Home > [う] > 裏側から見て

2011年
02月18日
(金曜日)

裏側から見て

※この記事の読了時間は:約 3分37秒です。

絵を描くと、裏側から透かしてデッサンに狂いがないかを確かめるわけですが。

裏側から見ると、同じ絵のはずなのに、まったく違って見えることがあるんですよ。

それはデッサンが狂っているからだろう?というツッコミはごもっともですが(滝汗)それ以外に、見る位置を変えると受ける印象が変わるといいますか。

それって別に絵に限らず、現実もそうだよなーと、ふっと思いました。自分の立ち位置を変えたら、同じ現実も違って見えたりするわけですから。


そんなわけで本日は「裏側から見て」をキーワードに検索、視点を変えることで得られるものにどんなものがあるのかを、探し出してみようかと思います。

立体射影による世界地図 立体射影による世界地図

ものっそい凝視してしまいました!

「赤道上に視点を置いて地球を自転させた」アニメーションだそうで、その動きはあくまでもダイナミックでありながら美しく、思わず見入られてしまいました。

背景のどれかの円に視点を固定して動きを追うと、地球の自転をダイナミックに感じることができますよ。ぜひ、この美しさを体感してみてください!

ハリウッドサインを裏側から見てみると……?!(Excite Bit コネタ) – エキサイトニュース ハリウッドサインを裏側から見てみると……?!(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

え、あそこ、遊歩道になってるんだ!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ハリウッドサインって、写真で、しかも遠景でしか見たことがなかったから、ふつうにお散歩できるコースになっていることがとても意外でした。

観光客はいるにはいても、日本人は皆無だったというのは、単にみんなそこに上れることを知らないからでは……と思ってみたり。宣伝活動とか観光誘致政策とか、やっぱり大事なんだなーと、的外れな感想を抱いてしまったですよvv

イタリアのピサとフィレンツェ、ベネチアの世界遺産を旅行する イタリアのピサとフィレンツェ、ベネチアの世界遺産を旅行する

これこそなかなか見れない写真では。ピサの斜塔といえば、みな正面から、それも自分が支えているふりをして、写真を撮りたがるものだし!(笑)

それにしても、ピサの斜塔は傾いているから価値があるのであって、真っ直ぐでも、倒れてしまっても、その価値は減じるわけですから、斜塔と斜塔足らしめるために、裏側にこんな工夫が凝らしてあったのですねぇ……。

しかし、裏側から見ても本当にすごい迫力で傾いてます……何とかこの傾きを保ち続けてほしいものです(-人-;)

丸い虹と飛行雲 丸い虹と飛行雲

どういうサイトのページなんだろう?時になってトップページをたどってみたら、第17期航空学生同期会という、海上自衛隊関係者のサイト内コンテンツの一つでした。

なるほど、書かれている内容に、「上空ではまん丸に見える虹」とか「実は近くで見ると飛行機雲はあまりきれいではない」とか体験を踏まえたリアリティが溢れているのは、当然といえば当然ですね。

最後の一文にぐっとつかまれてしまいました。

アナログ レコードプレーヤー風 CDプレーヤーの製作への道のり3 アナログ レコードプレーヤー風 CDプレーヤーの製作への道のり3

うわぁ、本物のハンドメイドだぁ!!!

こういう、モノづくりをしている職人さん的な人のページを見ると、血沸き肉躍るのはどうしてでしょう?!ゑ、そんな特殊な反応するのは茅須だけですか?!

思わずトップページをたどり、MGS/エムジーエスを見てさらに目を見張る……どんだけいろんなものを作ってるんですか?!

自分の手を動かして、自分の思い通りになるものを創り出すのが、本当に好きな人なんだろうなぁ///ぽっ

一度工房をのぞかせていただきたいものです……


Comments (Close):2

soup 11-02-19 (土) 20:08

デッサンの確認は鏡を使うと簡単ですよ(^^;)透かせない厚紙でも確認できますし。
また、デッサンの基礎練習には上下反転させた物を描くのもいい練習になるようです。つまり概念として記憶されている「配置」「バランス」を初期化して「如何に目に見えるままを書き写せるか」が試せるというわけ。
私自身そんなことをもうやらなくなって20年は経過しているので(爆)今やると全く見れたものではないでしょうが(^^;)

回転する地図は面白いですね、地図を描いた球の内側から見るとこんな感じに見えるのでしょう(像が逆ですが)普通なら奥行きに変換される周辺部分が自分を覆うようにかぶさってくる感じが新鮮でした。

手作りCDプレーヤーは驚くばかり。電気マニアらしいこだわりですが、最初から最後まで画像で記録しながら作るのもすごい。せっかちな私は作り出すと周囲が見えなくなるくらい夢中になるのでこんなことは苦手です(^^;)

2回目ならできるかも知れませんがねぇ・・・(^^;)

mairu 11-02-19 (土) 21:09

>soupさん
コメントありがとうございますー♪

えーとね、実は私、トレス台というものを持っているのですよ(滝汗)
なので、デッサンの確認は簡単にできるんですが、確認が簡単にできることと、修正が簡単にできることの間には、百万光年くらい、隔たりがあるようなのです……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
ご紹介していただいたような『基礎練習』というものをまったくやってこなかったことが敗因だろうとは思うんですが!(自爆)
道具ばっかり揃えて実力の底上げを疎かにしている、生きた実例と申せます(核爆)

回転する地図や手作りCDプレイヤー、どちらも気に入っていただけたようで、紹介した甲斐がありました!(喜)
わたしも電機はともかく(滝汗)折り紙とかはかなり複雑なのを作るんですが、作ってる最中って熱中しちゃって、過程を記録することってできませんねぇ><
過程を記録できる人って、回路が違うのかもしれないと思う昨今です><

Home > [う] > 裏側から見て

Search
Feeds
Meta

Return to page top