Home > [と] > とても笑えない

2011年
04月03日
(日曜日)

とても笑えない

※この記事の読了時間は:約 4分14秒です。

昨日の今日でこのエントリタイトルはどうかと思いつつ(汗)

笑い話だけど、当人の受けたダメージを考えたら、とても笑えない、というか笑っちゃ悪い……そんな状況に遭遇したことはありませんか?

そういう時って、本当に対応に困るんですよね><

そんなわけで本日は「とても笑えない」をキーワードに検索、笑うに笑えない状況に遭遇した人たちの話を、いろいろ探してみようかと思います。

コトノハ – 置き直した箸が再び落ちる コトノハ - 置き直した箸が再び落ちる

ああ、なるほど、このお題についた×のコメントの一つですか。

確かにネタとしては「笑えない」んですが、けっこうあるんですよね、こういうの(焦)

というか、こんな不遇タイプは自分だけかと思ってたら、○を付けている人の方が圧倒的に多いというこの事実!

そうか、わたしひとりじゃなかったんだ、あの気恥ずかしい微妙な空気を体験しているのは……( = =) トオイメ

その事実だけでなんだか安堵してしまいました(涙)

『CSS使用における10の間違い』の内容よりも、挿入してる画像が笑った – 涙目で仕事しないSE 『CSS使用における10の間違い』の内容よりも、挿入してる画像が笑った - 涙目で仕事しないSE

海外ブログのあるエントリで『CSS使用における10の間違い』というトピックが扱われていたにもかかわらず、それらにつけられたキャプション写真のテーマがすべて「炎上中」だったという、笑っていいんだか悪いんだか、という記事を紹介してくださってました。

どんな状態かと思わずその海外ブログを見に行ってしまいましたよ!

こちらにURLを貼るのは控えますvv ぜひ、このエントリから、件の海外のブログに飛んでくださいvv

確かにひどい炎上中の写真ばかり。一目見ただけでは、このエントリがCSSについて触れているものだとはとても分からないでしょうね(^^;

面白いものを紹介してくださってありがとうございます☆

日本語を考えるエッセイ集3 日本語を考えるエッセイ集3

ことの葉という、教育の立場から日本語のあり方を考えていくことを目的とした個人サイトでした。

とはいえ、ピックアップしたページは日本語を考えるエッセイというタイトルで、毎週ケータイメルマガとして配信されていた、短く読みやすい、親しみのある身近な言葉について取り上げているテキストで、思わずくすっと笑ってしまうユーモアにもあふれていました。

「とても笑えない」が登場したのは、このページの一番下【さむ!】という若者言葉についての短いコラム。いわゆるおやじギャグなどを耳にしたときに若者が発するあの言葉ですね(^^;

コラムの締めくくりの言葉がまた、哀愁を加速します。思わずオヤジギャグを口にしてしまうようなご仁は、このページを読んでぜひ癒されてください(-人-;)祈

元ネタ – アンサイクロペディア 元ネタ - アンサイクロペディア

なんというか、アンサイクロペディア渾身の記事って感じなんですが!

高度に発達したパロディはすでに芸術と言えますからね。アンサイクロペディアのこのパロディに対する指標は、パロディをいかにして芸術的な域にまで高められるかという、一つの挑戦にすら見えますねー。また、これらに留意し、これらを徹底的に磨き上げたアンサイクロペディアの記事が、パロディとして芸術的でないわけがないという事実もここから浮かび上がってきます。


アンサイクロペディアといえば、最近話題になった栄村大震災 – アンサイクロペディアという記事について、触れないわけにはいかないでしょう。

適度なユーモアを交えながら、しかし、熱を込めて、当初wikipediaどころかメディア全体から黙殺されていた(現在はwikipediaにも同種のページが存在します)事実を、カテゴリ:真実を書いてしまった記事 – アンサイクロペディアに含まれる記事として仕立てあげることで、メディアからも忘れられた悲劇を広く訴えかけたこの筆者の手法に、感嘆せずにはいられません。

もし、この栄村大震災 – アンサイクロペディアという記事をまだ未読だという人は、このブログほっといていいんで、今すぐ読みに行ってください。今すぐです。今すぐですよ。

大事なことなので3回言わせていただきました。


Comments (Close):2

soup 11-04-04 (月) 14:52

栄村大震災・・・そう言えば中越震災と同じ地域に地震があったニュースは聞いた記憶がありましたが、毎日のように起こる余震と周辺の「被害の少ない」連鎖地震(?)の中に埋没して全く忘れていました。

死者が出なかったことや、東日本震災と津波の被害に加えて原発事故とくれば、話題性の面で霞んでしまっても仕方が無いとは言え、マスコミの報道姿勢には改めて義憤を覚えますね。

「不謹慎」の総本山(?)であるはずのアンサイクロペディアで「真面目な話」が読めてしまうこと自体が、「笑えない状況」であることが痛いほど伝わってきます。

事態が収束すれば、この記事が本来のパロディに変わっていく日が来るんでしょうか?(^^;)
今はただ、そんな日が早く来ることを祈るばかりです。

mairu 11-04-04 (月) 22:30

>soupさん
コメントありがとうございます!
栄村大震災の記事、読んでいただけましたか。
この記事ははてブでも1500ブクマ以上ついてるんですが、まだまだ知られていないと思いますので、soupさんも拡散に一助を添えていただければ……と思います。
 
あと、文章だけではわかりにくい栄村大震災の惨状は
http://matome.naver.jp/odai/2130003171547749101
に写真が多数掲載されていますので、そこで確認できます。本当に大変な状態です。
 
この一事を見ても、マスコミの報道姿勢には本当に怒りを覚えるばかりです。
この記事が、アンサイクロペディアらしく笑えない記事から笑える記事に変わる日が一日も早く訪れることを、私も祈るばかりです。

Trackbacks (Close):1

trackback from 現代用語のクソ知識2011 11-04-05 (火) 13:36

埋没【まいぼつ】…

昨日、ブロ友の茅須まいるさんのたのしい検索ゆかいな検索で紹介されていたある記事に驚いた。 東日本大震災の翌日深夜長野と新潟の県境付近で発生した巨大地震をご存知だろうか? アンサイクロペディア:栄村大震災 長野地震(M)6・7被害の様子【長野県 栄村】 映像を見てもかなりの被害。死者が出なかったのが不幸中の幸いだったが、最大の不幸は東日本震災の約12時間後に起こったこと。そして東日本震災のほうがあまりに甚大すぎる被害を受けたこと。完全に忘れ去られた被災地「栄村」。 普段は「究極の不謹慎」さをモットーと…

Home > [と] > とても笑えない

Search
Feeds
Meta

Return to page top