ホーム > タグ > フリーソフト

フリーソフト

2011年
04月22日
(金曜日)

今更ながら

話題になっていた本屋ドラマや映画を、かなり遅れて堪能し、ものすごくはまってしまったけれど、時流に乗り損ねたためにそれを公言しづらい……そんな状況に陥ったことはありませんか?

そんなことをいちいち考えるのは茅須が自意識過剰だからですか。そーですかorz


そんなわけで、今更だけど、それでも紹介したい!そんな熱意にあふれたテキストをピックアップしてみるべく、本日のキーワードは「今更ながら」です。

>>>続きを読む
2011年
03月20日
(日曜日)

狙った雰囲気

常連さんはご存知かと思いますが、長いおやすみの期間を経てブログを再開させるときに、テンプレートを弄って雰囲気を変えてみました。

前回はオレンジを基調に元気なイメージを狙い、今回はパステルピンクでかわいい雰囲気を狙ってみたわけです。

わけなんですが。

あまり変わり映えがしないのは、茅須にこの程度のデザインセンスしかないからです つД`)・゚・。・゚゚・*:.。号泣

なかなか、狙った雰囲気を狙った通りに表現するというのは、難しいものですね……( = =) トオイメ


そんなわけで、本日は「狙った雰囲気」をキーワードに検索、何に対してどんな雰囲気を狙った人たちがいたのかを、探してみようかと思います。

>>>続きを読む
2009年
12月07日
(月曜日)

連想した

そういやブログ休んでる(?)間に大好きなDEPAPEPEのニューアルバム、デパクラ2~DEPAPEPE PLAYS THE CLASSICSが発売されましてですね、茅須も当然ゲットして、毎日ヘビロテ中です(笑)

このアルバム、前作デパクラ DEPAPEPE PLAYS THE CLASSICSに続きまして、DEPAPEPEが有名なクラシックの曲をギターでカバーしているアルバムでして、聞けば「ああ、あの曲か!」とすぐに分かる曲を、しかしDEPAPEPEらしく勢いあるアレンジで演奏しているのがとても素敵なアルバムです(^^)

この中の一曲に、それこそ誰でも知っているであろう「結婚行進曲」が入っているんですよ。これがまたすさまじく勢いに溢れたとても結婚行進曲とは思えないアレンジっぷり!むしろここまで勢いをつけちゃうところに、DEPAPEPEの真骨頂があるんだよなーと、聞いてて嬉しくなってしまった一曲なのですが、この曲を聴いてて、そう言えばこれくらい勢いのある走り抜けるような結婚行進曲が似合う夫婦が、ある小説のキャラクターにいたなぁ、と、つい連想してしまったのですね。

有川浩氏の図書館戦争シリーズに登場する堂上夫婦なんですけどねー(笑) シリーズ始まった最初は喧嘩ばっかりしてた二人も、最終巻図書館革命でめでたくゴールインしているわけでして、二人の結婚式の模様は番外編である別冊 図書館戦争〈1〉でもちょっと触れられただけですけど(涙)でもこの曲があの二人の結婚式に流れていたらこれ以上似合うBGMもなかっただろうなーと想像して、思わずニヤニヤしてしまった茅須なのですよvv

……いい年してナニ妄想にふけってるんだと呆れられそうですねorz いいんだよ、萌える心に年齢は関係ないんだよvv(開き直り)

そんなわけで本日は「連想した」をキーワードに検索、何を見てどんな連想を働かせた人たちがいるのかを、見つけてみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
09月28日
(月曜日)

これだけは~Part2~

起こって欲しくないことを、これだけは起こって欲しくないと心の中で念じると、念じ方が強ければ強いほど、その出来事が起こりますね……( = =) トオイメ

自己啓発系じゃなくて、ネタ系のマーフィーの法則ですよ。ええ。洗車すると雨が降るとか、あの系統の。あまり詳しく書けないのです。察してくださいorz

で、「これだけは」をキーワードに検索するかと思い立ったんですが、なんか、これに関しては過去に使った記憶があったんですよね。それでブログ内検索かけてみたら、これだけはという過去エントリがちゃっかり見つかっちゃった次第orz でもまぁ、紹介する中身がかぶらなきゃいいかな、と開き直ることにしました。

そんなわけで本日は「これだけは」をキーワードに検索、譲れないものについて語られているテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
08月09日
(日曜日)

まとめて

昨日、図書館に予約していた本が、まとめて手元にやってきました。貸し出し上限6冊まるまる。そして今日、更に図書館から予約図書来たよ!ってメールが来てました。うひゃあ、昨日借りた本をとにかく早く読み終えなくては!(滝汗)

メールでお知らせのあった予約図書の取り置き期間は一週間。とはいえ、早く借りて早く返却しないと次に予約している人に迷惑だし、さっさと読まなくてはいけないのでブログなぞ更新してる場合じゃないのですが。Twitterも自重しなくてはいけないのですが。が。

ついつい「この状況から想起されるキーワードは『まとめて』かな」などとブログのことを考えてる自分は、ほんと、ダメダメですorz

そんなわけで本日は「まとめて」をキーワードに検索、なにを「まとめて」いるテキストがあるのかを、探してみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
05月15日
(金曜日)

~が見える

もう2年ほどうちの店をよく利用してくれている、年の頃は32~3歳ってところのある常連さん。半年ほど前から二十歳前後の若い女性と連れ立ってくるようになりました。

これまでは友人らしき若い男の人たちとばかりやってきていたので、一緒に来るようになって垣間見えた二十歳前後の女性とのいちゃいちゃっぷりに、彼女が出来てよっぽど嬉しかったんだな、まぁ幸せそうなのは良いことだよね、と、うちの店でも良い意味で噂話をしたりしてたんですが。

二ヶ月ほど一緒に来ません。また友人らしき男性たちと一緒に来るパターンに戻ってました。

そして二週間前くらいから、今度はどう見ても42~3歳の女性を連れ立ってくるようになりました。そしてまた、過去を再現するかのように、これでもかというほどのいちゃいちゃっぷり……(^^;

彼女が出来るたびに嬉しくていちゃいちゃするのはまぁ分からないこともないんだけどさ。なんというか。射程範囲広すぎ!!(爆)

今日もまたやってきていちゃいちゃして帰って行きましたよ。

かように店員にはお客さんの人生が垣間見えてしまうのでした(^^;

そんなわけで本日は「~が見える」をキーワードに検索、どんな物事からなにを垣間見た人たちがいるのかを、探してみようと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
04月29日
(水曜日)

手探りで

初めての事柄に接するときって、なんでも手探りで一つ一つ確認していかなくちゃならないから、及び腰にもなるんだけど、そこがまた楽しかったりもしますよね。

最近じゃ前情報とかTips系の記事をインターネットとかで下調べしておいて取り掛かれるので、本当の意味で一から全てを作り上げる、という状況は少ないかもしれませんが、それでも自分にとって初めての事柄は、やっぱり多かれ少なかれ手探りになるものです。

そんなわけで本日は「手探りで」をキーワードに検索、どんな事柄に手探りで渡来している人たちがいるのかを、探し出してみようかと思います。

関連エントリはこちら。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
04月05日
(日曜日)

慣れてきた

思惑という過去エントリでも書いたとおり、MTを裏側でいろいろ弄っていたわけですが。エイプリルフールネタを何日かアップしつつも、まだ裏側でコソコソいろいろ弄っていたりしました。

あれですね、不具合に悩まされると一瞬、自分はアンラッキーだって気分になっちゃうけど、不具合に直面するからこそ、それらを解消するためにいろいろ調べたり知恵を絞ったりして、その道具とより親密になれる効果もあるわけですよ。同じ作業でも最初はとんでもなく時間かかっていたのが、徐々に慣れてきて時間が短縮されて、その知識が身についてくるというか。

まぁ調理人がMTの知識を身につけてそれで何をしようってんだとツッこまれると答えに窮するんですが(自爆)

そんなわけで本日は「慣れてきた」をキーワードに検索、数をこなして慣れてきた作業について書かれたテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

>>>続きを読む
2009年
03月27日
(金曜日)

必須の

仕事中に左手薬指の爪を割ってしまい、キーボードの叩きにくさにがっくりしている茅須です。みなさんいかがお過ごしですか(何 ι )

WとかSとか、ローマ字入力で左手薬指を使用する文字を入力しようとすると、指先に変な痺れが走ります。てか、WはともかくSは「さしすせそ」というよく利用する文字を入力するために必須のキー。これが打ちにくいとなるとものすごく不便です。……という、たかだかこの何行かの文字を打ち込むために、すでにWやらSやらを何度も使っているという…………( = =) トオイメ

まぁまったくキーボード打てないわけでもないんで結局こうして更新作業しているわけですが(爆笑)

みなさんもくれぐれもつめの扱いには気をつけてくださいまし(大真面目) 特に日常的にキーボードに触れている人たちは、必須のキーを打てなくなるとものすごく不便ですよー(焦)

そんなわけで、本日は「必須の」をキーワードに検索、必須事項について語られているテキストを、ピックアップしてみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
03月18日
(水曜日)

雰囲気

紆余曲折というエントリでもチラッと触れていますが、茅須は翻訳小説がどうも苦手です。実用書なら翻訳ものでも違和感なく手に取るのに、小説になるとどうもだめなんですよね……。

もちろん、翻訳小説はまったく読まない、というわけではありません。ミステリファンを名乗っておいて古典的名作を読まないとかありえないし!(爆) 当然SFなどの古典的名作にも手を出してます。

でも読むことと苦手意識を持ってしまうことは、なんか別の場所にあるというか……もごもご ι 古典的名作は日本の作品を理解するうえでも避けて通れない、と小説フリークとしては思っているわけで、そういったモチベーションがあるから読み進めることができるんですが、それ以外の翻訳小説を好んで読もうという気になれないんですよねぇ……( = =) トオイメ

それは多分、文体の雰囲気によるんだと思うんですよ。頭を切り替えて、小説の世界観に没頭するために、茅須の頭は日本語の独特な雰囲気を必要としているんだと思います。

今年の一月にエラリー・クイーンのXの悲劇が新訳で発売されていたのをきっかけにこれを読んだので、そんなことを考えてしまったのでした。

そんなわけで本日は「雰囲気」をキーワードに検索、雰囲気について語られているテキストをピックアップしてみようかと思います。

関連エントリはこちら。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > フリーソフト

Search
Feeds
Meta

Return to page top