Home > [こ] > こんなことってあるんだな

2012年
12月17日
(月曜日)

こんなことってあるんだな

※この記事の読了時間は:約 5分31秒です。

バラエティ番組など自らすすんで見るたちではないのですが。

先週の火曜だったか、食事時にかかっていたテレビでやっていたもてもてナインティナインに、坂本龍馬の兄から連なる家系の末裔という坂本さんが登場し、龍馬の末裔が選ぶ坂本龍馬を演じた役者ランキングなるコーナーが設けられていたのを、見るともなしにダラダラと見てしまいました。

3位が大河ドラマ龍馬伝にて龍馬を演じた福山雅治、2位がこれまた大河ドラマ新撰組!で龍馬を演じた江口洋介、そして1位が仁-JIN-にて龍馬を演じた内野聖陽。TBSの番組だから仕込みじゃねーのかと言ってしまえばそれまでなのですが(笑)その理由が内野さんの土佐弁が素晴らしかったとされては、納得してしまうというものでした。上記三作品とも視聴しておりましたが、実際、内野龍馬は素晴らしかったですしね(^^)ニコニコ

ワタクシ、過去エントリ好みの問題冒頭でも、内野龍馬の素晴らしさを語ってましたね、そういえば。どんだけ好きやねん……

あ、これは余談でした(ヲイww)

その坂本龍馬の家系の末裔という坂本さんの奥さんのエピソード、こっちが本題です。

なんと、新撰組局長近藤勇の家系に連なる方だそうですよ。

これには思わず「ゑ!」と声を上げちゃいましたよ。そんなこともあるんですねぇ……。

縁というものの不思議について思わず考えてしまいました。

そんなわけで、本日は「こんなことってあるんだな」をキーワードに検索、予想もしなかったミラクルな出来事を体験した人たちのテキストをピックアップしてみようかと思います。

関連エントリはこちら。


こんなことってあるんだな~♪ – みんなでいっしょに♪まりなりなぁ! こんなことってあるんだな~♪ - みんなでいっしょに♪まりなりなぁ!

あ、これは確かに遭遇したらびっくりするかも(笑)

でもこういう出来事に出会った日って、なんとなく一日運がいいような気がしてしまいますね。

まぁ何でも気の持ちようって部分ありますし、こういう些細なことで一日気分良く過ごせたらラッキーですよね(^^)


こんなことって、あるんだな。:2ちゃんねるまとめ こんなことって、あるんだな。:2ちゃんねるまとめ

うわぁ、情景が目に浮かぶようだ(^^;

なんで外人さん(つーか西洋人)を相手にするとつい身構えちゃうんでしょうね我々は(……と書くことで閲覧者のみなさまをみな一蓮托生にしてみようというテスト)

この話に登場する人のように、日本好きな外国人旅行者って、ちゃんと必要最低限の日本語はマスターしてたりしますし、そういう人たちに敬意を払う意味でも、やはり、勇気をもって日本語で!話しかける・受け答えするというのが、一番の正解かもしれませんね。


私がドリフトにのめりこむまで。そもそも何で女子の私がドリフトにはまったのか【車中毒夫婦が伝授する新車購入術】 私がドリフトにのめりこむまで。そもそも何で女子の私がドリフトにはまったのか【車中毒夫婦が伝授する新車購入術】

過去エントリ性格と価値観のコメント欄にて、男女の趣味の違いと共有について語り合ったことがあるんですが。

まさかドリフトという趣味を旦那さんと共有している女性のエントリをピックアップする機会に恵まれるとは!(喜)

旦那さんの強力なプッシュがあってのことですが、それにしても元々ドリフトを見ているとかドリフト車の助手席に乗るのは好きとかの素養があってのことですから、奥さんが自分でドリフトする魅力に取りつかれたこと、旦那さん嬉しかったでしょうねぇ(*゚ー゚*)ポッ

何より、楽しそうなんですよ、上達していく嬉しさが文面から溢れていて。

何でもそうだけど、上達が目に見えるのって自分でも一番楽しいですよねぇ///

いやぁ、いいもの読ませていただきました♪


こんなことって、あるんだな。 – 父さんの会社が倒産した! こんなことって、あるんだな。 - 父さんの会社が倒産した!

衝撃的なブログタイトル、更にエントリ冒頭に書かれている2010年10月14日から続いている日記です。初めての方は、ぜひ最初の記事からお読みください。の文字に、これはちゃんと最初から読んだ方がいいかな、と思い、本当に最初から読みました。

読み進めていくうちに途中でやめられなくなるほど引き込まれ、かじりついて一気に読んでしまいました。

このエントリ、ここだけ読むと感動が薄いです、正直な話。ですが冒頭から読み進めてこのエントリにたどり着くころには、これがどれほどすごいことかが迫ってきて、本当に、読んでるこちらまで「こんなことってあるんだな……」と思わずつぶやいてしまいます。

なによりこのブログを書いているさる山さる子さんの文章からあふれ出る人柄に、ハードな内容が綴られているにもかかわらず、とても癒されます。

もう一つ、このブログを読んでいて周囲の人たちにとても恵まれているなぁと感じたのですが、それもやはりさる山さる子さんの人柄に惹かれた人たちだからこそだとだと思えたんですよ。

最初から読むと当然、とても時間がかかります。茅須は何も考えずうっかり最初から読み始め、気が付いたら○時間ほど費やしてしまい、睡眠時間を削る羽目に陥りました(^^;

ですので週末など時間のある時に、是非、一番最初のエントリから順に読み進めてください。

ここで紹介している記事にたどり着くころには「良かったね、本当に良かったね」とまるで自分のことのようにほっとする気持ちを味わえることと思います。


Comments (Close):4

やまさん 12-12-18 (火) 21:27

内野龍馬は本当に素晴らしかったですね^^
だらだらと続けられたら続けられたで “残念” なドラマになっていたかもですが、もっとあのドラマを観ていたかったです。

ドリフトの記事、その中に出てくる車の180SX、凄くカッコイイ車で俺も凄く欲しかったんですよ。
結局、予算が合わずほかの車をかいましたが^^;

父さんの会社が・・・は、夜、布団に潜り込んでから携帯で読んでみたいと思います。
もちろん最初から^^

mairu 12-12-18 (火) 23:08

>やまさん
>だらだらと続けられたら続けられたで “残念” なドラマになっていたかもですが、もっとあのドラマを観ていたかったです。
すごいジレンマですよねー。尻すぼみで終っていった最初が良かったドラマもたくさん知っているだけに>< それでももっと見たかった気持ちも同じです。

 

180SXはブログ更新した直後に画像検索してみました。確かにカッコいい車で、ドリフトしてるところを想像すると容易に思い浮かぶんですよね。そんな車をポンと渡す男子がかっこよすぎですねww

 

>父さんの会社が・・・は、夜、布団に潜り込んでから携帯で読んでみたいと思います。
ぜひぜひ!いろいろ参考になる部分もあると思います!
コメントありがとうございました☆

soup 12-12-18 (火) 23:13

昔はちょっぴりスポーティーな車(スポーツ・シビック)に載っていたこともある私なので、ドリフト狂に陥る心情は少し理解できます。でもその車を手に入れるだけでいっぱいいっぱいだった私は、そこから広がるモーター・スポーツの世界には入っていけないのでした(爆)
金持ちだったらジム・カーナとかやりたかったな。
ドリフトの競技「D-1 GP」 
http://www.d1gp.co.jp/d1/apr/ap/NList_h.dll/?cgr=GP
見れば結構面白いんですが、どこか「お馬鹿」なノリが抜けない不思議な競技です(爆)
 
「父さんの会社が倒産した!」を半分ほど読破。自分も失業してしばらく無収入だったり、結果収入が激減して「さつ山さる子」なみにサバイバルな収入生活に入っていた時代を思いでしております(^^;)・・・今も実質的にはサバイバルは続いてはいますが、その当時の最大課題だった借金もほぼ無くなり少しづつですが預金も増えだしてきました。
私にもそれなりの出会いや経験はしましたが、やはり住宅ローンや家族を持っているとなると話が違う。かなりのプレッシャーだったことが察せられるものの、さる子さんの人徳か、私は金にまつわるマジな話をこうは書けませんね。脱帽です(^^;)

mairu 12-12-18 (火) 23:53

>soupさん
>見れば結構面白い
思わずYoutubeでドリフトやジムカーナの動画を漁ってしまったではありませんかww<釣られやすいorz
かっこいいのにどこかおバカなノリ、なんとなく納得です(^^;
でもたくさんのマシンがドリフト走行している姿はやはり迫力がありますね。

 

>私は金にまつわるマジな話をこうは書けませんね。
そうなんですよ、そうなんですよ!語り口が柔らかいのでするする読めてしまいますが、書かれている内容はかなりハードで、おそらくほかの人が書いたらもっと悲愴感漂う雰囲気になっていたと思うんですよ。
こういう出会いがあるのでこのブログをやめられないんですよねぇ。
コメントありがとうございました!

Home > [こ] > こんなことってあるんだな

Search
Feeds
Meta

Return to page top