人として現地でどのように暮らしていけばよいのかの情報が、かなりの量、網羅されている、充実したサイトです。

翻ってこの雑文が掲載されているシドニー雑記帳/今週の一枚というコンテンツ、確かにシドニーのことにもたくさん触れているんですが、本当に雑記帳で、どれを読んでも話があちこち飛んでるんですよ(^^; なのにその話の飛びっぷりがいっそ爽快で楽しくて面白いんです。この爽快感は、あちこちに話が飛びながらも、最後にはちゃんと着地している、文章の気持ちよさにあるとみました!

ぜひこのコンテンツにアクセスして、かなりの量ある充実した雑記をつれづれと読み進め、最後の着地点における爽快感を、多くの人に味わって欲しいと思います(^^)


Home > [て] > 手軽な楽しみ

Search
Feeds
Meta

Return to page top