Home > [な] > 眺めてみると

2009年
09月06日
(日曜日)

眺めてみると

※この記事の読了時間は:約 5分30秒です。

過去エントリを眺めてみるといろいろ新発見があって、自分でもすごく面白いんですよ。あの時期の自分はこんなことを考えていたのか、とか。

自分のブログだけじゃなくて、他の人のブログの過去エントリも面白いです。時事問題とか、そのころの流行り廃りが近い目線から見られるのが面白いんですよ。これはニュースサイトなどの過去データベースを覗くのとはまた違った面白さだと思います。

このブログを長く続けられている理由は、やはり、いわゆる個人ニュースサイトが取り上げているような新鮮な情報じゃないけど、キーワードが共通するという括りだけで、過去現在のエントリが同一の質でもって並べられる、という、検索遊びの特性が活きているゆえもあるかもしれません(^^)

そんなわけで本日は「眺めてみると」をキーワードに検索、どんなものを眺めてみた人たちがいるのかを探してみようかと思います。

科学のふしぎ 科学のふしぎ

秋田大学工学資源学部サイト内のワンコンテンツで、小中学生向けの科学記事目次ページでした。目次だけなんで、内容もちょっと見てみようかと、ためしに科学のふしぎ/服を着ると暖かいのはなぜか?をクリックしてみました。

……えーと。本当に小中学生向けのページなんですか?!(焦)

たんに茅須がおばかだからなのかもしれませんが、記載内容にまったくついていけませんでしたorz 図解とか図解とか図解とか(クドイ!)期待していたのが敗因なのかもしれません つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

東京 神田 看板建築ギャラリー 東京 神田 看板建築ギャラリー

うひゃあ!なんという垂涎モノのページ!!!(喜) アレですか、看板大好きで書痴の茅須を悶え死なせるためのページですか?!(穿ちすぎです茅須さん^^;)

というわけで、古書の街・神田神保町に残るクラシックな町並みの写真を、ちょっとしたコメントともに掲載しているページでした。

そういえば東京には何度か行っているのに、ここン十年ほど神保町に足を運んでないよ……(´・ω・`)シュン 古書といえばもっぱら阪急三番街のかっぱ横丁のお世話になってた……もちろんかっぱ横丁も魅力あふれる古書街なんですが、やはり書痴としては神保町をこのままスルーというわけには><

あああ、死ぬまでには、なんとしてももう一度、神保町には行っておきたいものです(大真面目)

百鬼夜行の町 百鬼夜行の町

あれ、このページ、みたことある……そう思って、ディープな京都と認知療法というトップページに飛び、サイト名をうちのブログでサイト内検索してみたところ、うずうずというエントリで取り上げていたことが分かりました。

取り上げていたのはこのサイト内の別ページだったんですが、このサイト、面白いと思ったんで、更新した直後に何度かサイト内をぐるぐるしてたんですよね。その時にこのページも見たんだと思います。茅須の記憶力も侮れないな!(爆笑)

このページ、京都の一条通り商店街のあちらこちらで見かけられるという、妖怪の看板の写真を、これでもかと紹介しているページです。正直言うと、初めてこのページを見たとき、いつの間に鳥取は境港市の紹介ページに足を踏み入れたんだ?!と勘違いしたほどです(爆)⇒ご存知でしょうが鳥取境港市はゲゲゲの鬼太郎を観光の目玉にしているので有名な地方都市です^^;

しかし京都で妖怪って、できすぎな感じもしますね(笑)

マンダラ塗り絵ギャラリー マンダラ塗り絵ギャラリー

Hikariと一緒に今日、幸せの種をまくという個人サイト内のワンコンテンツで、マンダラ塗り絵にチャレンジした作品集を展示されていました。

と、書いたところで、「マンダラ塗り絵ってなんだ?」という疑問が沸き、リンク先をクリックしてみたところ、マンダラ塗り絵という書籍があるのですね。それもこれ一冊じゃなくて、カラーリング・マンダラとか脳いきいき 心を癒すマンダラぬり絵とか、かなりの数のマンダラ塗り絵シリーズ本が登場している様子。寡聞にしてまったく知りませんでした……(´・ω・`)シュン

掲載されているマンダラの数々を眺めていると、えらくカラフルでポップで、そしてキュートな感じがするんですね。ああ、これはどの色を使うかで自分のありようも明らかになる、そんなツールなのかもしれない、と思い当たりました。

すごく面白そうなので、一冊くらい買ってチャレンジしてみようかな、という気にさせられました。本当に影響を受けやすい人間です(苦笑)

紙幣のいろいろ by Seiichi Arai 紙幣のいろいろ by Seiichi Arai

海外出張から帰った時にポケットに残ったコインや紙幣を、
あらためてその図柄を眺めてみると、その国の文化や歴史
があらわれていて興味深いなと思い、貨幣(コイン・紙幣等)
の収集を始めました

というわけで、世界中のいろんな地域の紙幣が紹介されています。これは興味深いですよ!思わずクリックしていろんな国の紙幣を眺めてしまいました(^^)

一番目を引いたのはオランダの50ギルダー紙幣で、これはヒマワリの象られたきれいなオレンジ色の紙幣でした。……って茅須どんだけオレンジ好きやねん……orz

ざっと見た印象なんですけど、南国の紙幣ってえらくカラフルで元気なイメージなんですよね。こんなところにも国民性とかいろいろ、現れるているのかもしれませんね(^^)


Home > [な] > 眺めてみると

Search
Feeds
Meta

Return to page top