Home > [よ] > 予感めいたもの

2011年
03月01日
(火曜日)

予感めいたもの

※この記事の読了時間は:約 4分13秒です。

虫の知らせとか、なんとなく嫌な感じがするとか、そういう感覚って、誰でも一度は経験したことあるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。

第六感など自分にはない!という人でも、身内の生き死にに関わることになると、割と変な感が働いたり。……いや、茅須がそうだったんですけどね(^^;


そんなわけで本日は「予感めいたもの」をキーワードに検索、どんな場面で第六感の働いた人たちがいるのかを、探し出してみようかと思います。

5.oda 5.oda

ODA……自分にとっても全く知識のない分野だ><

なのになぜこのコラムを取り上げたいと思ったかというと、

この本が一番読みにくいだろうと不安を抱き、でも一番おもしろいだろうとの予感めいたものもあった。

この一文に深く共鳴したからです。

自分のとって「読みにくい」と感じる本は、実は読み返す率が高いし、その分、自分の根本的な部分に影響を及ぼす確率が高くなるような気がするんですよ。

茅須にとってのそういう本は、もう何度も書いてますが、リチャード・ドーキンスの利己的な遺伝子、ですね。

ミニ講話 宮司のいい話 ミニ講話 宮司のいい話

確かに、一番最初に思いついたことが、一番良い結果を招くというのは、よくありますね。同じ事柄を違う方法で何度も試してみたところで、結局は一番最初に試した方法に戻る。

それを「直感」と呼ぶのかもしれない。

あれこれ迷うなって話ですね……腰の重い茅須には耳に痛いです(^^;

アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマソング、TM NETWORK「Get Wild」: YouTubeで蘇る80~90年代邦楽名曲コレクション アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマソング、TM NETWORK「Get Wild」: YouTubeで蘇る80~90年代邦楽名曲コレクション

また茅須の趣味にがっつりはまるようなコンセプトのブログが(^^;

その上、ピックアップしたエントリがTM NETWORKの「Get Wild」を取り上げているとか>< どこのおっさんホイホイww←あ、茅須はおっさんじゃなくておばさんの方だからね!(滝汗)

どっちにしても自虐であることには変わるまい……( = =) トオイメ


もとい(焦) 茅須がTMを知ったのはYour Songでしたね。吸血鬼Dの主題歌だったからvv 初めてYour Song聞いたときにも、あ、なんかこのグループ、今までと違うな、って、そう感じたものです。でもその時はこのグループ、売れるかなぁ、先進的過ぎて誰もついてこれないんじゃ……って思っちゃったんですけどww

タイアップとか、メディアへの露出方法とか、そういうのが上手かったんでしょうね。いくらいいものだって、知ってもらえなきゃ売れませんからねー。

全然関係のない話ですが、TM NETWORKにはすごく感謝してます。彼らのライブに行ったおかげで、松本孝弘氏のファンになって、おかげでB’zをデビューから知ることができたんで(笑)

おもちゃ箱—人生の周期 おもちゃ箱---人生の周期

これは自分も思ってた。この人は9年周期でいろんなことが巡る実感があるみたいだけど、自分の場合は3年周期くらいの短いスパンで、いろんな物事が動き出す感覚がある。自分にとってのこの3年周期というのは、3年間派手にいろんなことにトライしたら、次の3年間はがくんと調子が落ちて隠遁生活になる感じかな。


今?調子の落ちてる時期ですね(苦笑) お察しのとおり、去年あたりからですね。まだ全然戻れる感じがしない。

けど、あと一年半か、二年くらいしたら、完全に調子を取り戻して、イケイケ状態に戻れるのも分かってるので、あんまり焦ってはいません。

若い頃はこの、自分に付きまとっている周期的なものの存在に気づけなくて、焦って足掻いて余計に悪い結果を招いたりしたもんですが。


こういう時は「今は調子が悪いんだ」という状態を受け入れて、淡々とやり過ごすのが一番だと、今では身に染みてますんで、けっこう淡々と過ごしてます。「何とかしなくちゃ」という気持ちは、実はものすごいストレスを引き起こすからね。

歳をとるというのはこういう、自分自身を知っていくという過程に他ならないのかもしれません(笑)


Home > [よ] > 予感めいたもの

Search
Feeds
Meta

Return to page top