Home > [む] > むやみやたらに

2013年
01月15日
(火曜日)

むやみやたらに

※この記事の読了時間は:約 6分54秒です。

下手な鉄砲だからと言って数撃てばいいものではない……ということを、仕事で感じることの多い日々です つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

下手は下手なんですよ、やっぱ。むやみやたらと撃ったところで(苦笑)

理想を言えば、うまい鉄砲を数撃てるのが一番なんですけどねぇ……( = =) トオイメ

そんなわけで、本日のキーワードは「むやみやたらに」。不必要に氾濫しているかのごときモノが表現されているさまを、探し出してみようかと思います。

関連エントリはこちら。


ネットの中の言葉をむやみやたらに使うのはどうかと思う│OKGuide [ガイド] ネットの中の言葉をむやみやたらに使うのはどうかと思う│OKGuide [ガイド]

……あああ、これは耳に痛いなorz

や、実際、ネット発の言葉を日常で使うとあまりよろしくないのは実感としてある、ので、使わずにいたいのです。で、気を付けてはいるんですよ。気を付けてるつもりなんだけど。

気が付いたら無意識に飛び出していたりするわけです(滝汗) ここに書かれているリア充などその最たるものかも(^^;

で、口に出した後、そんな自分にがっくり来たりして (´Д`)ハァ…

16歳女子にこんな当たり前のことを指摘されてしまって恥ずかしい大人ですね つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

担当者の感想欄(?)に書かれた文章が更に耳に痛い……「フラグ」という言葉を使うだけで、状況や局面にレッテルを貼ってることになっちゃいますもんねぇ(´・ω・`)シュン

こ、これをきっかけにもうちょっと意識的になろうっと。


ちえこむ: ハリウッドで実写映像化してほしい漫画をむやみやたらに上げてく ちえこむ: ハリウッドで実写映像化してほしい漫画をむやみやたらに上げてく

2002年の質問と回答なので、すでにここに書かれているもので実写化されてしまっている(ヲイww)ものもありますが。

回答数は少ないなりに、興味深い結果になってますねぇ。つーかネタか?!ネタなのか?!とツッコみたくなる回答があったもので、取り上げずにはいられませんでしたww

単なる実写化を求めるのではなく、あえて「ハリウッドで」と但し書きをしているということは、ハリウッドらしいスケールの大きさを期待してるわけですよね。そこで何故、満を持したように「ミスター味っ子」の名を上げるのか?!更にその理由がwwワロタww

その下の回答「アンパンマン」なんてハリウッドにかかったらどう考えてもグロ路線にしかならないじゃないか><

いわゆるB級って、実は需要高いのかもしれない……などと思わず遠くを見つめてしまいましたよ……( = =) トオイメ


音読の効果/問題を解くスピードについて – 大学受験勉強法 ~合格への階段~ 勉強法の一解 音読の効果/問題を解くスピードについて - 大学受験勉強法 ~合格への階段~ 勉強法の一解

別に大学受験するわけじゃないけど(笑)何かを覚えたかったら音読が効果的というのはワタクシも実感してますねぇ。

というのも茅須、人の名前覚えるのが苦手でorz 顔は覚えてるんですよ割と。でも咄嗟に相手の名前が出てこないことがあって。でもこれって仕事柄、致命的な欠点ですからねぇ(苦笑)

で、自分なりに工夫した末に、商談中に相手の名前を連呼することで顔と名前をセットで自分の中にインプットするようになりました。これ、後で気づいたんだけど相乗効果もあって、名前を連呼してると親近感を持ってくれるのね、相手の方も。嬉しい誤算ってやつでした(笑)

自分の声で自分の耳から聞こえることって、脳にインプットされる率が、他人の声より高いのかもしれない、と実感としてそう思ってるんで、ここに書かれている理解しながら丁寧に音読することで効果的の記憶できるというのはすごく納得できます。


話すように書いてはいけない 話すように書いてはいけない

ああ、なんか、懐かしい気持ちになってしまった。かなーり前に、ブログ界のとある論争に参戦した時のことが思い出されてしまいましたよ(笑)

文章というものは「誰か」に「何か」を伝えるためにあるわけですが、なんでみんなその「誰か」をまず自分以外の者として設定するのかなーといつも思っちゃうんですよね、あたしゃ。だから「あれもしちゃいけない」「これもしちゃいけない」となるんじゃないですかね。そんで「書けない」って、そりゃそんだけがんじがらめにしてたら何も書けませんよね(^^;

ひとつの言葉にも幾つもの意味が込められているのが言葉ってもんじゃないですか。ベタで手垢のついた言い分かもしれませんが「愛」という言葉ひとつとっても人によって連想するものが違うわけですよ。真っ先に浮かぶのが男女間の愛である人もいれば親子愛を思い浮かべる人もいるでしょうし、あるいは人類愛のようなより広範な意味で受け取る人もいるわけで。

なので自分、あんまり言葉ってものを信用してませんww

だったらなんでブログなんてやってんだ?とツッコまれそうですね。つーか過去にもツッコまれたことありました。第一義は自分のためです。未来の自分が、過去の自分はこんなこと考えてたのかーと知るためのものです。それを敢えてウェブという巨大空間においているのは、億千万もの人の中にたった一人でも共感してくれる人がいるかもしれないので、そんな人がいてくれたら嬉しいなぁという保険のようなものです。こちらからあえて伝えまくろうという意思はありませんが、誰かのアンテナに引っかかる可能性を最初から捨てる必要もないだろう、と。

なのでここの定義に沿えばおそらく茅須の文章など「ウンコエッセイ」でしかないでしょうけれど、そのことで書くことに委縮してしまう方がよほどもったいないと思うので、みんなウンコエッセイでもなんでもとにかくどんどんいろんなこと書きまくればいいと思います。自分のために書いておけば、巡り巡って誰かに伝わるかもしれないし。でも間違っても自分の意思や意図が完全な形で伝わるなんて幻想は持たない方がいいとは思います。それをするには言葉という道具はあまりに不自由で不完全なものだと思うんで。

言葉はコミュニケーションの手段、と思ってる人の方が圧倒的多数なんで、自分のこの価値観(これがまた論争に参加した〇年前からちっとも変っていないことに書きながら自分でも驚いたww)がものすごくマイノリティな自覚ありますww それでも今のところ、この価値観を変える必要性を自分の中では見いだせないなぁ。

言葉を生業にしている人はまた違う意見でしょうけど。それでも、自分の思考の形が100%言葉で伝えられるわけがない、という自覚は持ってしかるべきじゃないかな。言葉を生業にするならなおさら。100%伝わらない、だからこそ、人はあえて言葉を重ねていくんだと思いますよ。


Comments (Close):2

soup 13-01-15 (火) 11:35

ウンコは嫌われるけど必要な存在でも有りますよ(^^;)有機肥料として有益だし、それを生まないのは死ぬことと同義ですからね。
 
自分の中から産みでた言葉が「ウンコ」か「珠玉」かは他人の評価でしか無くて、まずは産むことだと思います。「下手な鉄砲」でも「数撃ちゃ当たる」(^^;)と言いますし、そもそも原稿料をもらって書く・告知のための文章以外は、「私的な創作」でしか無いわけでそれを逡巡するのは「自己分析(自分自身を掘り下げること)の忌避」「自分が怖い」だけのように思うわけです。
 
他人を意識するのはその先の話であって、その技術論に関しては私はあまり興味がありません(^^;)公開日記のブログは、自分の考えを「他に発信する」メディアではありますが、無料配布の自費出版本のようなもの。下手で当然、ウンコで悪かったなコノヤロー(爆)てなもんです。
 
最近便秘気味で快便開通とは行ってない我がブログですが(^^;)これからも続けていきますよ。その名の通り「クソ」ですからね(爆)<例えが汚くてすんまそ~んm(_ _)m

mairu 13-01-15 (火) 22:50

>soupさん
見事なコメント、ありがとうございます!
>ウンコは嫌われるけど必要な存在でも有りますよ(^^;)有機肥料として有益だし、それを生まないのは死ぬことと同義ですからね。
という冒頭から痺れてしまいましたよ。それを生まないことは死ぬことと同義、とか、かっこよすぎる!><
>自分の中から産みでた言葉が「ウンコ」か「珠玉」かは他人の評価でしか無くて、まずは産むことだと思います。
とか、私もほんと、そう思うんですよ。まずは発信しちゃえばいいと思うんですよ。その言葉を受け止めてくれるかどうかなんて、読んだ人に任せておけばいい、と。
不完全な言葉を用いているにもかかわらず、こうして意図の伝わる人も存在するわけですから、臆することなくまずは発信、ですよね(握拳) すごい勇気もらいました!ありがとう!!
soupさんのブログの今後も更に楽しみになりました☆お互い、100%伝わらないことを念頭に(笑)それでもこれからも書き続けていきましょうね!

Home > [む] > むやみやたらに

Search
Feeds
Meta

Return to page top